5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【百人斬り捏造】東京日日新聞記者・浅見一男

1 :文責・名無しさん:03/04/20 00:19 ID:5eaHERct
この男が昭和12年12月31日の東京日日新聞の記事に『百人斬り』などという
ヨタ話を載せ、あまつさえ戦後にそれが嘘であったことを認めなかったために
向井敏明氏と野田毅氏は無実を証明する手段を完全に失ってしまい、処刑を
正当化させる口実をシナに与えてしまいました。
今日の毎日新聞の報道姿勢の礎を築いたともいえるこの男を、大いに晒し上げ
ましょう。

2 :文責・名無しさん:03/04/20 00:22 ID:OMrSI7OS
ペンは剣より強し。

ペンで人を殺したのはブールータス と浅見ぐらいだね。

3 :文責・名無しさん:03/04/20 00:39 ID:iw+fMSiz
浅見はその後中共に可愛がられた。



4 :文責・名無しさん:03/04/20 00:52 ID:A06bqnaF
浅見の戯れ言 「戦争中の私の記者活動は、軍国主義の強い制圧下にあったので、当時の多くの記者 がそうであったのと同じように、軍国主義を推し進めるような文体にならざるを 得なかった。そのことを私は戦後深く反省して、新しい道を歩んでおるのです」

5 :百人斬って、どんな料理作った一男?:03/04/20 01:02 ID:9MBldXGF
ふもとのインタバス村にたどりついたら、村人が6,7人、私を取り囲み、
キタンランド山になぜ登ったかを問うてきた。私は訳を話した。
残留日本兵の「食」に少し触れた。
その時に村人が示した反応を、どのように形容すればいいのだろう。
疲労の果てに夢を見ているのかと私は思った。
村人たちは口々にいったのだ。
「母も娘も食われました」
「私の祖母も日本兵に食われてしまいました」
「棒に豚のようにくくりつけられて連れていかれ、食べられてしまいました」
「食われた」。この受け身の動詞が、私のメモ帳にたちまち10個も並んだ。
村人たちは泣き叫んではいない。声を荒げてもいない。
押し殺した静かな声だった。
なのにメモ帳が「食われた」という激しい言葉で黒く埋まっていくのが不思議だった。
老人は、戸惑う私を無言でじっとみつめていた。
(辺見庸『もの食う人々』単行本P51より引用)
http://hayawasa.tripod.com/asia02.htm
http://www.midori-kikaku.com/mariko/j-ist01.html


6 :文責・名無しさん:03/04/20 01:20 ID:+/47gw3m
浅見の戯れ言 「諸君!」にあのように書かれて、私が十分に答えなくても、私は一つも損などしない。私の周囲のインテリは、あのような指摘があっても、一つも私がかつて書いた新聞記事のような状況なかったとは疑いませんからね。何が真実かは、大衆と歴史が(続く

7 :文責・名無しさん:03/04/20 01:24 ID:l7VtpMZJ
続き)審判してくれますよ。鈴木(明)さんもジャーナリスト、私もジャーナリスト。彼の、私の書いた記事によって二人の生命が消えたという見方は、むろん異論はあるが、私のプライバシーをそこなわない限り、ジャーナリストが一つの考えにもとづいてお書きに(続く

8 :文責・名無しさん:03/04/20 01:28 ID:pvMA6ud1
続き)になることは、それが当然だ、私は文句はいいません

9 :文責・名無しさん:03/04/20 01:36 ID:OMrSI7OS
>>6-8
何故IDがコロコロ変わってるのですか?

10 :文責・名無しさん:03/04/20 01:38 ID:s2opm9xA
辺見庸←時代遅れのマンセーを連載してるブサヨ

11 :文責・名無しさん:03/04/20 01:40 ID:t9kXFkJi
>>9
IDはかえることができるんだよ。
やり方を書く人はあんまりいないけど。

12 :6・7・8:03/04/20 02:02 ID:h6FBMnVt
いや、これはK帯のiもでからなんでつ… iもでから2chへは、全角で120字しか打ち込めないんで…

13 :文責・名無しさん:03/04/20 02:55 ID:iwAt/XwB
>>5
中国の人肉食文化についてpert2
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/china/1042880607/

人肉食文化をもつ中国人ならではの捏造ですな。





14 :文責・名無しさん:03/04/20 02:58 ID:hOc2W1LE
>>1
なあ、「浅見」じゃなくて、「浅海」じゃないか?

15 :文責・名無しさん:03/04/20 03:20 ID:NTHEwK5i
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_1/jog028.html
一方の浅海記者は戦後、毎日新聞を代表する「大記者」として活
躍し、定年退職後は「日中友好推進派」として、毛沢東や文化大革
命を礼賛した数冊の著書を残している



16 :文責・名無しさん:03/04/20 07:56 ID:iQGh8vTt
素朴すぎる質問ですが、日本刀って2,3人切れば刃こぼれするって
本当ですか?

17 :文責・名無しさん:03/04/20 11:51 ID:5eaHERct
>>15
> 宮城県の小学校では、「百人斬り」が授業で教えられ、生徒の一
>人は次のような感想を残したという。[5,p35]

>  ちょっとひどすぎるよ、日本も! おーい、野田さーん、向
> 井さーん。人間のクズめ! 日本のはじ! ちょっと頭おかし
> いんじゃない。のう神けい外科にでも行ってもらったら?


「百人斬り」について述べられている出版物には↑のようなことを言っているコメントシートの
写真が度々載せられているが、それを言ったクソガキ(当時)どもの詳しい情報キボンヌ。

18 :文責・名無しさん:03/04/20 11:56 ID:OMrSI7OS
>>17
Σ(゚□゚;) えっ子供の情報?
どちらかと言うとそんなことを教えてる教師の方が問題でしょう・・・。

19 :文責・名無しさん :03/04/20 12:05 ID:lItb9Acu
処刑された人も、ほら話がこんな結果になるとは、思わなかったろうね。
一人は大隊の副官で、もう一人もーー。前線にでるのが役目ではないから
競争のしようがない。つかまえてきた捕虜の首切りでは、手柄にならない。


20 :文責・名無しさん:03/04/20 12:10 ID:ZwIMZeqG
>>16
刃こぼれするのではなくて「曲がる」。
曲がってしまうより、刃こぼれしたほうがよい。
と、山本七平「私の中の日本軍」に有ります。
この人の著作、文庫本になってます。
お勧めします。
いろんなものの見方が変わります。
オススメ、オススメ

21 :4・6-8・12:03/04/20 12:19 ID:AeBDZexU
>>16 日本刀については、鈴木眞哉 『刀と首取り』(平凡社選書)を、“百人斬り”については、山本七平『私の中の日本軍(上・下)』(文春文庫)を、それぞれ参照しれ。

22 :文責・名無しさん:03/04/20 12:34 ID:uy5Gr252
>>16
刃こぼれより、人を斬った際に出る脂で刃が切れなくなると言うよ。
斬れ味が悪くなると力任せに骨を押し斬るから刃が丸くなる。
そこで、研技師とかがいた訳で斬れなくなった刃を研ぐ必要があった。

それも、良質の鉄で作った真剣でそれだから量産の日本刀などすぐ折れてしまう。
100人斬りは、明らかに捏造。

23 :無党派さん:03/04/20 12:51 ID:uVvemNog
まあ、百人斬りに使われた刀ってのはさぞいい材料で作られてたんだろうな?!
たとえば、オリハルコンとか。

24 :文責・名無しさん:03/04/20 13:43 ID:RjY+WlpN
南京大虐殺は日本刀ではなく、銃だよ。段々真相がわか
ってきたよね。

25 :文責・名無しさん:03/04/20 14:14 ID:hOc2W1LE
>>19
 もう一人は歩兵砲大隊長。

>>24
 レーザーライフルだよな(w

26 :4・6ー8・12:03/04/20 14:58 ID:l7VtpMZJ
まあ、会社で例えると、部長秘書と研究開発部の係長が、営業部の椰子らが、酒席でのネタとしてカマしていた、客ころがしの駄ボラを、マジで自分がしたように吹聴してた(と 浅海が創作した)ってところか…

27 :文責・名無しさん:03/04/20 16:11 ID:dUGc2Th5
鈴木眞哉 『刀と首取り』(平凡社選書)この本の内容の一部

わが国の主武器は、ずっと刀であったという、今も信じられている「常識」がある。
具体的にどういうことかというと、昭和13年の歴史雑誌に文部省維新史料編纂官の
藤井甚太郎氏がこんなことを書いている。

「戦争」という言葉を聞いて、吾々が従来連想し来ったものは、関ヶ原の戦とか、
壇の浦の戦とか、さては又大阪冬夏の陣であった。
そこには色とりどりの威しの鎧着けたる武士が、猛々しき駿馬に跨って、陣中を
縦横に駆け回り、徒士・馬上の敵の数人を斬りまくると云う構図の範囲を出ていなかった、
然し「戦争」とはこんなもので無いと云うことを、
今日の国民ほど深刻に考えさせられた者はないであろう。

読めば明らかなとおり、藤井氏は、馬上で刀を振りまわすのが戦争だと
いうような感覚がいつまでも続いていたことを批判しているのだが、そういうことを
いわなければならないほど、この「常識」は浸透・定着していたのである。
こうした「常識」に、もう一つ、日本刀こそは比類のない優れた武器であるという
根拠のない思い込みがつけ加えられると「チャンバラ幻想」が完成する。
それはどういうものかというと、戦闘の基本は昔も今もチャンバラであり、
これを無数に寄せ集めたものが戦争であるという考え方である。もちろん、
その主武器は万邦無比の霊器・日本刀であり、日本人は、ずっとそうやって
戦ってきたのだということになる。なんの根拠もない話だが、そう思うからそうだと
いうのが幻想の幻想たるゆえんである。


28 :27の続き:03/04/20 16:33 ID:dUGc2Th5
それでも、これくらいで終わればまだよかったが、これに、わが国民は
昔から「尚武」(武事をたっとぶこと)の精神に富んでいたとか、
「大和魂」がどうだったとか言う話が加わると、とんでもないことになる。
忠勇無双のわが将兵が日本刀を引っこ抜いて白兵戦を挑んでゆけば、
いかなる難敵・堅陣であろうとも打ち破れない道理はないという妄想の域にまで達してしまう。
戦後生まれの人には信じがたいことかもしれないが、この前の大戦までは、
こうした妄想が大手を振ってまかり通っていた。軍部もマスコミも学校も、
さまざまな機会をとらえて、それを鼓吹し続けた。マスコミなどは、
しばしば軍部以上に軍部的で、その種の忠勇義烈の「軍国美談」を積極的に流していたのである。
機関銃など自動火器が普及した時代に、将校や一部の下士官はもちろん、
従軍作家やジャーナリストの人たちまでが日本刀をぶら提げて戦線に出ていったのは、
こうした妄想の産物である。思想的な立場を超えて、日本刀について、
いまだにおかしな「歴史常識」がはびこっているのも、その余波というものである。



29 :文責・名無しさん:03/04/28 23:31 ID:lH+Ipmfp
デッチage

30 :文責・名無しさん:03/04/29 00:20 ID:RMwjojAE
>>27-28

まあ、戦国時代でも戦場での主武器は弓や槍だよな〜
刀は槍を無くした場合か敵将の首を斬る時に使う。
あとは城内などの狭い空間での戦いぐらいかな?



31 :文責・名無しさん:03/05/01 06:08 ID:kaOCnGlV

投石最強!
戦場の死因の多くは石に当たってアボーン

32 :文責・名無しさん:03/05/01 11:12 ID:9aTrSreH
>>こうした「常識」に、もう一つ、日本刀こそは比類のない優れた武器であるという
>>根拠のない思い込みがつけ加えられると「チャンバラ幻想」が完成する。

この気持ち分かるなあ。昔、親父が軍隊でぶら下げていた日本刀を振り回し
た頃がある。あの妖しい金属光沢をみていると何でも切れそうな気がするん
だよね。で、直径10cmくらいの松の枝に斬り付けてみたら、切れない。
刃こぼれはしなかったが松脂がついてヤバそうなので直ぐに止めた。要する
に、普通の刃物に過ぎない。そうバサバサ切れたら、斧やナタなんてこの世
に必要ないよね。

33 :文責・名無しさん:03/05/01 11:19 ID:Ft4l35uB
>>32
そういうこと。日本刀は、素人には到底扱える物じゃない。
西洋の刀とは根本的に違う。あれは、「斬る」ものじゃなくて
「叩き割る」ためのものだから。

34 :32:03/05/01 13:07 ID:9aTrSreH
それから感じたのは、刀が枝に強く当たると柄に強い衝撃が加わり、今にも
柄が壊れそうに感じたこと。要するに、柄の部分はかなり弱い構造という感じ。

要するに、伝えられている名刀というのは、一度も使われたことはなく、大切
に保管されてきたものとしか考えられない。刃物としての日本刀は使えば壊れる。
要するに消耗品ということだ。でも、いつの時代もあの妖しい光沢とチャンバラ
伝説に惑わされるんだよね。

35 : :03/05/01 13:34 ID:XtFF/TLE
>>32
それは、きり方が悪いから、10cmぐらいの木なら日本刀ならなますの様に切れます。
しかし、それでも、生きてる人間一人を切るのは、筋肉の収縮等により、簡単に
致命傷を与えることは出来ません。

36 :文責・名無しさん:03/05/01 13:37 ID:qhWNI25I
さらにいうと、刃と柄が分離していてそれを釘で止めているので
すぐそれがグラグラしちゃう。
歌舞伎にも「いでや目釘の続くまで----」という台詞がある。
ダメージですぐに消耗するものの代名詞だったということ

37 :毎日の敗北:03/05/01 13:41 ID:V7FE20zF
毎日新聞は『100人斬り』は間違いだと認めていない。
裁判で徹底して攻めて、敗北ムードを高めましょう。
浅海一男は死後の死刑だね。


38 :文責・名無しさん:03/05/01 14:38 ID:GkxupYCD
この件の対応は,毎日新聞社では社長広報室のヒロタ氏ですよ.今日4時〜5時に戻るそうです.
毎日新聞社03−3212−0321


39 :動画直リン:03/05/01 14:39 ID:gzuwEYWr
http://homepage.mac.com/hitomi18/

40 :文責・名無しさん:03/05/02 16:23 ID:LT8fmaMU
シナみたいに銅像作って唾吐くか?

41 :文責・名無しさん:03/05/02 16:49 ID:ihKafZyA
>40
その時はヨルダンの爆弾魔のそれも一緒に作ることを
己ボンヌ

42 :文責・名無しさん:03/05/02 16:52 ID:XNuIDl83
賛成!新宿歌舞伎町に銅像を立てよう、中国の不法滞在の皆さんの寄付
で作ろう、中国人を崇め奉った恩人とか言って集めよう。

43 :文責・名無しさん:03/05/02 16:56 ID:u/Iecw1q
>>27-38
http://village.infoweb.ne.jp/~fwjh7128/genron/data/nangjin/hyakunin/nihontou.htm
>成瀬氏が指摘しているとおり、
日中戦争では将校はもちろん下士官までが日本刀を戦地に持参した。
彼らが、持参した日本刀の切れ味を試してみたくなったであろうことは想像に難くない。そしてそれを試すための最も容易な手段は、抵抗することのできない捕虜や住民を使った据え物斬りだった。
これほど大量の日本刀が人間相手に実際に使われ、
 膨大な量の生き血を吸ったのは、有史以来このときだけなのである。


44 :文責・名無しさん:03/05/02 17:50 ID:LQu334Kb
南京を侵略した日本兵は皆死刑にするべきだったんだよ。
だったら百人斬りだかしらんが、くだらないことで裁判にならなくて、
済んだのに。

45 :文責・名無しさん:03/05/02 18:16 ID:eYGv2blz
>>43
>彼らが、持参した日本刀の切れ味を試してみたくなったであろうことは想像に難くない。
>そしてそれを試すための最も容易な手段は、抵抗することのできない捕虜や住民を使
>った据え物斬りだった。

最も安易なためし斬りは石や木ですが何か?
そしてそれは成瀬の著作にも詳細に記載されていますが何か?

それともう一つつっこんでおくけど、
ためし斬りなのに慎重に据えもの斬りにするとはこれいかに(笑
ためし斬りなら思いっきり振り回してもいいと思うんですが(笑
ためし斬りってそーいうものじゃないでしょうか?(笑
据えもの斬りじゃためし斬りにはならないんですけどねえ(笑

現に思いっきり木や石に切りつけて成瀬に修理してもらっているほどですし。

46 :文責・名無しさん:03/05/02 18:22 ID:eYGv2blz
据えもの斬りという屁理屈に囚われているからこんな凡ミスをする。
刀を慎重に扱って住民皆殺しにしました〜なんて面白くもなんともないギャクですな。
刀を壊さずに据えもの斬りとは、理性的かつ合理的な判断ですけど
それはまたおそろしくデリケートな日本兵ですな(笑

47 :文責・名無しさん:03/05/02 21:49 ID:syTdm8Qr
>最も安易なためし斬りは石や木ですが何か?
>そしてそれは成瀬の著作にも詳細に記載されていますが何か?

「刀と首取り」にも、こう書いてある。

成瀬氏が意外としているのは、二〇〇〇振り近く見た中に戦って折れたものは、
ほとんどなかったことである。刀身が折れた例は、鉄や石を試し切りしたり、
立ち木に切りつけたりしたような場合以外にはなかったという。



48 :文責・名無しさん:03/05/02 22:04 ID:syTdm8Qr
47の書き忘れ

成瀬氏が1681振りの手入れを終えたところで取った統計によると、
白兵戦など戦闘で損傷したものは30パーセント程度で、残り約70パーセントは、
行軍中の事故とか、手入れや取り扱いの不備とか、無茶な試し切りの結果とか、
要するに戦闘行為とは直接関係のない理由による損傷だった。


49 :文責・名無しさん:03/05/03 01:09 ID:fjfR5AfE

age

50 :K.Y.:03/05/04 01:09 ID:QoPV3UIo
この提訴を世間の目から隠蔽する為に、爆発騒動起こしたのだろうか?
否日の為ならテロをも厭わずとは、見上げた根性だな…。

51 :文責・名無しさん:03/05/04 01:40 ID:lLeJZ4oj
そういえば以前、TBS系列でやってた「TVジェネレーション」という番組で、
実際の日本刀は一度使うたびに研がなければならなかったっていう検証VTR
みたいなのがあったな

52 :文責・名無しさん:03/05/04 02:27 ID:Lv0ie2Sw
浅海ってもう死んでるんだね、子や孫はどこでなにしてんの?


53 :文責・名無しさん:03/05/04 09:58 ID:g1ZwndiL
>>45-46
首をちょん切る据えもの斬りが
一番実用的な用途だったんじゃないかな?
日本刀の耐久度からすると。
当事者たちは試し斬りを兼ねていたつもりなんだろうが。
石や木を切るのは硬度がありすぎて
試し斬りには向かない。
勘違いしたヤシらが得物を痛めたんだろう。
かといって実戦ではあまり用途が無かったって所か。
斬首や首とりには日本刀の鋭利さが適合しているからな。

ウヨならば日本刀の実用的価値を無碍に否定するものではないぞ。

54 :文責・名無しさん:03/05/04 10:18 ID:uU7/VExy
普通の刀が切れないから、
凄い名刀の伝説があるのかな。
抜けば玉ちる氷の刃。村雨丸だ!!
って、古いな。
青竜刀なんかは切れるの?力のあるやつ
が振りまわすだけで切れそうなイメージ。

55 :文責・名無しさん:03/05/04 10:22 ID:g1ZwndiL
向井、野田両氏は百人斬りが事実である事自体は認めていました.
新聞記事の<白兵戦の中で斬った> という殺し方だけが「虚報」だという事です.

市ヶ谷台の東京裁判で、南京虐殺事件の検事側証人として喚問された際、特に二人が
強調したのは「二人とも逃げるのは斬っていない、立ち向かう敵だけを斬った、
虐殺ではない」ということだった。

死刑判決を出した南京の軍事裁判はこの嘘を見抜き,「百人斬り」が
<捕虜の据え物斬り> だと正しく判断したという事です.

http://village.infoweb.ne.jp/~fwjh7128/genron/data/nangjin/hyakunin/index.htm


100人斬りの新聞記事がすべて事実だったら,向井、野田両氏は英雄で,死刑になる訳無いよ.

百人斬りの実行当事者である向井氏は処刑前に遺書を残しているが、この遺書には、
東京日日新聞による報道は彼ら自身の話した内容を記事にしたものであることが
明記されている。つまり、向井氏本人が、記事は浅海記者による捏造などではない
と言っているのである。更に、「公平な人が記事を見れば明かに戦闘行為であります」
と述べているとおり、向井氏は記事に書かれた百人斬り競争を行ったこと自体は認めている。

http://village.infoweb.ne.jp/~fwjh7128/genron/data/nangjin/hyakunin/mukai.htm



56 :文責・名無しさん:03/05/04 10:23 ID:VtllG8VB
    【東京ドーム爆(゚Д゚)ハァ?】
    明日8時東京ドームを爆破する

http://human.2ch.net/test/read.cgi/honobono/1051944209/l50

 1 名前: ほんわか名無しさん 投稿日: 03/05/03 15:43
明日東京ドームを爆破する

772 名前: 眠都 ◆v.kDm/HAMY [sage] 投稿日: 03/05/04 09:53
ほんのすこ〜し期待
          ↑
通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報
通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報
通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報
通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報
通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報
通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報 通報通報

57 :文責・名無しさん:03/05/04 13:46 ID:OL/rAWsX
>>55
>向井氏は記事に書かれた百人斬り競争を行ったこと自体は認めている。

日本語が不自由なのか?
「人が集つて語れば冗談も出るのは当然の事です」という向井氏の発言をちゃんと読むように。

58 :文責・名無しさん:03/05/04 14:19 ID:pGJ7SGiR
向井少尉の遺書を読むと新聞記者にベラベラしゃべったのは野田少尉
http://village.infoweb.ne.jp/~fwjh7128/genron/data/nangjin/hyakunin/mukai.htm
野田君が、新聞記者に言つたことが記事になり死の道づれに大家族の
本柱を失はしめました事を伏して御詫びすると申伝え下さい、との事です。

野田少尉の獄中手記を読むと新聞記者にベラベラしゃべったのは向井少尉
http://ww1.enjoy.ne.jp/~koukokutenbo/noda_syuki.htm
向井 「ソウデスネ無錫付近ノ戦斗デ向井二十人野田十人トスルカ、
無錫カラ常州マデノ間ノ戦斗デハ向井四十人野田三十人無錫カラ
丹陽マデ六十対五十無錫カラ句溶マデ九十対八十無錫カラ南京マデノ
間ノ戦斗デハ向井野田共ニ一〇〇人以上ト云フコトニシタラ、
オイ野田ドウ考ヘルカ、小説ダガ」
野田 「ソンナコトハ実行不可能ダ、武人トシテ虚名ヲ売ルコトハ乗気ニナレナイネ」



59 :文責・名無しさん:03/05/04 14:31 ID:pGJ7SGiR
>>54-55
http://village.infoweb.ne.jp/~fwjh7128/genron/data/nangjin/hyakunin/shijime.htm
>さて、小学生を前にしたN少尉は、ずいぶんくつろいでいたようだ。
 世間でみる軍人という堅い感じは少しもなく、
 また私たちが数年後に自ら体験した気負いもなかったと、今にして思う。
 それは戦火をくぐりぬけてきた人の落ちつきであったのかもしらないが、
 やはり母校の小学生、身内に話しているという気軽さでもあったのだろう。
 たんたんと話した内輪話は、ほぼ次のようなものであった。
 「郷土出身の勇士とか、百人斬り競争の勇士とか新聞が書いているのは私のことだ……
 実際に突撃していって白兵戦の中で斬ったのは四、五人しかいない……
 占領した敵の塹壕にむかって『ニーライライ』とよびかけるとシナ兵はバカだから、ぞろぞろと出てこちらへやってくる。それを並ばせておいて片っぱしから斬る……
 百人斬りと評判になったけれども、本当はこうして斬ったものが殆んどだ……
 二人で競争したのだが、あとで何ともないかとよく聞かれるが、私は何ともない……」
結局、捕虜殺しをそれと意識せずにやってたから
新聞記者相手にホラをふく事ができたのであった。
おかげで日本中に名の知られた英雄となれたし、
郷里に帰っても小学生相手なら、つい舞台裏を明かしてしまったけど
それは当人がハーグ陸戦条約違反など露知らず、
簡単に騙される馬鹿な支那人が悪いと思ってたからこそ、
可能となった御愛嬌だったのさ。

60 :文責・名無しさん:03/05/04 14:40 ID:tIrkkfoa
>>59
志々目って証言よんでると、全校児童が聞いてる訳でもないようなんだな。
それもA教師なる人物が連れて来て、話させてる。
その時点でかなり胡散臭い内容なんだが、もう一つ小学生時代のことを良く
証言当時で60歳前後のやつが詳細に憶えてたなってこと。

要は、その話しが実際にあったのか?かなり尾鰭がついてる可能性が高いだよね。
それになんで卒業生ってことだけでA教師が連れて来て、そいつとたぶん数名にしか
話さなかったかって事が大きく気に掛かる。普通なら全校生徒の前で講演だろ。

61 :文責・名無しさん:03/05/04 14:42 ID:tIrkkfoa
>>58
まぁ、良く読むとなんら矛盾はせんのだがね。
真実は、記者が空想で記事を書いているって事がわかること。

なにせ記事書いた記者は、従軍してないからね。

62 :ななし:03/05/05 16:17 ID:05LN6bxr
毎日新聞のタブー
戦前:100人斬り捏造
戦後:外務省機密文書漏洩
21世紀:アンマン空港爆弾事件

63 ::03/05/05 16:18 ID:OPFT3suS
すごいねこれは!
http://www.39001.com/cgi-bin/cpc/gateway.cgi?id=wwfhnkl

64 :文責・名無しさん:03/05/05 22:14 ID:+5tfX0rK
Media Watch: 平気でうそをつく人々
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_1/jog028.html

■2.百人斬り競争!?■

 昭和16年、東京日日新聞(毎日新聞の前身)の浅海記者は、南京
を目指す日本軍を報道する中で、次のような記事を書いた。

 野田「おいおれは百五だが貴様は?」 向井「おれは百六
だ!」両少尉は”アハハハ” 結局いつまでにいづれが先に百
人斬つたかこれは不問、結局「ぢゃドロンゲームと致さう。だ
が改めて百五十人はどうぢゃ」

■3.自己宣伝とゴマスリのための創作記事■

 日本刀で3人も斬れば、どんな名刀でも刃こぼれし、刀身は
折れ曲がり、柄ががたがたになる。

 「鉄兜」などという言葉は軍隊にない。日本軍では「鉄帽」
と言う。また「貴様」は兵隊用語であり、名誉や威厳
にうるさい将校は絶対に使わない。「向井少尉、貴公は」と言
うはずである。

■5.よみがえる虚像■

 「百人斬り」の虚像は、昭和46年、今度は朝日新聞でよみがえっ
た。本多勝一記者の「中国の旅」である。

 日々新聞版と違って、今度は、敵兵の「百人斬り」が、一般市民
の「殺人ゲーム」に置き換えられ、上官が命じたものとされ、さら
に3ラウンドに増やされている。明らかに意図的な作り替えである。


65 :文責・名無しさん:03/05/05 22:31 ID:zJruj/gl
モーフィアスの日本刀は、クルマを切った。

66 :文責・名無しさん:03/05/06 15:00 ID:TvklxPQP
>>60-61
なんか相当に
悔しそうだな。

67 :文責・名無しさん:03/05/06 15:07 ID:setGGMMe
この 志々目って言う人物の背後がさっぱりわからんのだが、
どういう経歴の人だ?

現在の中国のサイトで「先生」と呼ばれている事実だけは分かるが。
言論の自由のない中国のサイトで。

68 :文責・名無しさん:03/05/06 16:07 ID:HJCQp1YZ
>>64
国際派日本人養成講座主宰
捏造大好き伊勢雅臣=住友電工の布瀬雅義のHPだね

「バングラデシュの国旗が日の丸に似ているのは日本を尊敬してる為」
とうい電波理論には爆笑したよ

69 :文責・名無しさん:03/05/06 16:10 ID:HJCQp1YZ
伊勢雅臣=住友電工の布瀬雅義はバングラデシュが独立時
ソ連の支援を受けていたこと(アメリカ・日本西側と対立)を知らないようだ

70 :文責・名無しさん:03/05/06 18:36 ID:xmNb0qso
なんで大隊長や大隊の副官が自ら白兵戦やってんだよ?
しかも大隊長は砲兵なんだから、師団砲兵か、もしくは連隊砲兵(?)だろう。
敵兵との白兵戦や捕虜の処断に関しては無関係と考えるのが妥当。
それとも師団そのものが機能しないくらいに、ボロボロだったのか?



71 :文責・名無しさん:03/05/06 20:13 ID:aGfwSM/6
>>70
>>なんで大隊長や大隊の副官が自ら白兵戦やってんだよ?
それがばれたら困るから、「○官」等という珍妙な記述をしているんですわ、
記者浅海は。

72 :K.Y.:03/05/06 20:35 ID:aaoJnhSQ
今回イラクで拾ったらしいクラスター爆弾の子弾っぽいのも、目的は有事法制潰しに
自衛隊が演習で投下した物の不発弾未回収品ってキャプションで、ちょっと経ったら
捏造記事書く【資料】に使おうという、浅ましい魂胆だったのでは?と、穿ってしまう罠…。

73 :文責・名無しさん:03/05/06 20:39 ID:2E2o+jpS
これって日日新聞は責任ないんじゃない?
問題は本勝だろう?

74 :K.Y.:03/05/06 20:51 ID:aaoJnhSQ
>>73
記事掲載が原因の冤罪で、処刑された人がいるのに責任ない?
記事を書いた記者が「捏造ですた」と、一言認めていれば無罪はほぼ間違いなかったんでつが?

75 :                 :03/05/06 21:45 ID:eemg7kjT
>>73 南京の裁判のとき浅見は向井らに証人になるよう頼まれたが適当に逃げちゃったんだよな。
浅見が証言しに行っていれば助かっただろうに。
(ちなみに向井らは南京の法廷からの呼び出しに日本から自発的に出かけた。逃げる気になれば十分可能だったのだが、東京の軍事法廷でも問題にされなかったことなどから、有罪になるなどとは思っていなかったらしい。)
後に浅見は「向井さんらには気の毒だったが日中友好のためになった」などとのうのうと言っている。

76 :文責・名無しさん :03/05/06 23:05 ID:LyuZEvTc
>>59

志々目は生協関係の仕事についていたと思う。どこかでそう書かれている
のを見たことがあり、あれっと思ったことを記憶している。理事じゃなかった
かな。生協というのがいかにもという印象を与える。この手の裏をとっていない証言というのは、
「」にいれねばならない。
検証しなければ信用できないことは明らかだ。少尉は子どもたち相手に、
陰鬱な話をしたことになる。勇士が捕虜を斬ったのでは、手柄話に
ならないことは誰でもわかる。これが、おかしい。
子どもたち相手にする話ではない。親しい知人にそっと実はね、
というのならばわかるが。子どもたちが親に話せば、必ず、−−。

「占領した敵の塹壕にむかって『ニーライライ』とよびかけるとシナ兵は
バカだから、ぞろぞろと出てこちらへやってくる。それを並ばせておいて
片っぱしから斬る……」これもよく考えてみると、おかしい。みんな斬られる
のを待っているわけか。そんなはずはない。それに中国兵は拳銃等で武装して
いることがよくあったそうだ。危険だ。一人ではできない。
部下の助けがなければ無理だろう。また本来、前線にでない仕事なのだから
前線部隊の手柄を横取りするようなことはできないだろう。おかしい。
志々目は本当にそんな話を聞いたのかどうか?私は疑わしいと思う。

77 :文責・名無しさん:03/05/07 00:08 ID:SXztC3VS
>>76
 志々目の証言の元ネタは、確か「私の中の日本軍」にも有ったソース
の確かな話だが、意図的に(?)省略されている部分がある。
 実は、講演をする前に「百人斬り」の事について講演をして欲しい、と
言われたが、野田少尉はあくまで固辞し続け、それでも断りきれなくて、
前述のような事を答えていた、と言うのが元ネタだったと思う。

 76氏が指摘しているように、冷静になって良く考えれば、モノの見える
人間ならば、小学生だって気が付くような矛盾を、講演で話している訳
である。逆にいえば、両少尉とも、当時既に、或る意味では大変肩身の
狭い思いをしていた可能性がある(何しろ、戦場体験者は今の時代と違
って事欠かないのだから)。小学生相手だから、その辺を有耶無耶にし
た内容でごまかしていたのだろうが、此れが従軍経験者相手であった
ら、文字通り「立ち往生」する思いであったろう。

 次に、この件を事実としている人間に言いたいのは、自分の目的の為
ならば、中国兵の名誉を汚しても羞じないのか、と言う事である。
>>「占領した敵の塹壕にむかって『ニーライライ』とよびかけるとシナ兵は
>>バカだから、ぞろぞろと出てこちらへやってくる。それを並ばせておいて
>>片っぱしから斬る……」
 こんなバカな兵士がそこかしこにいた、とでも本気で信じているのだろう
か?そりゃ、中国兵は「精強」ではなかったかも知れないが、「生き残る」
と言う事に関してなら、我々よりもはるかに上手かも知れない(普通の常
識が有れば、手榴弾の一斉投擲か、逃げるかするだろう)。

78 :文責・名無しさん:03/05/07 15:41 ID:/8ncMRQ5
向井少尉の遺書を読むと新聞記者にベラベラしゃべったのは野田少尉
http://village.infoweb.ne.jp/~fwjh7128/genron/data/nangjin/hyakunin/mukai.htm
野田君が、新聞記者に言つたことが記事になり死の道づれに大家族の
本柱を失はしめました事を伏して御詫びすると申伝え下さい、との事です。

野田少尉の獄中手記を読むと新聞記者にベラベラしゃべったのは向井少尉
http://ww1.enjoy.ne.jp/~koukokutenbo/noda_syuki.htm
向井 「ソウデスネ無錫付近ノ戦斗デ向井二十人野田十人トスルカ、
無錫カラ常州マデノ間ノ戦斗デハ向井四十人野田三十人無錫カラ
丹陽マデ六十対五十無錫カラ句溶マデ九十対八十無錫カラ南京マデノ
間ノ戦斗デハ向井野田共ニ一〇〇人以上ト云フコトニシタラ、
オイ野田ドウ考ヘルカ、小説ダガ」
野田 「ソンナコトハ実行不可能ダ、武人トシテ虚名ヲ売ルコトハ乗気ニナレナイネ」

遺族側の主張は矛盾してるから遺族の敗訴は確定ですね

79 :K.Y.:03/05/07 18:30 ID:Zz9V5F+l
【不発弾百個拾得競争! 両記者、早くも八十個】

バグダット、アンマンをたった3日間で踏破した取材部隊に、
不発爆弾百個拾得を競う2人の青年記者がいる。1人は毎日部隊五味宏基記者(36)
[中略]
同じ系列テレビ局の山下記者
[中略]
報道写真道3段の五味記者が、腰の一刀カメラケースをなでれば、
山下記者は無銘ながら先祖伝来のマイクを誇る。
2人は一旦別れ、出発の朝、山下記者はバグダットを距たる8キロの
無名部落で敵の不発弾に突進し、4個の資料を拾って先陣の名乗りをあげた。
これを聞いた五味記者は憤然立ってその夜敵の検問所に部下と共に躍り込み
計五個を拾得した。その後両者とも各地で捏造報道をたて筆者がアンマン空港付近に行った時
この2人が空港で会見してる光景にぶつかった。
[後略]

「東京日日新聞1937年785月30日付朝刊(第1報) 」


                = 余 談 =
その後この記事が元で、両名はヨルダン軍事法廷で有罪とされ、極刑に処せられた

80 :K.Y.:03/05/07 18:35 ID:Zz9V5F+l
↑誤爆しますた…。
全く関係ないスレじゃないが、逝ってくる

81 :文責・名無しさん:03/05/07 19:34 ID:LaveNYjU
>>80
続報期待age

82 :文責・名無しさん:03/05/07 20:07 ID:HkSh5jVy
>>78
あほ丸出しだなおまえは・・・
リップサービスで広げた大風呂敷だし、当時の記者との「なんかいいネタねーかな」
みたいなやりとりだって白日のもとにさらされているわけだが。
それに、戦後「あれはヨタ話です」と証言すればよかったものを、
しらを切って2人をむざむざ死刑に追いやったのがそもそもの
問題なんだよ。
基本から勉強して出直して来い。

83 :文責・名無しさん:03/05/08 18:48 ID:RGKrpFh2
>>64
>また「貴様」は兵隊用語であり、名誉や威厳
 にうるさい将校は絶対に使わない。「向井少尉、貴公は」と言
 うはずである。
♪俺と貴様は同期の桜〜♪

84 :文責・名無しさん:03/05/08 19:05 ID:RGKrpFh2
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/8503/tamesigiri.html

85 :文責・名無しさん:03/05/08 19:08 ID:N4wu3cSf
>>78
コヴァ板の奴がまたツマラン事を引っさげて出張しにきたかw
ご苦労な事だ。
で、どの辺が矛盾なのか言っていただこうか?

86 :文責・名無しさん:03/05/08 19:10 ID:N4wu3cSf
>>83
♪俺と貴様は同期の桜〜♪



♪貴様と俺とは同期の桜〜♪じゃなかった?
つーか歌詞だし。



87 :文責・名無しさん:03/05/08 19:13 ID:N4wu3cSf
>>77
つーか志々目の証言ってどうしても胡散臭いんだが。

88 :公王:03/05/08 19:27 ID:RGKrpFh2
貴公はヒトラーの尻尾だな。

89 :文責・名無しさん:03/05/08 19:43 ID:4svzL2UT
というか、1000000歩譲って仮に志々目証言を信じるとしても、そのままなら
捕虜じゃなくて制圧した塹壕の残敵掃討になるのだが。中国語をつかってうまく
誘導した戦略、武略だな。かたっぱしから人を切れる斬鉄剣もあるようだし

90 :文責・名無しさん:03/05/08 20:20 ID:MlLDq/Uj
遺族は何十年も差別されたわけだが、一切謝罪しない毎日新聞

ゴミ記者の爆弾は、薬害エイズを連想した。

91 :文責・名無しさん:03/05/08 22:25 ID:MS+xx7+9
>>89
だとするとハーグ陸戦条約違反の疑いがあるな。

http://www.history.gr.jp/nanking/law01.htm
<第二款 第二章 第二十三条>
 ロ 敵国又ハ敵軍ニ属スル者ヲ背信ノ行為ヲ以テ殺傷スルコト
 ハ 兵器ヲ捨テ又ハ自衛ノ手段尽キテ降ヲ乞ヘル敵ヲ殺傷スルコト

まあ実際は多くの中国戦線体験者の証言が傍証するように
大半がいろんなとこから調達されてきた捕虜の据えもの斬りなんだろうけど。
やはり小学生の前では体裁をつくろう為にも戦闘現場での殺害って話で統一したのだろうが。

92 :文責・名無しさん:03/05/08 23:33 ID:T1CHR2rc
>まあ実際は多くの中国戦線体験者の証言が傍証するように

そう、何処かの「再教育キャンプ」でオルグされた体験者ね。

93 :文責・名無しさん:03/05/09 01:15 ID:/+O7rrM/
>>92
三笠宮崇仁(たかひと)著『古代オリエント史と私』(学生社、八四年六月刊)「一 なぜ私は歴史に関心をもったか」
>「支那派遣軍総参謀に補せられ、南京の総司令部に赴任したときに、日本軍の残虐行為を知らされました」
 「ごくわずかしか例があげられませんが、それはまことに氷山の一角にすぎないものとお考え下さい」
 「ある青年将校――私の陸士時代の同期生だったからショックも強かったのです――から、
  兵隊の胆力を養成するには生きた捕虜を銃剣で突きささせるにかぎる、と聞きました。
  また、多数の中国人捕虜を貨車やトラックに積んで満州の広野に連行し、毒ガスの生体実験をしている映画も見せられました。
  その実験に参加したある高級軍医は、かつて満州を調査するために国際連盟から派遣されたリットン卿の一行に、
  コレラ菌を付けた果物を出したが成功しなかった、と語っていました。
 『聖戦』のかげに、じつはこんなことがあったのでした。」
捕虜虐殺が普遍的現象だったとするこの人は
中帰連の人間ではないにせよ、やはり何処かの「再教育キャンプ」でオルグされた体験者だろうか。
万が一、彼が誰かにブレインウォッシュされた犠牲者ではないとしたら、何故こんな見え透いた嘘をついたのか、
どなたか教えて欲しい。
もしかしたら近衛文麿が隠れ共産主義者であったように
http://www.hi-ho.ne.jp/gnp_hp/book/200/210_750_4569548202.htm御参照)
彼が皇室に対する共産化工作の元締めであったのだろうか?

94 :文責・名無しさん:03/05/09 03:24 ID:1CQA5aqJ
「あずみ」は、二百人斬りだぜ。

95 :文責・名無しさん:03/05/09 05:47 ID:2IcuKMWO
>>91
「ニーライライ」じゃ背信でもないし、兵器捨ててたとも自衛手段が
尽きたとも書いてないし(そのまま信じるなら、だよ)

こっちのほうが筋が通りやすいと思わない?

「まあ実際は多くの戦意高揚記事の非科学的描写が傍証するように
大半がいろんな兵士が娯楽代わりに吹いていた講談調のホラ話なんだろうけど。
やはり小学生の前では体裁をつくろう為にも、まだしも現実感のある5、6人を
戦略を駆使して掃討って話で統一したのだろうが。」

ところで戦争の本読んでいたら、
「行軍中、頭を狙撃兵に打ちぬかれた兵士が不屈の大和魂でそのまま行軍をつづけ、
歩き終えた目的地でそのまま立って氏んでいた」という大爆笑戦意高揚記事が
あったとハケーン。
さらに爆笑できるのは、この記者が戦後もペンを捨てずに順調に出世、
「天声人語」の執筆者になってたこと。(w


反省してないじゃん。


96 :文責・名無しさん:03/05/09 08:32 ID:YR2ABDtp
つーてもスエモノ斬りは本人が否定してるし、志々目の発言自体があやしいし。
ホンカツの「中国の旅」が朝日新聞紙上に掲載されたのが1971年で、志々目の
証言が「中国」に掲載。それが、1971年12月発行だから朝日新聞に掲載された
ホンカツの記事が反響を受けてる中で書いてるからちょっとね。

どう言うわけか志々目の学年しか話してないし。

97 :K.Y.:03/05/09 15:19 ID:/lYHYVqd
日日新聞の浅見記者が戦意高揚記事というのは、「それが事実かどうかは
問題ではない。百人斬りのように科学的に絶対不可能な記事であっても問題ない。
戦意高揚記事とは華々しいものでなければならないから。また、それが扇情的な
戦争報道によって利潤を追求する、新聞社のやり方です。」と、戦後すぐに
告白していれば、今のように悪用されて国益を損なうことには、ならなかった訳だよな

砲兵隊がどんなものか知らないで戦意高揚記事を書いた、戦前の日日新聞…。
爆発物を振って爆発しないことを確かめたからと、密度が他の物質と違うから空港の
X線モニターで見れば明らかに爆発物だとばれるものを、手荷物で持ち込もうとする無知
を晒した毎日新聞五味記者…。
この双方には、ミスリードとデマゴギーとフレームアップのオンパレードで、
国や国民がどうなろうとも、部数が伸びて利潤が上がればよしとする考えが覗き見える気がする。


98 :文責・名無しさん:03/05/09 23:36 ID:DHRaw5ub
戦後、浅海に百人切りの記事について質問したところ 忘れた と証言した。と言うのを図書館の本で読んだ記憶がある。
自分で書いた記事、しかもシリーズで書いたのを、忘れるか?

99 :名無し:03/05/09 23:48 ID:2jgNU1d0
浅見は、卑怯者

100 :文責・名無しさん:03/05/09 23:53 ID:CMDMTl4h
この浅見とか言うヤツ、どれだけ日本に迷惑かけたのか・・・
これぞ正しく死んでも拭えない罪というもんだ。

101 :文責・名無しさん:03/05/10 03:07 ID:hNPg+oTF
>>97
>>砲兵隊がどんなものか知らないで戦意高揚記事を書いた、戦前の日日新聞…。
 それは違う。彼は「知っていた」のだ。でなければ、「○官」の説明が付かない。
元記事を良く読んで欲しい。両少尉とも官姓名はあるが、「所属」はない。本当の
現役軍人ならば「○○部隊所属の某1少尉と某2少尉」と言う記述にならなければ
おかしい。初めから、記者浅海の利益の為に虚報記事を作り、自らの社会的立場
の保身のみの為に両少尉を刑場に送り込んだ事が、記者浅海の最大の犯罪では
ないか、と思う。

 両少尉の肉声は、件の記事群からはあまり感じられないが、
野田少尉の
「僕は○官なので〜」という言葉は、恐らく野田少尉の「地の言葉」なので
あろう(誰かも触れていたが、この話し方は今風に判りやすく例えると、警察官が
職務に関する質問インタビューに応えて「私は○○を捜査していますのよ」と、
オカマ言葉で応えているのと同じ位おかしいのである(野田少尉は陸士上がりの
バリバリの現役将校、向井少尉は幹部候補生の特別志願者)。
 最初、記者浅海は野田少尉のインタビューをノーチェックで載せようとしたが、
寸前に矛盾に気が付いて「○官」等という珍妙な記述にしたのであろう。
(全世界の何処の軍隊にも、副官という職掌が機密である軍隊は無い)

102 :K.Y.:03/05/11 11:05 ID:9WOHnSf3
>>101
>寸前に矛盾に気が付いて「○官」等という珍妙な記述にしたのであろう。
なるほど…。目からウロコだわ…。

103 :文責・名無しさん:03/05/11 19:58 ID:U3nNbAPc
>>96
>スエモノ斬りは本人が否定してるし
本人は戦場での正当な戦闘行為としているけど、
白兵戦で武蔵か小次郎じゃあるまいし無理無理。

な ら ど う し て
日 本 刀 そ の も の の 
使 用 を 否 定 し な い の か ?

報道といい法廷といい偽証したのは浅見記者に限らないし、
それぞれ思惑があってのことだ。
そもそも青竜刀より耐久力に劣る日本刀は白兵戦において
刃こぼれ、目釘のぐらつきを起こすまでの耐用期間の短さや、
中国戦線での前線携帯本数の限界ゆえ
もっぱら細い首筋をチョンパするぐらいの用途にしか(オフィサー指揮棒もどきを除いて)
実用的価値を見出せない代物であった。
それゆえ、捕虜殺害に特化した、日本軍国主義者ならではの大量殺戮兵器として
大量の中国人の血を吸ったのはアッタリマエではないか。


104 :K.Y.:03/05/11 20:09 ID:9WOHnSf3
>>103
自分の文章をよく読み直してからエンター押す癖つけような…。
酷い矛盾を起こしているのに、気がついてないのか?
気がついたら揚げ足取られる前に、駄目元で削除依頼出した方がいいと思われ

105 :文責・名無しさん:03/05/11 20:54 ID:wt5ytqas
>>103
 ちみ、少なくとも謝弁護人の上申書位読んだほうがいいよ……。

 日本刀の使用で両少尉が処刑された訳ではない、と言う事が判って
無いのに、無理にくちばしを挟まない方がいいよ。

 因みに、謝弁護人は「新聞記事だけで処刑するのは乱暴に過ぎる」
という意味の上申書を出している。

106 :文責・名無しさん:03/05/12 14:01 ID:nYoMtQhk
誰も張ってないんでソースはっとく。
がいしゅつすまそ

朝日、毎日新聞などを提訴 「百人斬り」は名誉棄損

 日中戦争時に「百人斬(ぎ)り」を行ったとする虚偽の記述で名誉を
傷つけられたとして、戦後に処刑された旧日本軍少尉2人の遺族3人が
28日、朝日、毎日両新聞社などに計1200万円の損害賠償などを求める
訴えを東京地裁に起こした。
 訴状によると、毎日新聞は1937年の記事で、南京へ向かう途中で
2人が中国兵を殺害する百人斬りの競争をしていると報道。
朝日新聞は81年に出版した「中国の旅」などで、2人が殺人競争をしたと記載した。
 遺族側は「百人斬りがなかったことは証拠上明らかになっているが、
毎日新聞は記事を訂正せず、朝日新聞も本の出版を続けている」と主張、
「これ以上の名誉棄損は許されないと思い提訴した」と話している。
 両社は「訴状をよく読んで対応を検討する」としている。(共同通信)
[4月28日13時29分更新]

107 :文責・名無しさん:03/05/12 16:26 ID:46E336Lm
日本刀はすぐに刃こぼれするので百人もの人間を斬殺することは
物理的に不可能であり、野田少尉は砲兵小隊長、向井少尉は
大隊副官であり、白刃を振るって白兵戦を行う戦闘任務には
従事していなかった。
100人切りなんて野田・向井の法螺話。
真相は投降兵捕虜の虐殺だね。



108 :K.Y.:03/05/12 16:54 ID:uegR4fxR
>>107
近代戦での砲兵部隊って、敵を直接視認することすらほとんどないんですが?

109 :文責・名無しさん:03/05/12 19:45 ID:USGWCap+
両方とも少尉なので、大隊長の訳ない!
片方は大隊副官、もう一方は歩兵砲の小隊長。

どっちにしても敵と直接向かい合う位置にはいない。

副官は大隊長を置いて、一人で突撃や戦闘することはありえないし、
歩兵砲の小隊長が砲を置いて、同様のことをすることも「ぜったいに」
有り得ない。
もしあったら切腹ものの珍事で、規律の厳しい日本軍では有り得ない。
一言でいえば、「下級将校には自由はない」に等しい。

但し、歩兵砲は砲兵部隊とはちょっと違う。
歩兵部隊と行動し、重機関銃中隊に似た位置にある。
あくまで歩兵の援護。
野砲部隊(確か塩爺は野砲部隊所属の下級将校だった)とは目的が違うので・・

覚えておいてください。

110 :文責・名無しさん:03/05/12 19:49 ID:Pi/4vXtX
浅見一男、こいつこそ未来永劫売国奴の逃亡犯としてさらし首にすべきだな
家族はヌクヌクと暮らしていやがるのかな

111 :文責・名無しさん:03/05/12 20:28 ID:61K+DbyH
日本刀の目釘がなぜ竹製かというと、刀身に大きな力が加わると目釘が折れて、柄が壊れて、刀身が
折れるのを防ぐためだそうだ。百人も切れば刀身はぼろぼろ柄はぼろぼろ、日本刀の形はしていないだろう。


112 :文責・名無しさん:03/05/13 18:47 ID:vYYtRYku
最前線の歩兵部隊が捕獲した後送捕虜の身柄をゲットして虐殺競争をやってたご両人が、
不運にも新聞の拡販競争原理に見込まれ、
毎日記者が「白兵戦」という虚構と「百人」って宣伝数字を
少なくとも片方の了解を得て丁稚あげただけの話だろう。
死刑となった南京法廷の審理では被害者数の問題ではなく、
被告がワインまで賭けていたという心証の問題だった。
今回、否応なしに虐殺の事実認定を争うとなると遺族がさらに傷つくけど、
それは産経新聞の知ったことではないって事なんだな。


113 :K.Y.:03/05/13 18:52 ID:dgZpfeVE
>>112
へ?原告に産経新聞者及び、その関係者が含まれているんでつか?

114 :文責・名無しさん:03/05/14 00:36 ID:VEsAR15K
ラーベの日記「南京の真実」
http://www.history.gr.jp/nanking/rabe.html

 ラーベの日記には『局部に竹を突っ込まれた女の人の死体を
そこら中で見かける。吐き気がして息苦しくなる。
70を越えた人さえ何度も暴行されているのだ』とあるが、
強姦のあと「局部に竹を突っ込む」などという風習は、
支那にあっても、日本には絶対ない。
 また、ラーベは『日本兵はモーゼル拳銃をもっていた』というが
当時日本軍にはモーゼル拳銃など一丁もない。

 日本人を憎悪していたマギー牧師でさえ
「安全区は難民の“天国”だったかも知れない」
とさえ述べているのである。

 すなわち“捕虜・便衣兵の処刑・殺害”はあったが
それは戦闘行為の枠内で論ぜられるべきものであって、
非戦闘員の大量虐殺などはなかった。

南京陥落と同時に入城した新聞・雑誌記者、カメラマンは
約150名といわれる(外人記者5名を含む)。
そのうちの誰一人として非戦闘員の虐殺などは見ていないのである。

 殺人 49件、この数字は、南京占領の12月13日から
翌年2月9日までの南京における日本軍非行を記録した
国際委員会の総トータルである。
 これをラーベ日記は、虐殺5〜6万、強姦実に2万件というのである。
その根拠は何ら示していない。


115 :文責・名無しさん:03/05/14 01:12 ID:VEsAR15K
「南京大虐殺」はなかった
http://www.history.gr.jp/nanking/moriou.html#05

朝日新聞の今井正剛記者という記者が「南京城内の大量殺人」という
本を書いております。大阪毎日(当時)の後藤記者が、
「あなたはとんでもない事を書いていますね」とただしたところ、
今井記者は、「あれは興味本位で書いたのだ」と白状しています。

東京日々新聞の鈴木二郎という記者は、「私は12月12日に中山門より
入城した。後続部隊が次々に中山門上で万歳をし、写真を撮っていた。
中山門の上では盛んに捕虜が虐殺されていた」と証言しております。
 12月12日には、私は先ほどお話したように、
中山門正面約2キロ手前の溝山の山頂にいました。
 双眼鏡で中山門の城壁がやっと見えたのですが、
敵兵がいっぱいおりました。一体いつになったらあれを占領できるのかと、
その時思ったことを私ははっきり覚えています。
 そんな時期に、一新聞記者がどうして中山門に入れるのでしょうか。

東京日々新聞の浅海一男という記者が、「百人斬り」という記事を
書いています。
 さらに野田少尉は大隊副官、向井少尉は大隊砲小隊長であり、
両方とも部下が銃剣を持って敵陣に突入する部隊の指揮官ではありません。
 そういう将校に、敵に突入して百人斬りを命ずる馬鹿がいるでしょうか?

 宮崎県の農家で写真と参戦者の日記を発見したとして南京虐殺の
決定的証拠とした、朝日新聞の昭和58(1983)年8月4日の記事に対し、
その写真は満州の馬賊の写真で、昭和初期に朝鮮買ったものであると、
読者が抗議しています。


116 :文責・名無しさん:03/05/14 02:54 ID:G7YnGjKs
>>112
 毎日の工作員でつか?(藁
両少尉が処刑されたのは、「心証」とやらの問題ではない。
第一報の「10日のインタビュー」が事実であるか、否かが争点で
あり、南京軍事法廷は「10日のインタビュー」を「事実」として認定
した為に、両少尉は処刑されたのである(10日のインタビューが
事実の場合、両少尉の「自供」とみなせるから)。

 では、この「10日のインタビュー」は「両少尉が記者浅海に本当
に語ったもの」なのだろうか?或いは「記者浅海が捏造したもの」
なのだろうか?112には残念な事だろうが(藁、此れは記者浅海の
捏造である。理由は以下の通り。

1:最前線の、同一指揮系統下にある二少尉=向井、野田両少尉
 という書き方をしたのは記者浅海であるが、記者浅海が両少尉の
 実際の所属、官姓名を知らなかった、という事が有り得るか?
 →記者浅海は、実際には両少尉の所属、官姓名を知っていたと
  思われる。何故なら、「両少尉には一度しか会った事が無い
  (本人の言)」佐藤振寿カメラマンが、40年後に鈴木明氏にイン
  タビューを受けた際、「野田少尉は大隊副官、向井少尉は歩兵
  砲の小隊長」としっかりと答えているからである。
   因みに、両少尉の当時の所属及び官姓名が公に報道された
   のは、このインタビューでの受け答えが初めてである。


117 :続き:03/05/14 02:54 ID:G7YnGjKs

2:前にも触れたが「○官」の記述の問題である。若し、記者浅海が
  実際に両少尉の官姓名を知らないならば、「○官」=「副官」が
  記事の中で矛盾をきたすポイントになる、と言う事にも気が付か
  ない筈である。

3:そして、最後に記事の文の問題である。元の記事を良く読んで
  みよう。「翌11日から〜始まった」等という、時制が全く矛盾する
  文章が堂々書かれていたりする。此れは、元々の記事原稿を
  敢えて分割した事に拠る、文章の矛盾が原因である可能性が
  高い(仮に小学校の学級新聞でさえ、この様な文章を載せよう
  としたら、誰かが必ず「おかしい」と気が付く程度の文章である)。

因みに、元記事に「ワインを賭けた」等という記述は全く無い(本多版
には「上官が賞を出そう」と示唆した、という記述はあるが、「ワインを
賭ける」等という内容は、本多版にすらない)。

 事実認定をしたら、傷付くのは毎日新聞の信頼性であって、遺族では
無い(記者浅海の不誠実な態度でもう充分に傷付いている)。

118 :文責・名無しさん:03/05/15 15:06 ID:xKqcw6mn
>>116-117
インタビューの中身が架空でも、
捕虜の据えもの斬りやってた事実が改めて報道された挙句、
遺書で両人かもしくは片割れが
誇大記事のソース責任擦り付け合いをやってたのが
ばれてしまうだろうが。
日本刀での複数捕虜殺害が物理上困難で
本来の任務による正当な戦闘行為による殺人以外はやりようがないのなら、
南京法廷でもその旨証言すれば良いだけだが、
容易な説明なのにそれをやらないのは何故か?
否定したくても否定できない所に真実がある。
おまけに裁判官の心証を悪くするような事実まで出てきてしまった。
もちろん産経新聞は原告の尻叩くような報道で支援するけど
勝訴したところで改めて損なわれる原告の名誉なんぞ
知ったことではないから可能なのだろう。

119 :_:03/05/15 15:06 ID:M5ga2AP+
  ∧_∧
 ( ・∀・)/< こんなのみつけたっち♪ 
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz03.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz10.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz08.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz09.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz06.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz05.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz01.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz02.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz07.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz04.html

120 :文責・名無しさん:03/05/15 15:38 ID:1cMWCq1N
>>家族はヌクヌクと暮らしていやがるのかな

これって脅迫行為なの?


121 :文責・名無しさん:03/05/15 15:40 ID:iastNhD2
秘密厳守で女性に好評!

http://ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/www.net-de-dvd.com/


122 :文責・名無しさん:03/05/15 15:54 ID:wVT4kKH3
産経新聞が野田少尉の獄中手記を発掘したことにより
向井少尉の遺書と矛盾する点が析出された事は
結果して裁判で遺族側に不利に働くであろう。
全くの皮肉、遺族側敗訴は確実ですね。

産経新聞は責任を感じて裁判費用出してやれよ!

123 :文責・名無しさん:03/05/15 17:52 ID:pePCXWcV
>>118
 藻前、ヴァカか?(藁
>>南京法廷でもその旨証言すれば良いだけだが、
 被告の証言だけで、ウラも取らずに判決を下す法廷が何処にある?
被告の証言に対して、浅海が提出した上申書が「自分が両少尉に対
して取材を行ったのは事実である」と書いてあったから、南京軍事法
廷は両少尉を処刑したのだ。

 で、このインタビューを二人から取材したのが事実か否か、という事
が本裁判の焦点になる訳だが、此れは状況証拠、及び物的証拠では
事実でない事が確定している。故に、浅海が提出した上申書で、自ら
の社会的立場の保身の為だけに、偽証を行った事が今回問われてい
るのだ。

124 :文責・名無しさん:03/05/15 18:58 ID:xKqcw6mn
>123
だから被告の証言だけでウラもとらずに無罪になれると言っておらんが
藻前、ヴァカか?(藁
ウラを取る為にもその前に証言しなくてはならないのだ。
被告には黙秘権を行使する自由もあるが、
そんなことせずとも物的証拠の次元で
刀じゃ大量虐殺などやれないのが当然なら
被告は反駁するに決まっておろう。
日本刀は斬首の用途にも
耐久力不足で碌に使えないお飾りなんだそうだから。
それが決定的証拠となるのだ。
刀剣の殺傷能力について専門家の鑑定まで要求される類の
ウラ取りは願ってもないことだろう。
被告の決定的証言にも関わらず浅海上申書のせいで有罪認定されたのなら話は別だが。
それなのに正当な戦闘行為としか言えないのは何故なのか?

そもそも遺書自体、浅海が架空のインタビューを取材したのが悪いのではなく、
悪いのは片割れが話しに乗ったことだとしているぞ。
これは誰かの偽造なのか?
事実でないことが物的証拠では確定していないのだが。

本裁判のおかげで毎日記事と少尉の法廷弁論と、
それぞれの偽証が明るみにでるぞ。

125 :文責・名無しさん:03/05/15 19:02 ID:xKqcw6mn
毎日新聞が両少尉の勇敢な戦場での働きなるものを偽造したのは
南京軍事法廷の審理で既に明らかにされている。
そしてこれから明らかになる真実は
両少尉にとっても毎日にとっても
目を覆わしむるものなだけだ。
まあ新事実はほとんど発掘されないんだろうけど。

126 :文責・名無しさん:03/05/15 19:51 ID:pePCXWcV
>>124
 やっぱり藻前がヴァカだ。
もう一度南京軍事法廷での、被告側弁護人の上申書位読
んでみれ。
 南京軍事法廷が開かれたのが1946年、事件があった、とさ
れているのが、1937年。およそ10年前の事件の証拠を、立
件されてから集めるにしても、「証拠の同一性」の問題で疑
義を提示された場合、そもそも証明にならない、という一番
の問題が出てくるではないか。

 両少尉は、実は南京軍事法廷が何を問題にしたのかを
最後までよく掌握していなかった、と思われる(浅海上申書
が来た事を知った時、彼らは感涙に咽んだそうだから)。
 この件に関しては、東京軍事裁判法廷も、南京軍事裁判
法廷も、裁く為の基準は明快に持っていて、「二人が行った
行為が『戦闘行為』であるか、『戦闘中ノ行為』であるか」と
言うのが判断基準であり、東京軍事裁判法廷で両少尉が
「不起訴」になったのは、検事に英語版の記事が念頭に有
った所為であろう("Individual Sword Combat"=個人の刀剣
に依る戦闘行為と英文にある。此れが「馬鹿げている」と感じ
たからこそ、浅海に向かって「もういい、帰れ」と言う対応に
なったのだ)。

127 :続き:03/05/15 19:51 ID:pePCXWcV
 しかし、元の記事を良く読めば、この記事は「戦闘行為」とも
取れるが「戦闘中ノ行為」とも取れるのだ。そして、南京軍事裁
判法廷とすれば、どうしても「戦闘行為」とは考えたくないから、
両少尉を起訴したのだ。そして、浅海上申書により「10日のイン
タビュー=事実」となるからこそ、両少尉は処刑されたのだ。

 言っとくが、漏れは両少尉の遺書を読んで気の毒だとは思うが、
あまり証拠能力は無いと思うぞ。考えてもみよ、もう直ぐ死刑になる
環境の元で、10年程前の事を正確に思い出せる人間が果たしてど
れだけ居るんだろうか(個人的には、最初に言い出したのは浅海が
水を向けて、乗ったのは向井少尉だと思うが、証拠は何も無い)。

128 :文責・名無しさん:03/05/15 19:57 ID:VDgzz9or
>>日本刀は斬首の用途にも
>>耐久力不足で碌に使えないお飾りなんだそうだから。

これは言いすぎです。ちゃんと使用できます。

129 :文責・名無しさん:03/05/15 20:00 ID:VDgzz9or
どうして南京軍事裁判に厳密な立証を求めるのか不思議なのだが。
日本軍の軍事裁判も結構いい加減なものだったでしょう。
東京の最高裁まで争ったという話も聞かないし。お互い様です。

130 :文責・名無しさん:03/05/15 20:14 ID:5h8/pIT2
だとしたら、南京軍事裁判ではなく毎日・朝日新聞を訴えるのは
やっぱり正しいわけだ。

ところで、毎日はかなり譲歩して穏便にすませることを考えている
・・とも漏れ聞くがどうなんだろうね

131 :文責・名無しさん:03/05/15 20:23 ID:pePCXWcV
>>129
>>どうして南京軍事裁判に厳密な立証を求めるのか不思議なのだが。
 そりゃ中国人に失礼だ罠。少なくとも、南京軍事裁判法廷の面々は、
日本の軍事裁判法廷よりは余程真摯に、この件に関しては立証しよう
としているぞ。正直、漏れはあまり中国人は好きではないが、こういう
部分には頭が下がるぞ(謝文元弁護人は、本当に誠心誠意、両少尉
を弁護していると思う)。

 因みに、軍事裁判は最高裁なんてある訳無いぞ。

132 :文責・名無しさん:03/05/15 20:23 ID:xKqcw6mn
南京軍事法廷で焦点となったのは、
正当な戦争行為か、それとも捕虜虐殺かということ。
浅見上申書をそっくりそのまま取り上げていたら
たんなる戦闘行為として認定されるだけ。
有罪の立証材料には不備があったろうが。
任務上、白兵戦参加など到底無理でありかつ、
刀剣による戦闘での大量殺害が物理的に無理であらば
正当防衛による殺人とやらの真実の姿が透けてくるだけだ。


133 :文責・名無しさん:03/05/15 20:41 ID:pePCXWcV
>>132
 藻前、毎日関係者か?
 あの上申書をそのまま取り上げると、何処をどう解釈すれば「単なる
戦闘行為」になるのだ?あの上申書には、端的に言うと「自分が両少尉
を取材した事は事実です」以外のことは何も書いてない。

134 :文責・名無しさん:03/05/16 08:23 ID:WGhPmPFE
任務上、白兵戦参加など到底無理でありかつ、
刀剣による戦闘での大量殺害が物理的に無理

「戦闘での白兵戦」「捕虜の陶物斬り」すべてひっくるめてなかったという
結論でいいじゃん

135 :文責・名無しさん:03/05/18 15:22 ID:0jE+Xzcc
>>83
貴様というのは海軍

136 :文責・名無しさん:03/05/20 13:27 ID:5mUSvysx
それ以前に>>83は兵隊と将校が同じものと思ってるようだな
とほほ

137 :文責・名無しさん:03/05/21 17:15 ID:ZBUNjZIu
MとNの証言をもとに記事にしただけだから毎日は勝訴。

MとNの矛盾だらけ証言(俺は言ってない言ったのはもう一方)
及びその他の証言(帰国後の投降兵殺害講演)
状況証拠(銃を持った中国兵に刀で戦えるわけが無い)
から投降兵捕虜殺害を導いた本多も勝訴。



138 :伊丹13:03/05/21 17:31 ID:hP3lQTsI
銃を持った敵兵に対し白兵戦で100人切りは不可能、
実態は投降兵捕虜の虐殺ですね

連想するのは南京より30年以上前の義和団事変で
処刑される「ボクサー」達の写真



139 :文責・名無しさん:03/05/21 21:34 ID:mhjAl1MF
>>137-138
 残念でした(藁
弁護人上申書、及び、浅海の記事だけで捏造記事の証明は明らか。
よって、「またも」毎日敗訴(藁藁

ポンカツは「中国政府の証言をそのまま書いただけ」と答えており、何も
導き出していない(爆嘲藁

投降兵捕虜の虐殺で無いのは浅海の元記事より明らか。よって藻前の
「投降兵虐殺」と言う言い分は単なる妄想(藁藁

140 :文責・名無しさん:03/05/22 18:13 ID:Y9RDVvfo
>>133
>あの上申書をそのまま取り上げると、何処をどう解釈すれば「単なる
 戦闘行為」になるのだ?あの上申書には、端的に言うと「自分が両少尉
 を取材した事は事実です」以外のことは何も書いてない。
取材内容が事実ならば戦闘中の制圧行為としか解釈できないからな。
だから彼らは戦前の日本で英雄と持ち上げられた。
しかし東京裁判と違って南京裁判の司法当局者たちは中国人であり、
中国戦線で捕虜虐殺が蔓延していた事態をよく認識していたのが
二人の少尉の運の尽きだったのだ。
そこを誤魔化して浅見記者上申書の内容解釈の曖昧さに断罪の根拠を求め、
言わばコジツケをやるのがウヨク。

>投降兵捕虜の虐殺で無いのは浅海の元記事より明らか。
捏造記事をソースにするな、アポー!

まあ、そもそも名誉毀損で告訴した所で
時効の適用からして勝訴には無理があるのだが。


141 :文責・名無しさん:03/05/23 08:41 ID:cY+Ri4kO
>>140
 藻前、字読める?(藁
「両少尉を取材した事は事実です」≠「取材内容が事実です」だぜ?
そして、浅海は明らかに、両方が等価で無い事を意識して、上申書
を書いている(その後の「週刊新潮」のインタビュー記事を読めば判る)。

そして、
>>南京裁判の司法当局者たちは中国人であり、
>>中国戦線で捕虜虐殺が蔓延していた
これが藻前の妄想。何故なら、南京攻略後に蒋介石から日本側に感状
が送られてきているからな(捕虜の取り扱いに厚情頂き感謝云々、とな)。
もう少し頭使って文読んでくれや(藁

142 :文責・名無しさん:03/05/23 17:20 ID:xwr98dct
>>141
「両少尉を取材した事は事実です」とする上申書を証拠採用するなら、
捕虜虐殺など元記事に可能性を匂わせもしていない以上、
「両少尉による正当な戦闘行為のでっち上げ」の蓋然性を捨象すれば、
戦闘中における正当な制圧行為以外の解釈がありえないのは当然だろうよ。
気の毒なことに捨象してもらえなかったのだが。
浅海が、両方が等価で無い事を意識して上申書を書いたのは、
記事が捏造である事実も反映してはいるがそれ以前に、
少尉たちの戦地での行状について同行して確認した訳じゃないのでアッタリまえ。
結局の所、彼らの身柄が中国側に送致されたのが身の不運だったんだ。
もちろん浅海記者は戦意高揚記事の捏造共犯者としての責任を免れないが、
故人に対する名誉毀損にはあたらない。
第一おまいが、軍刀としての日本刀には据えもの斬りによる殺傷能力が無いとする立場なら、
「立件された後で集めた証拠の同一性なんぞで疑義が呈される」以前の次元の話だろ?
専門家に刀剣による連続斬首など物理的に不可能な旨、証言してもらえばよい。

>何故なら、南京攻略後に蒋介石から日本側に感状
 が送られてきているからな(捕虜の取り扱いに厚情頂き感謝云々、とな)。
んなもん、どこにあるの?
捕虜虐殺なんて南京攻略戦に従事した兵士の戦陣日記や
部隊の戦闘日誌を読めば山ほど出てくる話だしなあ。

143 :文責・名無しさん:03/05/23 17:48 ID:+6HvdN5N
もう外務省辺りが手を回し始めたのではないかな?教科書問題ですらあの有様
今度は「南京」の展示を変更しなければと言う大きな問題。
どんな方法で邪魔をするか良く検証していかないといけないよ、マスコミが先
ず信用出来ない、政治家も運動する奴が居るだろう。

144 :文責・名無しさん:03/05/23 17:51 ID:U6y24ojp

     ∧         ∧    ツモ 獄死十三面待ちニダ
    / ヽ       / .ヽ
    /   `、     /   ヽ
  /      ̄ ̄ ̄ ̄    ヽ              厄満ニダ プ
 /:::::::::              .\           ,ヘ,ヘ,ヘ
/:::::::::: ヽ-=・=-′ ヽ-=・=-    /          / _ノ_ノ:^) ,ヘ
ヽ:::::::::::    \___/     /          / _ノ_ノ_ノ / 丿
 ヽ::::::::::::::    \/     /          / ノ ノノ//
  ヽ、、          、、ノ        ____  /  ______ ノ
  /ノ  i i\_,.イ/リ \____ <"  `ー" 、    ノ
   ー'/  'i. ヽ、 ,二ニ/   \       ``ー-、   ゙   ノ
    /   'i、 /\ /      >       ( `ー''"ー'"
    \   'i," (__) /   /         \ /ノ


┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐ ┌─┐
│北│南│東│西│中│白│發│民│総│朝│社│共│野│ │南│
│鮮│韓│海│海│国│衣│作│団│聯│日│民│産│中│ │韓│
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘ └─┘

145 :文責・名無しさん:03/05/23 19:10 ID:0mW/yJeY
良スレ、上げ!!

146 :文責・名無しさん:03/05/24 17:38 ID:dxB228JZ
あー、すまん、漏れ頭悪いから良くわからんのだが・・・

本勝の記事と上申を鵜呑みにするなら両少尉の行ったのは「正当な戦闘行為」ってことになるのか?
それを後々「捕虜虐殺」にすり替えていった、という風に読めるんだが・・・
それでいいのか?

空気読んでない書き込みスマソ

147 :文責・名無しさん:03/05/24 18:54 ID:NpGZODuR
☆ 原爆より危険なNHK7時 畠山智之
☆ 4流NHKバクダット 出川展恒
☆ 藤田一広
☆ 売国奴 NHK 北京 北川薫





148 :山崎渉:03/05/28 09:27 ID:MYWY04C8
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

149 :文責・名無しさん:03/05/30 20:03 ID:wKONUqfU
参考資料一覧・1 南京大虐殺事件
http://plaza25.mbn.or.jp/~hinode_kogei/DATA.html

●南京事件に関する、日本側の記録

「第一一四師団第六六連隊第一大隊 戦闘詳報」
(十三日午後二時)午後二時零分、連隊長より左の命令を受く。
 旅団(歩兵第一二七旅団)命令により捕虜は全部殺すべし。
その方法は十数名を捕縛して逐次銃殺してはいかん。
(中略)
 各隊共に午後五時ごろ準備終わり刺殺を開始し、
おおむね午後七時三十分刺殺を終わり、連隊に報告す。
第一中隊は当初の予定を変更して一気に監禁し焼かんとして失敗せり。

●南京事件に関する、中国側の記録

「江寧県誌」
一二月下旬、上坊で婦女一〇名が強姦され、陰部に鉄棒を刺して
殺害される。
三八年一月八日、陸郎村で県城から避難していた市民が、
「敗残兵狩り」で一〇〇余人殺害される。
そのとき婦女八人が輪姦され、腹を割かれて殺害される。

●南京事件に関する、第三国の報道

「南京大虐殺」 シカゴ・デイリー・ニューズ
 一九三七年十二月十五日 A・T・スティール

南京を離れるとき、我々一行が最後に目撃したものは、河岸近くの城壁を
背にして三〇〇人の中国人の一群を整然と処刑している光景であった。
そこにはすでに膝がうずまるほど死体が積まれていた。


150 :文責・名無しさん:03/05/30 20:03 ID:wKONUqfU
大虐殺派のウソ写真と証言
http://www.history.gr.jp/nanking/lie.html#10

◆マギー牧師の“南京虐殺”フィルム

 このフィルムに対して藤原彰・元一橋大学教授は
「虐殺の事実を裏付けるのに、これだけでも十分」
(ニューヨーク3日共同)と手放しの評価を与えている。
 ところが、同フィルムの1部は、「幻」どころか、
1938年5月16日号の米誌『LIFE』ですでに紹介されていた。
しかもその大半は病院で治療を受ける中国人の姿で、
戦争の一場面を示す当時どこにでもある写真であった。

◆南京事件またニセ写真

 平成7年3月5日、産経新聞より。
東北地方のプロック紙「河北新報」の昨年5月20日付夕刊に
掲載された中国政府提供の南京事件(南京大虐殺)の写真について、
仙台市在住の旧軍人から
「日本兵の軍服が当時(昭和12年12月)と異なる。
南京事件とは無関係」という指摘が11日までに、産経新聞に寄せられた。

この写真について「南京事件とは無関係」と指摘したのは
仙台市青葉区新坂町の無職、庄司鋭男さん(73)。

南京事件は昭和12(1937)年12月にあったとされている。
13年以降の軍服を日本兵が南京事件当時に着ているはずがない」と指摘する。

渡辺英亮・河北新報社広報局長の話「写真は東京新聞から配信され、
間違いないと思って掲載したが、指摘があれば、慎重に調べてみたい」


151 :文責・名無しさん:03/05/30 20:32 ID:uYyWQo+X
>>142

もちろん浅海記者は戦意高揚記事の捏造共犯者としての責任を免れないが、
故人に対する名誉毀損にはあたらない。

遺族が何度も記事が捏造である事を求めているのに、それを認めようとしないんだろ?
これって名誉毀損にあたらないのか?


>虜虐殺なんて南京攻略戦に従事した兵士の戦陣日記や
部隊の戦闘日誌を読めば山ほど出てくる話だしなあ。

 戦前なのに、何故か新仮名使いのやつがな(w

152 :文責・名無しさん:03/05/30 20:39 ID:uYyWQo+X
 そもそも捕虜虐殺を戦闘中の行為に摩り替えたという証拠もないのに
「実は浅海の記事は捕虜虐殺を扱ったものだったんだ」と妄言はいてまで
浅海を弁護しようとしている奴がいるな。

153 :文責・名無しさん:03/05/30 20:47 ID:QpY2Da7+
>>151
>遺族が何度も記事が捏造である事を求めているのに、それを認めようとしないんだろ?
>これって名誉毀損にあたらないのか?
当時の記事じたいについては時効かもしれんが、本多勝一らが「百人斬り」を
事実として書いた本をいまだに出版し続けていることは明白な名誉毀損。

154 :文責・名無しさん:03/06/02 06:26 ID:cGdfueG0
>149
>「第一一四師団第六六連隊第一大隊 戦闘詳報」
(十三日午後二時)午後二時零分、連隊長より左の命令を受く。
 旅団(歩兵第一二七旅団)命令により捕虜は全部殺すべし。
その方法は十数名を捕縛して逐次銃殺してはいかん。
(中略)
 各隊共に午後五時ごろ準備終わり刺殺を開始し、
おおむね午後七時三十分刺殺を終わり、連隊に報告す。
第一中隊は当初の予定を変更して一気に監禁し焼かんとして失敗せり。

その資料が本物だとしても、捕虜を処刑した責任は旅団司令部(本部?)が追うべきだろう。
旅団司令部の指令の責任を個人単位にまでミクロ化か、もしくは日本軍全体にまでマクロ化するのは意味が無い行為だよ!
そもそも軍の機構そのものについての理解もゼロだろ!ライン−スタッフ制って知ってか?



155 :K.Y.:03/06/02 13:54 ID:YrneVvBL
>>154
まぁそこまで追求せんでも、防衛庁の戦史資料室以外から出たものは
著者の裏取りない限り、資料としてはC級品だろうから放っておく宣し(w

南京虐殺を事実と考える自虐派のサイトがソースでは、アサピーや埋日を捏造で叩く時に、
アサピーやらのサイトの論調をソースにしてるのと変わらん愚挙なんだし

156 :文責・名無しさん:03/06/02 16:07 ID:facZjJHD
笠原十九ちゃん、今更出さないでよ、藤原ちゃんと同じでガセネタ集めた小説
中、韓の教科書と変わらないよ。

157 :文責・名無しさん:03/06/06 21:22 ID:xEL7gVaE
「南京大虐殺」はなかった
http://www.history.gr.jp/nanking/moriou.html#05

 東京日々新聞の浅海一男という記者が、「百人斬り」という記事を
書いています。

 京都の9連隊の野田・向井の2人の少尉に、上官が、
どちらが早く百人を斬ることが出来るか競争せよ、
勝者に賞を与えようと命じられ、2人が百人斬りを競ったと
いうものでありますが、これが全くのウソであります。

 第一に、軍隊で戦争の真っ最中に、上官が将校にかかる競争を命じ、
勝った方に賞をやろうなどと言うこと、また将校もそんなエサで
釣られるようなことは、軍隊の常識としてあり得ません。

 その時の上官であると言われている富山大隊長も、
 「そんな馬鹿なことがあるものか」
 と、ハッキリ否定しておられます。

 さらに野田少尉は大隊副官、向井少尉は大隊砲小隊長であり、
両方とも部下が銃剣を持って敵陣に突入する部隊の指揮官ではありません。
 そういう将校に、敵に突入して百人斬りを命ずる馬鹿がいるでしょうか?

 そういう作り話がまことしやかに書かれ、
そのために両少尉は戦犯にされ、処刑されたのです。

 東京裁判の最中に、向井少尉の家族が、浅海記者に
あの記事はウソである、
作り話であるということを証言して欲しいと懇願していますが、
浅海記者は逃げ回ってその証言を回避しております。
 私は、彼が2人の若い将校を殺したのも同然だと考えております。


158 :文責・名無しさん:03/06/20 15:35 ID:7mQlhqUR
>>135
遅レスだけど
陸軍でも「貴様」呼ばわりは普通だよ。
河出文庫の津野田忠重著『秘録・東条英機暗殺計画』1991年でも
著者が東条暗殺をも視野に入れた倒閣工作に加わって投獄された弟からの証言を元にして、
弟の存命中に出版に漕ぎ着けたノンフィクションだけれども
陸軍少佐の弟さんへ陸軍参謀本部の久米少佐が、
そう呼びかけている。
(p185等)
「貴公」なんて時代ががったものより、
よほどポピュラーな表現なんだが。

>>154
参謀の責任が問われないまま、
司令官が責任を戦犯裁判で問われたりしているな。
陸軍の意思決定過程上の欠陥が戦後になっても祟っている。

>>156
自国の戦時犯罪を認めないドキュソは
中国にもいるし日本にもいるしドイツにもいる。
そもそもアウシュビッツなんて証拠資料では解明がつかない部分もあるし。
もしかしてホロコーストは無かった派?
それに中共のチベット浄化も政治的公平性が疑わしい被害者証言しかないし。

>>157
別に百人斬りの記事が証拠となって
処刑されたのではないから無意味な駁論。

159 :文責・名無しさん:03/06/20 22:32 ID:Ib2LaLYC
>158
>自国の戦時犯罪を認めないドキュソは
 中国にもいるし日本にもいるしドイツにもいる。
ドイツにおいてホロコーストを認めないドキュソは刑法に引っかかるし、ごく少数派。
日本において南京大虐殺や中国側の言う三光作戦などを認めないドキュソは法律に抵触しないものの少数派。
それに引き換え中国においてチベット人に対する人道上の犯罪行為を認めないドキュソは山ほどいる。体制派。
2ちゃんでの嫌中厨や馬鹿ウヨの蔓延が日本の世論を正確に反映しているのではないのだよ。

わ か っ た か ね

160 :文責・名無しさん:03/06/20 22:40 ID:/gKftj58
>>159

ソース見せろや。

161 :文責・名無しさん:03/06/20 22:46 ID:/gKftj58
もう少し細かくレスさせてもらうと、

「南京大虐殺を認めないものは法律に抵触しない」というのは大嘘。むしろ逆。

「南京大虐殺を認めるものは(条件によっては)法律に抵触する」。

例の100人斬りの遺族が事実無根で名誉毀損とホンカツや朝日新聞を訴えたのは知らないのかね。


162 :文責・名無しさん:03/06/20 22:51 ID:/gKftj58
http://www.sankei.co.jp/news/030429/morning/29na1003.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/tyousa03/nank3.htm



163 :連続カキコスマソ。文を訂正。:03/06/20 22:53 ID:/gKftj58
もう少し細かくレスさせてもらうと、

「南京大虐殺を認めないものは法律に抵触しない」というのはむしろ逆。

「南京大虐殺を認めるものは(条件によっては)法律に抵触する」。

例の100人斬りの遺族が事実無根で名誉毀損とホンカツや朝日新聞を訴えたのは知らないのかね。


http://www.sankei.co.jp/news/030429/morning/29na1003.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/tyousa03/nank3.htm

164 :文責・名無しさん:03/06/21 19:43 ID:few1JNYA
>163
>「南京大虐殺を認めるものは(条件によっては)法律に抵触する」。
ネタ?それとも馬鹿?


165 :文責・名無しさん:03/06/21 22:30 ID:YfKIAByz
>>164

遺族にとってみればこういう事実無根のことを言い立てられるのは名誉毀損で充分違法行為なんだよ。

だから「条件によっては」なんだろうが。

166 :文責・名無しさん:03/06/22 11:39 ID:AC2e3Zni
>165
で違法認定されたの?
そもそも日本政府がサンフランシスコ講和条約を締結した際に
南京大虐殺を事実認定した戦犯関連の裁判の判決を承認した以上、
今更日本の司法が南京軍事法廷の審理内容について
事実無根として覆すのは不可能なんだが。

もちろんホロコーストに関しても既成の判例と無関係な
事実無根のことを公共の言論空間で言い立てられるなら
ドイツにおいても遺族にとってみれば名誉毀損で充分違法行為ではある。
「よってホロコーストを認めるものは(条件によっては)法律に抵触する」。
ってかーーー。


167 :直リン:03/06/22 11:39 ID:Dt8oE6Bi
http://homepage.mac.com/yuuka20/

168 :154:03/06/22 16:09 ID:srJrw+iY
>158
参謀に指揮権はない!


169 :文責・名無しさん:03/06/22 20:39 ID:Pj7qJyli
>>158
 ダウト。実は「状況証拠」はあの新聞記事「のみ」であり、最終的には
あの記事が「事実であるか否か」が争点になった(弁護人の上申書を
嫁)。何故あの記事が「状況証拠」となりうるか、等は過去レス位ちゃんと
嫁。

170 :文責・名無しさん:03/06/24 10:15 ID:qJQShlhP
>169
頭悪いな。
あの記事が「事実である」なら有罪にはならない。
捕虜虐殺や市民虐殺の証拠とみなされたのは、
別の証拠材料から招来された事態だということ。
ただし南京法廷の公判資料が散逸したから跡づけが難しい。
少しは頭を働かせろよ。


171 :文責・名無しさん:03/06/24 10:20 ID:qJQShlhP
>168
形式と実質とを取り違えるな。
長参謀の命令で松井司令官が裁かれた。
松井さんは不当の裁きを受けたのだ。

172 :168:03/06/25 04:18 ID:kStfpuDP
>171
漏れはその事実関係を知らんけど、それがほんとだったら責任は司令官無視で命令出した長参謀って奴とその命令に従った隷下の師団長、さらにその事実を事を把握できなかった司直がアホだったってことでFAでいいか?
あと命令ってのは基本的に司令官の裁可を得て成立するものだけど、長って奴は本島にその条件を満たさずに発令したの?どんな内容の命令よ!



173 :文責・名無しさん:03/06/25 10:43 ID:JOqHuyx3
>>169
「百人斬り」と南京裁判の判決
http://www.han.org/oldboard/hanboard3/msg/5189.html
>米津さんは、#5139で旧日本軍の個々の軍人に対する推定無罪の原則の適用について、次の
 ように書いています。

 ・ところで、実際の裁判になれば、裁かれるのは元指揮官や元兵士個々人であり、
  裁くのは国家権力です。その際には被告人たちに「無罪の推定」原則が適用され
  るべきでしょう。中国国民党によるBC級戦犯裁判においても、十分な証拠のあ
  るものだけが罰せられたことから分かるように、個々の兵士に対しては「無罪の
  推定」原則が適用されています。もし中国側が「疑わしきは罰する」態度で戦犯
  裁判を行っていれば、日本兵全員が処罰されたでしょう。

 この米津さんの説明に関連する資料として、「南京事件を考える」(大月書店)を最近入手
 することが出来ましたので、この資料をもとに南京裁判について考えて見ました。

なんか口の悪い方がいらっしゃるようですけど、
このサイトは南京軍事法廷の真実の一端へ迫るために有用かと思われました。

174 :文責・名無しさん:03/06/27 00:14 ID:hV47pqij
>>170
 ヴァカ。もう一度弁護人(律師)の支弁書読んでみろ。
南京法廷の争点は「あの記事が事実か否か」に収束
するが、あの記事の中の向井少尉の発言とされる処を
読み直せ。

 あの記事が「事実」とすると、向井少尉の発言は、「自供」
とみなせるから処刑されたのだ。          ~~~~~~~~

 だからこそ、最後の最後まで「10日のインタビュー」が問題
になり続けたし、弁護側の論証も「10日にはインタビューが、
物理的に取れない」という事を論証することに集中したのだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 喪前みたいな香具師が居るから、浅海みたいな人間が戦後
も堂々と記者活動が続けられたのだ(百人斬りが騒ぎになった
時の「新井宝男」って香具師と同じような事言ってるぞ、喪前)。

175 :文責・名無しさん:03/06/28 00:12 ID:emXKlZf3
>>174
頭から湯気を立てては
無い脳味噌をもっと絞れ。
>>173氏がアゲてくれたサイトを読め。
それからレスをつけても遅くは無い。
>南京法廷の争点は「あの記事が事実か否か」
喪前は馬鹿の2乗だな。
あの記事のすべてを法廷が事実認定したとでも想定しているのか。
捕虜虐殺や市民虐殺なのか(検察側)、それとも正当な戦闘行為(被告側)かであって、
あの記事が記されたのがどこまで事実を反映しているのか、その解釈が問題視されたのだ。
証拠が他にもあったと>>173でも判事が証言しているだろう。
被告側は他に反駁の余地が無かったから
記事の中での向井少尉発言の真否にこだわったまで。

浜の真砂は尽きるとも世に馬鹿ウヨの種は尽きまじ。

176 :文責・名無しさん:03/06/28 00:31 ID:D9sUVOBm
あれを事実とするなら日本刀で兜割りが物理的に可能であると法廷で立証してくれたまい。
藤岡弘でさえ藁が精一杯なのになあ。

177 :文責・名無しさん:03/06/29 13:20 ID:0s7m1Ffa
>>175
 喪前、本物のヴァカだな(藁
自分で書いていることが最初と最後で矛盾しまくっているのは
何故だ?他の証拠は「証拠としての同一性に乏しい」からこそ、
弁護人が「新聞記事のみにて処刑するのは云々」と言っている
のだ。

178 :文責・名無しさん:03/07/03 09:15 ID:h1/3vWgy
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/kova/1051525033/l50
"100人斬り"将校遺族が毎日・朝日両新聞社提訴

856 :名無しかましてよかですか? :03/07/02 23:15 ID:4/sQ/Eii
朝日・毎日たの主張はこんなところか?

1.両少尉はいわゆる「百人斬り」報道について終戦までの約8年間、一切の抗議をしていない。
2.南京における裁判で両少尉は投降兵殺害で有罪となっている。
3.投降兵殺害を否定する資料は両少尉の遺書のみであり、その遺書の内容も食い違いが有る。そもそも、本人の否定は証拠価値がない。
4.志々目証言。
5.中国での取材でも投降兵殺害証言が得られた。
6.そもそも、現在の出版物では仮名にして遺族に配慮している。

これにどう反論するんだろ。




179 :文責・名無しさん:03/07/03 09:17 ID:qX4BvM9U
百人切れる日本刀か…。
そんな名刀誰が作ったんだろう?ってか作れたのかな?(w

180 :文責・名無しさん:03/07/03 10:52 ID:gKIVwT4z
>>178
3は「本人の発言は証拠価値がない」。
5は「中国人の発言は証拠価値がある」。

これでけ見ても、突っ込み所満載やん。

>>179
オリハルコン製だったと思われ。

181 :文責・名無しさん:03/07/03 18:57 ID:DffCCEmH
未だに百人切りの物理的可能性を否定すれば、
二人の少尉にかけられた容疑が晴れると思ってる人の
頭の中身を覗いてみたいね。

182 :文責・名無しさん:03/07/03 19:12 ID:R1ZvqUYD
>>181
むしろ俺はいつまでも反日であり続ける
お前の頭かち割ってのぞいてみたい。

183 :文責・名無しさん:03/07/04 11:48 ID:wAWraYPa
>>177
>弁護人が「新聞記事のみにて処刑するのは云々」と言っているのだ。
他に証拠があったらしいよ。
ただそれは裁判記録が散逸したから現時点で確認は難しい。
まあ弁護士が勝手に証拠能力を認めなかっただけだろう。
ハヤシマスミよりも、よほど無罪認定が難しかった。


184 :文責・名無しさん:03/07/04 12:07 ID:1IHAr6iY
>183
「・・・らしい」とか「記録書はどっか逝っちゃった」とか「・・・だろう」なんて
いいかげんな言い方しといて、最後の一行で断定でつか?

185 :文責・名無しさん:03/07/05 08:35 ID:t27knTkD
>>181

「物理的可能性」以外に「百人斬り」を肯定できる要素がないんだからね。

186 :文責・名無しさん:03/07/05 11:50 ID:L4tnFm02
>184
だってハヤシマスミは状況証拠以外、一切材料が無いからね。
目撃者証言の有無からして
本件事犯はハヤシマスミよりも、よほど無罪認定が難しかった。

>185
別に少尉たちは「百人斬り」嫌疑が肯定されて処刑されたのではないのだけど。
過去ログなり関連スレなり関連サイトリンクなりエンジン検索なりしちくれ。
複数の市民や捕虜の斬首がマズーだった。
新聞記事で報道されたのが運の尽き。

>>180
たった二つの項目に精一杯の
突っ込み入れただけで後は虚勢で余裕のポーズ。
こういうお人がホロコースト否定論者を兼ねているなら、
まだ可愛げもあるけど、そうじゃないんだろうな。
中国に大勢いる馬鹿が、ドイツと日本にも少数いるのが
2ちゃんでよく見て取れる。

187 :文責・名無しさん:03/07/05 15:36 ID:SA5LW7Sp
はまなすの会の紹介で釧路の今弁護士に債務整理をお願いしました。
夫とはこの件で離婚しました。これまで事務員の方の言いつけを守り、
苦しい家計の中から毎月1万円づつ払って来ましたし、
現在もまだ払い続けています。
私の場合、途中一度も報告はなく、現在の債務がどうなっているのか、
あといくら残っているのか全く判りません。
ところが先日ある金融会社から「全然入金がないので裁判を起します」
という通知。(請求額200万)
腰を抜かしてしまいました。夜も眠れません。
この様に今○美弁護士は、送金をしているのに全く整理をしてくれていない。
依頼者から返済資金として数百万円の送金を受けながら、実際に金融会社のに
解決金として支払ったのは約半分以下に過ぎず、
その差額の半分を着服しているのです。
当然、業務上横領容疑で告訴されましたが、考えられない実態なのです。
自分はせっせと私腹を肥やす事に余念がない!
被害にあった顧客は数十名にのぼっているらしいですから、さらにびっくり
しました。早くこんな弁護士は除名して貰いたい。
なんとか出来ないのですか?
あたかも弱者の応援、正義の味方を装いながら、弱い立場の依頼人を裏切る
不義の弁護士。決して許すことは出来ません。
************************************

188 :文責・名無しさん:03/07/05 15:51 ID:TZI0QufH
>>178
1番は、かなり都合よく解釈している。
抗議はなかったが、あれは事実ではないと証言している。両少尉も。

2番。詳細が明らかでない。
3番。もともと記者は同行していない。事の話は、両少尉から聞いた話を記事にしただけである。
4番。志々目証言は、戦後、ホンカツの「中国の旅」が反響を受けている最中に
書いたもので、尚且つ、学校で聞いたとの事だが他の児童の話が全くなく裏も取れてない。
また、なぜか全校生徒ではなく、一部の生徒にだけ話した事になってる。
5番。中国共産党が用意した証言者である事などを検証すべきである。
6番。そもそも仮名としてるのは、まったく無意味。N少尉と書いてあり、
実名を十分に推測できる。また、それにより現在、中国共産党は実名を
使い記念館で事実である可能性が低いのに晒している。
名誉毀損では、実名が十分に推測できる事で名誉毀損判決もある。

と、まぁ、これだけツッコミどころ満載なんやけど。
まだまだ、あるよ。

189 :文責・名無しさん:03/07/05 15:57 ID:TZI0QufH
>>186
>複数の市民や捕虜の斬首がマズーだった。
>新聞記事で報道されたのが運の尽き。

そう言うなら、立証してくれやw
複数の市民や捕虜を斬殺したってのを。

言っとくが新聞記事がホントの事を書いたって立証できんのか?
つーか浅見が同行したって証拠でもあんの?

190 :180:03/07/05 20:23 ID:d9kTmZQQ
>>186
「これだけ見ても」(うわ、「これでけ」なんて誤字っちまってた・・・)って言ってるだろ。
他にも色々突っ込み所があるってことを読み取ってくれや。
それと、「中国に大勢いる馬鹿」とはどのような連中のことをいうのか説明キボンヌ。

191 :文責・名無しさん:03/07/06 09:21 ID:coiADFdx
>>186
先生!!
先生のご指示どおりに
「過去ログなり関連スレなり関連サイトリンクなりエンジン検索なり」
で探しましたけど、

志々目彰証言

以外のソースは、いくら探しても発見できませんでした。
どうか出来の悪い私に、具体的に参照サイトを教えてプリーズ(はぁと

192 :文責・名無しさん:03/07/06 09:44 ID:coiADFdx
いちおう断っておきますけど、百人斬りの記事を読んで
「これは据え物斬”だろう”」と推量した例なら
いくらでもありました。
そうではなく、当人の証言または両氏の捕虜殺害を”見た”
証言、など、具体的な例を。

言っておきますが、私は捕虜殺害がなかったといっているわけでは
ありません。当時の感覚では、「戦闘行為の延長」としてよくあった
ことです。
それを向井・野田両氏が「行った」という具体的なソースをキボンヌ

193 :名無し:03/07/06 10:14 ID:Rk/aKLNf
>192:捕虜殺害というのは間違っている。捕虜の処刑であろう。
野戦では当然である。それが戦争だ。州ポートと勘違いしている
愚か者がいる。戦場にはルールはない。あるとしたら生存だけだ。


194 :文責・名無しさん:03/07/06 18:54 ID:qJxoequX
まあ日本国政府は
サンフランシスコ講和条約で
連合国の設置した戦犯法廷の判決をすべて
受諾しているからなあ。
中華民国政府でも判決の見直しなり、被告の名誉回復を訴えるか?
それともサンフランシスコ講和条約を破棄するように
日本政府にでも訴えるか?

>>188
>抗議はなかったが、あれは事実ではないと証言している。両少尉も。
終戦までの間にやらなきゃ心証悪すぎるよ。



195 :文責・名無しさん:03/07/06 19:02 ID:Gso14mLr
『はまなすの会』の紹介で、釧路の今弁護士に債務整理をお願い
しました。夫とはこの件で離婚しました。これまで今弁護士の
事務所の方の言いつけを守り、苦しい家計の中から毎月1万円づを
今弁護士指定の口座宛に振込んで来ましたし、現在もまだ払い続けています。
その間、今弁護士からの経過報告は一度もなく、現在の債務状況
がどうなっているのか、あといくら残っているのか全く判りません。
ところが先日、ある金融会社から「全然入金がないので裁判を起し
ます」という通知(請求額200万)が来て腰を抜かしてしまい
ました。夜も眠れません。
今○美弁護士は、私が骨身を削る思いで送金をしているというのに
全く整理をしてくれていない事が判ったからです。。
つまり今弁護士は私のような依頼者から返済資金として数百万円の送金を
受けながら、実際に金融会社への解決金として支払ったのは約半分以下に
過ぎません。差額の半分は一体どうなったので
しょうか?私の頭の中で『今弁護士が着服しているのでは?』
という疑念が次第に大きくなって来た時、『業務上横領容疑』で
今弁護士に対する告訴状が釧路地方検察庁に提出され、弁護士会にも
今弁護士への懲戒請求が出されている事を知りました。
考えられない実態なのです。(自分はせっせと私腹を肥やす事に
余念がないのに!)
更に驚いた事は、私と同様の被害にあった債務者が多数いるという事です。
今弁護士のやっている事は借金で悩む私達に言葉巧みに近づきカモになる
と思えば、その生血を吸う悪らつ非道な吸血鬼と同じです。
こんな弁護士は市民の敵です。一刻も早く除名し、厳正な法の裁きを
して貰いたい。なんとか出来ないものですか?
あたかも弱者の応援、正義の味方を装いながら、弱い立場の依頼人を裏切る
不義の弁護士。決して許すことは出来ません。

**********************************************************************



196 :文責・名無しさん:03/07/06 19:07 ID:Kn1q+YZ0
今から名誉回復するしかないだろう。

ガリレオ・ガリレイだってつい最近名誉回復されたんだし。

http://forum.nifty.com/ffortune/fortune/astro/hist.htm

1989年って、マジかよ…。

こんなのも見つけた。
http://www.bh.wakwak.com/~gensougarou/gallery/1_japanese/69.html

>> もっとも、ローマ法王庁が「地動説は正しかった」と認めたのはなんと1983年、
>>「人類の祖先はアダムとイブでなく、サルであった」と認めたのは1996年の
>>ことなんですよね。魔女狩りについての謝罪は、あと5000年は待たないとだめみたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・。    まあ、気長かつあわててがんばろうや。日本の名誉を回復するために。

197 :文責・名無しさん:03/07/06 20:26 ID:pBEiuKWt
この問題を取り上げた山本が、両被告の裁判記録や手紙を読んで
「絶望のふちに立たされても、人間には言葉がある。
言葉をつむいでいこう。そうすれば見も知らぬ未来の人たちが、
名誉を回復してくれるかもしれない」と励ましていたね。

彼は1991年に亡くなった。今度は漏れたちが処刑された彼らの
「言葉」を受け取る義務がある。

198 :文責・名無しさん:03/07/07 13:59 ID:KibXox8S
>>158
すげえ藁たよ。
帝国陸軍士官が「貴様」の代わりに
「貴公」なんて大時代な言葉を使うとか
ほざいてた馬鹿。
すぐばれる嘘ついてミットモナイたら
ありゃしない。

199 :文責・名無しさん:03/07/08 08:57 ID:reTLaZ8e
さて裁判がはじまった。
毎日「これは虐殺ではなく、武勇伝を報道したものです。だから名誉毀損ではない」
って、もう少しよそと足並みをそろえてあげなさい(w

200 :文責・名無しさん:03/07/09 17:25 ID:4zuDEbK3
    ∧_∧  
   (;-@∀@)<うちはイニシャルしか出してないしさ、見逃してよ、ね?

    ∧_∧  
   (;毎∀毎)<うちは66年も前の話だしさ、カンベンしてよ、ね?

    ∧_∧  
   (#■Д■)<げんに時代劇では刀で何十人も斬ってるじゃないか!!

201 :文責・名無しさん:03/07/10 18:07 ID:g+w5k7PP
>>199
毎日の報道が虚像の英雄をでっち上げ、
朝日の報道が日本政府も承認した南京法廷の判決趣旨に沿って証言を発掘した。
なんで足並みをそろえなくてはならないのか理解に苦しむ。
というより一緒に訴えられるのがより理解に苦しむ。


202 :文責・名無しさん:03/07/10 18:51 ID:usxy+hsQ
>>188
論点ずらしまくり。
ミットモナイ。

203 :文責・名無しさん:03/07/10 18:59 ID:usxy+hsQ
>>177
>自分で書いていることが最初と最後で矛盾しまくっているのは
 何故だ?
どこがやねん。
突っ込みもろく入れられないヴァカか?

204 :文責・名無しさん:03/07/10 23:37 ID:B5JBNVj6
もまえも>>202で「突っ込みもろく(に)入れられないヴァカ」を晒しているわけだが。

205 :文責・名無しさん:03/07/11 00:03 ID:a/Qywhcj
>>204
ではお言葉に甘えて
まず一番。
>>178
>>1.両少尉はいわゆる「百人斬り」報道について終戦までの約8年間、一切の抗議をしていない。
に対して
>>188
>1番は、かなり都合よく解釈している。
 抗議はなかったが、あれは事実ではないと証言している。両少尉も。
裁判にかけられた後での証言でフォローできるの?
お馬鹿たん(激藁

206 :文責・名無しさん:03/07/11 00:57 ID:bTm3Y4A6
>>205
>裁判にかけられた後での証言でフォローできるの?

裁判中でも記事がまったくのデタラメと言っている。
つーか浅見本人が真実を口にせず姿を一時くらませてる。
ついでに東京裁判では、両少尉も証拠不充分で無起訴処分。

裁判に掛けられた後での証言と言ってるのは、事実ではない。

馬鹿と罵倒する前に事実関係を理解しましょう。

207 :文責・名無しさん:03/07/11 00:59 ID:bTm3Y4A6
>>202
なにが論点をずらしてるのか言わないとね。

208 :文責・名無しさん:03/07/11 01:55 ID:a/Qywhcj
>>206
>裁判中でも記事がまったくのデタラメと言っている。
被告なら、そりゃそう言うだろうよ。
被告の証言の証拠能力なんて、単独ではゼロに等しいけどね。

>裁判に掛けられた後での証言と言ってるのは、事実ではない。
君は日本語の理解力が足らないから、
揚げ足鳥しかできないようだな。
裁判中も含めた表現なんだが、それとも意図的に誤魔化しているのか?
くだらん。

両少尉はいわゆる「百人斬り」報道について終戦までの約8年間、一切の抗議をしていない。
この事実をひとまず素直に認めなさい。
認めなくないから君は論点をずらすのだ。
ドドメ証言を持ち出したくても持ち出せない辛さは理解できるが。



209 :文責・名無しさん:03/07/11 01:59 ID:a/Qywhcj
えっと揚げ足鳥の前に修正ね。
>被告の証言の証拠能力なんて、単独ではゼロに等しいけどね。
被告の無罪を実証する文脈についてのね。

210 :文責・名無しさん:03/07/11 02:11 ID:bTm3Y4A6
>>208
>両少尉はいわゆる「百人斬り」報道について終戦までの約8年間、一切の抗議をしていない。
>この事実をひとまず素直に認めなさい。

まず、この点での君の言い訳の為に認めるつもりはない。
両少尉にとって裁判前は、抗議する理由があるのかな?
本人達は、「事実ではなく戯言」との認識があるわけだから捨てておいた
が事実だろう。しかし、その大嘘記事が自分たちを死刑にするかもしれない
状態だからこそあれは事実ではないと言っている訳だから裁判で否定してる。

第一、8年間の間でその記事を抗議していないと、もしくは事実として
認識していたとの君の認識は、"戦後の本多勝一の書いた「中国の旅」が
脚光を浴び出した後の志々目証言"を根拠としているなわけだよね。

>>188で志々目証言の信憑性の無さは書いている。無視ですか?
だいたい、志々目は、証言をどこで何時書いてるかご存知ですか?
それだけでも君の言うところの証拠能力はまったくないんだがね。

>君は日本語の理解力が足らないから、揚げ足鳥しかできないようだな。

罵倒じみた発言しかできないようだね。君は。
誤魔化してるのは、どちらかな?


211 :文責・名無しさん:03/07/11 02:18 ID:bTm3Y4A6
>>209
>えっと揚げ足鳥の前に修正ね。
>>被告の証言の証拠能力なんて、単独ではゼロに等しいけどね。
>被告の無罪を実証する文脈についてのね。

必死ですね。
被告の証言自体は、証拠能力0と言いますが両被告の一致している点は
記事がまったくの作り話(話が食い違う部分はあるにしても
事実だったとは言ってない。)であると言ってること。
また、両少尉の立場と物理的状況証拠からしても記事自体になんら根拠
があるとは言えませんが。

と言いますか、浅見記者が同行なり、事実であるとの話をしてるまたは
証拠資料などありますか?

また、志々目証言の"戦後の証言"に証拠能力があると言うのでしょうか?

212 :文責・名無しさん:03/07/11 02:28 ID:KyhYqq5L
>>208
>両少尉はいわゆる「百人斬り」報道について終戦までの約8年
>間、一切の抗議をしていない。
だから何?なんで、抗議するのも名折れでしかない大ヨタ記事な
んぞに一々抗議なんてしなきゃならんのかね?

東スポのガセネタもどきの記事に、抗議しないで放置しておいた
ら、数年後に、その記事だけを証拠に死刑宣告うけても文句は言
えんなんぞという道理がどこにあるんだ?もまえの脳味噌の中以
外に。

>>209
>被告の無罪を実証する文脈についてのね
どこ国の刑事裁判で、“被告”が“自分”の無罪を実証しなきゃ
ならんのだ?半島ではそうなのか?“検察”が被告の有罪を実証
するのがスジだろうが

この事件について、まったくの無知な厨房のくせしていいかげん
なことかくな。

213 :文責・名無しさん:03/07/11 02:32 ID:he9XT1EV
毎日はホント、嘘が多い
突き落とし事件も13歳とか書いてあったし

214 :文責・名無しさん:03/07/11 06:52 ID:rRRoDDdY
>>208的論理

きちんとした広報官も大使館もあったイラク政府が、日本で100万部以上も
販売されていた東京スポーツで「フセイン、インキン大作戦」と書かれても
抗議をしていない。
この事実を認めなさい。
「インキン大作戦」は存在していたのだ

215 :文責・名無しさん:03/07/11 07:37 ID:wt5GTnT1
本多は以前ゴーマニズム宣言の対談のとき、「間違った事書いたら謝ればいい」
とか言ってたがやってる事は180度別じゃん。


216 :文責・名無しさん:03/07/12 01:43 ID:2DsrtYX8
>>210
>両少尉にとって裁判前は、抗議する理由があるのかな?
 本人達は、「事実ではなく戯言」との認識があるわけだから捨てておいた
 が事実だろう。
あれは事実と異なるという意思表明が問題視される前に存在しないと
法廷で裁判官の心証面に問題が出てくるよ。
本人が予め否定していたという、第三者の証言があれば別だが。
利益を得ている間は完全に不問に付すのは
ご都合主義に過ぎると思われてしまう。
もちろん過去ログ読めば白兵戦で百人も殺すなんてありえないのは
誰でも当然の話とみなすだろうが。
もしかして君はなんか私の立場を誤解しているのかもしれないな。


217 :文責・名無しさん:03/07/12 01:44 ID:2DsrtYX8
>>210
>だいたい、志々目は、証言をどこで何時書いてるかご存知ですか?
 それだけでも君の言うところの証拠能力はまったくないんだがね。
朝日の連載記事を見たのがきっかけで思い出したんだろう?
確かに百人斬りの英雄が自らの英雄像をぶち壊したのだから幼心にショックで記憶に残ったのも無理は無い。
これから小学校の卒業を控えた人たちだけに少尉の講演を聞かせたという状況もよく理解できる。
三年生だけに聞かせたというなら、信憑性に疑問も生じるかもしれないが。

218 :文責・名無しさん:03/07/12 01:45 ID:2DsrtYX8
>>212
>どこ国の刑事裁判で、“被告”が“自分”の無罪を実証しなきゃ
 ならんのだ?
「実証」じゃなくて「主張」するという事だな。
表現たがえてスマソ。これまでの君のスタンスからして悪意で解釈されるのは仕方ないな。
でも何で半島が出てくるのか訳がわからん。
火病みたいな文章だけど在日ウヨチョン認定なんかしないよ。馬鹿らしい。
身元判断は推定無罪の原則で行きましょうや。

>>214
そんな報道は別に日本国内に住んでいた訳でもない「被告フセイン」の利害関係に抵触してないからな。
訴訟問題に発展する余地はないし、これからも無い。
よって却下。
あともしかして君はなんか私の立場を誤解しているのかもしれないな。

219 :文責・名無しさん:03/07/12 01:51 ID:+mP+gT3u
>>218
喪前、真性のヴァカだな(嘲藁

何処を指して言ってるか判らない位の知性だから、ヒント位やろうか。

……自分のカキコ位推敲しろや(劇藁

220 :文責・名無しさん:03/07/12 02:12 ID:sU18Wm9q
>そんな報道は別に日本国内に住んでいた訳でもない「被告フセイン」の
>利害関係に抵触してないからな

ハァ?
これってフセイン氏が元首を務める、当時のイラク国家の生物兵器作戦を
すっぱ抜いた(笑)「スクープ」だぜ。フセインが日本に住んでようが
住んでなかろうが、ぜんぜん関係ないやろが。

221 :文責・名無しさん:03/07/12 03:30 ID:hZCfkzal
>>216
>もしかして君はなんか私の立場を誤解しているのかもしれないな。

と言いますか。
事実ではない話で遺族がいまだに傷つけられ、訂正もなく、名誉を
傷つけられている点が大きな問題で、それを無視するのは司法の
する事ではないね。

222 :文責・名無しさん:03/07/12 03:31 ID:hZCfkzal
>>221の続き
>それだけでも君の言うところの証拠能力はまったくないんだがね。
>朝日の連載記事を見たのがきっかけで思い出したんだろう?

何を言っておられるのでしょうか?
志々目氏の発言は、もとから裁判中に出てきたものでもなく、戦後
突然に出てきたもので、尚且つ、ホンカツの「中国の旅」が脚光を
浴びだした最中に書かれ、尚且つ、書いたところが中国の雑誌だった
ってところが大いのですが。
証言としてもまったく信憑性もなく、尚且つ、裏もとられてもいない。
勘違いかもしくは、捏造の可能性があると言う事です。
詳しくは、>>188に書いてるので参照のこと。

第一、志々目氏はまったく証言としての価値などあると言えない。

>これから小学校の卒業を控えた人たちだけに少尉の講演を聞かせたという状況もよく理解できる。

通常は、ありえない。
学校の卒業生で英雄をナゼに全校生徒の前で講演しなかったのか?
ナゼに一部にしか話をしなかったのか?
第一、卒業生とは書いてなく、上級生としか書いていない。
それに戦後、何十年もたってそこまで詳細に記憶している事自体不自然。
もっとも大きな事は、同級生の裏がまったく取れていないってこと。

志々目氏の発言は、良く提示されるが実は抜粋されているものが殆どで
それを詳細に何処で書かれ、いつ書かれて、どのような人物が書いている
のか実体が判っていないで、資料として一人歩きしている。
検証したら非常に不自然であやしいものである事は容易にわかる。

223 :山崎 渉:03/07/12 08:37 ID:y4ki9Jc7

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

224 :文責・名無しさん:03/07/12 09:16 ID:1PzZL4Ct
戦後、天声人語の執筆者になった某大物記者は戦時中、「行軍中、頭を狙撃された
兵士が不屈の大和魂で歩き続け、目的地に到着してはじめて息絶えた」なんて
ホラー記事を書いてる(そんな奴に天声人語やらせるなんて、反省がねー(笑))。

当時の「戦意高揚」記事なんて、書くほうも受け取るほうも”暗黙の了解”があり
常識でありえない根も葉もないストーリーが掲載されてたという証拠だね。

もちろん、この朝日記者が遺族から抗議されたりなんてことはなし。

225 :文責・名無しさん:03/07/13 00:43 ID:iQQiQX5a
>>216
だからこそ、>>1に逝き付くわけだよ。

226 :なまえをいれてください:03/07/15 14:12 ID:ppslvhfz
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

227 :山崎 渉:03/07/15 14:46 ID:MHb0X5Q4

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

228 :文責・名無しさん:03/07/27 09:22 ID:12Oq/OlB
age

229 :山崎 渉:03/08/02 00:02 ID:KMBKJH0M
(^^)

230 :ぼるじょあ ◆ySd1dMH5Gk :03/08/06 15:44 ID:0aEQCL6s
       ■■■■■■■■
      ■■■■■■■■■
     ■■■■√ === │
    ■■■■√ 彡    ミ │
    ■■■√   ━    ━ \
    ■■■  ∵   (●  ●)∴│
    ■■■    丿■■■(  │
    ■■■     ■ 3 ■  │
    ■■■■   ■■ ■■ ■
    ■■■■■■■■■■■■
    ■■■■■■■■■■■■
     ■■■■■■■■■■■
        /⌒ - - ⌒\
      /⌒\ ・  ・ /⌒\
     /     \∩/     \
   /\/⊃   ∞'   ⊂\/\
  /  /   \_)*(_/   \  \
 |_/                 \_|

231 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/08/06 15:44 ID:dfS+y0L+
        ,,,--─===─ヽ/へ
      /iiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡|≡ヾ ヽ
     iiiiiiiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡≡|≡ミミヾ丶
    iiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ミiiiiiヽ
   iiiiiiiiiiiiiiiiii/             \iiiiiiiゞ
   iiiiiiiiiiii/                \iiヽ
  iiiiiiiiiiiiiii《    ━━━'/  ヽ━━━ ヽミヽ
 ...iiiiiiiiii彡/      __,.::  :: __  ヽiiiii|
 ..iiiiiiiiiiiii》|             :::      |iiiii|
 iiiiiiiiiiiiiiii|,                     |iii|
..iiiiiiiiiiiiiiiiii,         ( ● ● )      .|iiii|
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii       》━━━━《       |iiiii|
iiiiiiiiiiiiiii《《《ヽ     》 / ̄ ̄\ 《     |iiiiiiii|
iiiiiiiii《《《《《《《《    《《 \ ̄ ̄/ 》》   |iiiiiiiiiii|
iiiiiiiiiiii《《《《《《《《《《《 》》   ̄ ̄  《《 》》》》》iiiii|
iiiiiiiiii《《《《《《《《《《《《《《《《《《《《》》》》》》》》》》》》》》iii|
iiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》》》IIII
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》iiiiiii

232 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

233 :文責・名無しさん:03/08/07 11:00 ID:f9KaDKDf
産経中傷糞スレ上げ荒らしもねつ造は大好きのようだ

234 :文責・名無しさん:03/08/13 23:34 ID:e6DLphxj
明後日、このスレが必要になる可能性あり。
上げときまつ。

235 :文責・名無しさん:03/08/18 10:46 ID:+xrM5bVJ
ブサヨクは当時のマスコミの戦争犯罪はまず取り上げないよな

236 :文責・名無しさん:03/08/28 03:06 ID:uYC47DMj
諸君の9月号に載ってた向井さんの手記を読みました。

なんか、泣けてきたな。

237 :文責・名無しさん:03/09/10 20:06 ID:R6rR9if5
ABCはこういう香具師の戦時中のねつ造で今もなお被害に遭ってる人には後ろ指刺しながら、
罵倒してるんだろうな。

238 :文責・名無しさん:03/09/18 00:52 ID:vhSHgurJ
>>235
そんなことないよ。

とりわけ、おぞましいのは、「百人斬り競争」として知られる、
日本軍の2人の陸軍少尉と、それをたたえる日本の新聞です。
「百人斬り大接戦」とか「百人斬り超記録」とか、当時の日本の新聞が、
こぞってこのような「武勇」を書き立て、日本軍の中国侵略をあおり立てていたのです。
実際は白兵戦における「武勇」ではなく、無抵抗の捕虜や市民の首を斬ったのです。
まさに国際法に違反する殺人行為です。
ましてや、2万人にのぼる女性が子どもから高齢者まで日本軍に乱暴されたのですから、
文字通りこの世の地獄だったのです。
日本の新聞社の特派員はこれを見ていたはずですが、まったく国民には知らされませんでした。
http://www.ne.jp/asahi/family/news/opinion/nankin.htm




239 : :03/09/19 01:02 ID:BkU8+Aj8
本田勝一郎さんを支援しよう!
http://www.freeml.com/message/chance-action@freeml.com/0005391

 皆さんもすでにご存知のとおり、いま、ジャーナリストの本多勝一さんが
「名誉毀損」という名目で訴えられています。(詳細は季刊『中帰連』26号
に梶村太一郎さんが、月刊『あれこれ』に星徹さんが書いています。)
 歴史の事実を直視したくない人々は、今回の裁判にそうとうの気合いを
いれて取り組んでいます(末尾リンク集参照)。いっぽう、本多勝一さんを
支援する流れはまだまだ作られていません。

 私事ながら、「百人斬り」については以前から資料を集めてきまして、
新資料を発掘したり、関係者にインタビューを行ってくるなどしてきました。
そのうえで、今回、本多さんにかけられている「名誉毀損」との訴えは成立
しないことを断言できます。

 今の段階で、私たちにできることとして考えつくことは、、、、

1.傍聴に参加し、報告集会を開催する。
2.本多さんと本多さん側弁護団と連絡を取り合う。
3.関連資料を発掘する。
4.WEBサイトを立ち上げる。
5.メールニュースを創設する。
6.呼びかけ人を募って声明を出す。
7.とにかく各所で宣伝する。(メールを転送する・サイトへリンクを貼るなど)

 などなど。できることは、もっとあると思います。智恵を寄せ合いましょう。


240 :文責・名無しさん:03/10/15 10:58 ID:3ZpealGW
>>239
何か、恥を更にさらしてるよな、ブサヨク


241 :文責・名無しさん:03/10/24 21:15 ID:0u1dxRuK
age


242 :恥を更にさらしてるブサヨク は卑怯極まりない犯罪者である。:03/10/24 21:20 ID:P5Jjkt6a
宅間守以下の卑怯極まりない犯罪者 :03/08/23 13:40 ID:kfWat4ew
310万人の日本人と2000万とも3000万とも言われるアジアの人間が殺された。
彼ら一人ひとりの死の瞬間とその死体を想像してみれば
あの戦争がいかに残虐な犯罪であったかがわかるだろう。
日本人であろうと他のアジアの人たちであろうと、
そのような骸となって人生を閉じるために生まれた者など誰一人いはしない。
我われがどう庇(かば)おうが靖国に祀られた兵士たちが
侵略強盗殺人の犯罪人であることから逃れることは出来ない。
家族を嬲り殺しにされたアジアの被害者からみれば、靖国の英霊たちは
池田小学校殺人の犯人宅間守以下の卑怯極まりない犯罪者である。
http://contest.thinkquest.jp/tqj2002/50381/kotabaru.htm
http://hayawasa.tripod.com/asia02.htm
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/1704/sonota1/link1.htm
50年経とうが70年経とうが、日本皇軍兵士という人殺しとその共犯者が、
家族を殺された被害者の怒りから解き放たれることはない。
だからこそ、その怒りと怨みの記憶に世界は今なお妥当性を与え続けるのだ。
■米司法省は1996年12月、第2次大戦中に非人道的行為をしたとして、
731部隊関係者と「慰安所」の運営に関与していた旧日本軍出身の
日本人16人を管理リストに載せ、入国を禁じた。
■韓国が戦犯25人を入国禁止・2001年8月17日
韓国政府が日本の植民地時代中に虐殺や虐待を行ったとして、日本人戦犯25人を
永久に入国禁止にしたことを明らかにした。韓国では97年に出入国管理法が
改正されて、戦犯などの入国禁止条項が新設された。それ以後、
東京裁判などでの戦犯から入国禁止の対象者を選別している。




243 :強盗校長が闊歩している。:03/11/02 22:01 ID:Xbd4krQp
この事件は報道されていません。
 それをよいことに教育委員会も校長を処分しません。
被害者先生のサイト
 http://mtsuji.com
 事件究明を求める署名サイト
 http://chiba_273.at.infoseek.co.jp/
 学校への抗議メール
 http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/8362/index.html
 事件担当の文部科学省官僚へのサイト
 http://chiba_273.at.infoseek.co.jp/tanaka/index.html
校長のいた学校のサイト
 http://www.mie-c.ed.jp/sbmie/

244 :文責・名無しさん:03/11/02 22:07 ID:wP+WpfXk
だれか潰して!!ここを!
www.ne.jp/asahi/family/news/opinion/nankin.htm

よくある馬鹿サヨページだが、腹がたってしゃーない。

>>「日本と同じくファシズムが支配したドイツは、戦争責任を明らかにして時効を認めず、
個人の被害についても補償するということをはっきりさせています。」

日本と同じくファシズムが・・・・。おいおい!戦時体制とほんまもんを一緒くたに・・・。
この一文にピンときたり、カチンと来た人!!
荒らし推奨でヨロシコ!!

245 :文責・名無しさん:03/11/07 01:22 ID:6HU52Jk5
たって

246 :文責・名無しさん:03/11/12 03:05 ID:8TRW17g0
TBSの字幕ミス問題、石原都知事が刑事告訴へ

 TBSが今月2日に放送した情報番組「サンデーモーニング」で、東京都の石原慎太郎知事の発言の一部について
字幕を誤って放送した問題で、同知事は11日、「悪質なねつ造の意図を感じざるを得ない。私の信頼を失墜させるもので、
知事の職務遂行に重大な支障をきたす」などとして、名誉棄損などの容疑で警視庁に刑事告訴する方針を明らかにした。
 問題となっているのは、石原知事が先月、都内の講演で1910年の日韓併合を、「100%正当化するつもりはない」
と発言したが、番組の字幕では、「正当化するつもりだ」として紹介された点。TBSでは今月9日放送の同じ番組で誤りを認め、
謝罪している。

 石原知事はこの講演で、日韓併合を「彼ら(朝鮮人)がロシアなどと比較した上で日本を選んだ」など発言。これに対し
韓国政府が「遺憾の意」を表明、在日本大韓民国民団、在日本朝鮮人総連合会などの団体からも抗議が相次いでいる。

 TBS広報部の話「誤りがあったことは事実。石原知事、視聴者の皆様におわび申し上げます。恣意的に映像、
音声を編集した、ねつ造放送はしていない」
http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20031111i314.htm

247 :文責・名無しさん:03/11/25 19:10 ID:Ek04KDXQ
【まとめ・第2.5版】

1.TBSサンデーモーニングで石原氏の発言を誤報

2.2chで捏造と主張する発言が急増する。まとめページを嫌韓ページと断ずる者も現れいつもの2chのお祭りへ・・・・・百花繚乱

◎2chニュース+板での発言は極めて膨大だが、実は激しい嫌韓差別発言と石原支持者への根拠のない誹謗中傷及びそのコピーが半数。
どちらも一般人には強い嫌悪感をもたらす見るに堪えぬものでしかない。
抗議デモの企画は参加者少数で中止。抗議メール電話は局だけでなくスポンサー等にも問題の浸透を目的に行われた模様。
「こんな感じで気がつくと40分も担当者をいたぶってた。抗議電話はいつしても面白い」 との発言まで。工作員と思われる。
丸紅への集団たかりといい、マスコミの尻馬に乗っかり気分で自国の総理を貶める一部の動きと言い、現マスコミの言う「善良な市民」の実態がまさにこれ。

3.TBS、ホームページや番組放送中にミスを認め謝罪。故意は明確に否定。放送法の規定を念頭に置いた対応。

4.報道各社はミス・誤報と報道

5.石原氏が「発言を捏造された」と抗議文。11/11に記者会見。
Web上で毎日が、記者会見場で文藝春秋が、捏造見解に同調。

◎1、3を見る限りTBSとしては単純ミスと言うしかない。逆に2では膨大なコピペにもかかわらず見事にオリジナル発言には捏造とみなすものが多数でTBSの無理が目立つのみ。
石原氏の場合、曽我さんの母親に関する失言など問題を端的に現しすぎるきらいがあり、今回も氏がいかにも言いそうなことにしようとして不適切にカットしたVがもとになり、テロップ等につき致命的判断ミスが行われたと思われる。
生番組出演者もこれではTBSの思惑通りに動かされていると思っても仕方ない。

◎なお、音声処理や番組の論調を故意の証拠とする者がいるが、音声処理は故意に行われるものであることは当然であり、処理の存在そのものが故意を証拠づける。
TBSの番組が石原氏に対して批判的だったことも、TBSの報道である以上当たり前でしかなく故意を推定させる。

◎率直に言って故意の証拠を求めるまでもなく、これは捏造を単純ミスに置き換えたTBSの見苦しいあがきと見ざるを得ない。
会見により世間にも2ch騒動と同様な感想を持つ人間が多いことも明らかになった。

248 :文責・名無しさん:03/11/26 00:41 ID:zyc83btY
だって、故意の捏造しかありえないよね、10月30日の発言を、11月2日に、過失で間違えるか?
毎日新聞のホームページで調べたら、29日だったわけだが、そこに正当化するつもりは無いと、書いてある。

テロップを作り間違えたと、主張したいのなら、なぜわざわざ正当化するつもりはないという部分のテロップを作る必要があったのかを、説明すべきだな。



249 :文責・名無しさん:03/11/26 01:03 ID:I/T5nzbs
それにさ、日本刀をバリバリ使ってバッタバッタと切り殺しまくったとして
その後のメンテナンスの事を考えれは、そんなメンドクサイ物を使用しないわな。

250 :文責・名無しさん:03/11/26 01:25 ID:rA/g9pvw
                  /
            ,. 、       /   /
          ,.〃´ヾ.、  /  /
        / |l     ',  / /  右翼団体構成員よ
. ,、     ,r'´  ||--‐r、 ',      右翼宣伝は止めなさい!!
. l.l. ,..ィ'´    l',  '.j '.
  'r '´          ',.r '´ !|  \
  l!     ....:.:.:.:.:.:ヽ、   ,l    \
  ゝ、.,_ ---‐‐‐----ゝ、ノ
.  .| |
   | |
   | |
   | |
    | |
    | |   

251 :文責・名無しさん:03/11/26 02:26 ID:GBo3hCaD
最近、「南京への道」読んだのですが、面白いですね。
志々目氏のいう「『ニーライライ』とよびかけるとシナ兵はバカだから…」てのは
親父が高校の頃、元大尉を名乗る剣道の教師からよく似た事を聞かされたそうで信じてます。
親父の姉も別の先生から聞かされたそうだが…。

ニーライライと呼びかけると寄ってくる中国人が居る一方、
日本人を日本鬼子と呼び逃げる中国人が居たり面白い本でした。
一番面白かったのは著者注の
>「逃げれる」「食べれる」「見れる」は誤りで「逃げられる」
>「食べられる」等とすべきだという説があるが、
>「られる」は受け身、「れる」は可能とはっきり区別して母語
>としている地域が多く、しかもこの方が理論的であり、
>「母語には原理的に(文法的な)まちがいはあり得ない」
>(田中克彦『言葉と国家』一五八ページ)。
(朝日文庫/本多勝一『南京への道』三六八項)
でしたかね。

あと疑問なんですが、曲がった刀を膝に押し当てて修正することは可能なのでしょうか?

252 :文責・名無しさん:03/12/10 16:07 ID:khD7IkvD
浅見一男と本多勝一は万死に値するな

253 :文責・名無しさん:03/12/10 16:16 ID:tFkQaUr0
この件は裁判になってるよね?
判決がでるのはいつごろなんだろう?

254 :文責・名無しさん:03/12/10 17:05 ID:Ckk9be5t
>>252
もうガンコになって、自分に対する批判はいっさい聞く耳もってないよね。
浅見は知らないけど、本多は最悪。若い頃の自分を叱りたい(笑)。

255 :文責・名無しさん:03/12/30 23:59 ID:Y1jmz7Oe


256 :文責・名無しさん:03/12/31 00:36 ID:jklju18z
>>250
えーと、言論弾圧すか?

257 :k:03/12/31 21:57 ID:1cLjhB8U
浅見の記事では相手が中国兵。本多の記事では相手は民間人になっている。
日日では戦意高揚のプロパガンダ、朝日では…。
戦闘では後方から援護する砲兵部隊の指揮官と副官だった二人が
白兵戦をするためには、日本軍がほぼ壊滅する負け戦のはずです。
彼らが100人切りできるはずがありません。

258 :文責・名無しさん:04/01/25 16:06 ID:+FTTYXG2
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! キャハ☆(^ゝ^)

石原東京都知事が勝訴 拉致問題での批判は適法

 東京都の石原慎太郎知事が書いた北朝鮮による拉致被害者をめぐる論説記事で、名誉を傷つけられたとして、
中山正暉元建設相が石原知事に1000万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は13日、請求を棄却した。
 浅香紀久雄裁判長は判決で「発言内容はおおむね真実。政治家が政治的問題に関して発言をした場合は、
真意にかかわらず批判や評価を受けるべきで、記事は適法だ」と述べた。
 判決によると、石原知事は2002年4月8日付の産経新聞朝刊の連載論説記事で、
中山元建設相が拉致被害者の元神戸外大生有本恵子さん=失跡当時(23)=の両親に
「日本人が日本人をさらったのだから北朝鮮は関係ない」と電話したことについて
「何をもくろんだのか、被害者の家族へのどう喝か、それとも加害者たるテロ国家への気配りか」などと批判した。
(共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040113-00000133-kyodo-soci

259 :文責・名無しさん:04/01/27 12:22 ID:HF6/Kh9+
この糞記者の子孫もプロ市民なんだろうか?

260 :無名人:04/01/27 12:43 ID:90FLgGoA
>>252
この浅海ってやつ、戦時中はあれだけ戦意昂揚のヨタ記事を書いておいて、戦後は日中友好の旗振りをやった、中国べったりのオベンチャラ野郎だった。
向井、野田両家は、許しがたいであろうこと、想像するに余りある。

これに比べれば、本多勝一などは、単に朝日新聞のサヨク、その辺によくいるやつだよ。


261 :文責・名無しさん:04/01/27 13:35 ID:Li+RUd8F
浅見一男の動機はなんだったんだろう?
金?それとも脅されていた?

262 :文責・名無しさん:04/01/27 15:43 ID:nUqOI+eT
>>261
「大阪に比べると一割低いボーナス」の為に特ダネが欲しかったから。

263 :無名人:04/01/27 19:10 ID:+kcpDrDU
>>260
浅見か浅海か。どちらが正解か、だれか調べてくれ

264 :文責・名無しさん:04/01/27 20:22 ID:tjWp84Yz
本多勝一出てこーい何処に隠れているんじゃこのアホ
しょうもないケチケチした雑誌になんかで小出しにしないでこの際全部吐き出せヤ
どっちにしても【地獄】行きだがな

265 :文責・名無しさん:04/02/06 23:17 ID:SuE6rwJH
本多氏に釈明を求めたいね

266 :k:04/02/11 08:38 ID:SG9Bh2Sf
現在も続いている最悪の人権侵害ですね。本人だけでは飽き足らず、
その子孫親戚縁者まで人権を侵されている。
朝日も毎日もあれだけ中国や朝鮮に平身低頭できるんだからこれから
50年間、向井さんや野田さんの遺族に謝罪し、支援し続ければ。

267 :k:04/03/01 22:33 ID:HS50XWtg
朝日信者はこの最悪の人権侵害をどう受け止めるのか。
ソ連や中国の大量処刑には目をつぶり、アメリカのスラムを批判できるような
人たちだからな。人命よりもイデオロギー、自分たちの主張が大事なんだよな。
だから朝日の多大な人権侵害に目をつぶって産経叩きできるんだよな。

268 :文責・名無しさん:04/03/14 11:01 ID:N0xxVCE/
消防のころ道徳の時間に中国の旅読まされた。
・人肉鍋をつつきあう日本兵
・おっさん3人をいっぺんに持ち上げられる(それも辮髪つかんで)日本兵
・百人斬れる日本刀
・ダイナマイト並の破壊力を持つ手榴弾
・上は80の婆さんまで強姦(こんな内容の文章もしっかり読まされた)
ツッコミどころ満載で笑った記憶がある

でも「日本人に生まれたことが嫌になった」「原爆落とされて当然だ」
「こんなことを命令しておいて何でまだ天皇なんかいるの」
という旨の感想文書いた香具師もいたなあ
死ね日教組

269 :文責・名無しさん :04/03/14 12:42 ID:Sf8IZNKb
「ネット内左翼」の活動は最近、2チャンネルでめにつきます。
真性(引きこもり)と仮面の二種類がいます。仮面の方は
ともかくめだつのが目的なのです。大勢にさからうのがいきがいです。
あおり行為を繰り返しています。
概して書くものが幼稚です。社会的経験の不足が滲みでいます。

真性は日本の社会からおちこぼれたことで、日本に対する強い恨みを
もっていることがわかります。当然、「ネット内右翼」になるはずも
ありません。「引きこもり」→「ネット内左翼」というのは自然な流れです。
例外なく書くものが幼稚です。社会的経験が皆無です。
ともにいやがらせの域をこえていません。

左翼でもまともな人は勿論大勢いますが、引きこもり左翼との
違いは、書くものをみれば一目でわかりません。



270 :文責・名無しさん:04/04/08 17:19 ID:6MaOMzz/
こいつが嘘つきであることを白日の下に晒さないといけないな。

271 :文責・名無しさん:04/04/20 16:29 ID:VowfTwof
昨日裁判があったんだな。
西村幸祐氏の日記から。
http://www4.diary.ne.jp/user/401628/

辞世  大日本帝国陸軍少尉 向井敏明

我は天地神明に誓い
捕虜住民を殺害せること全然なし
南京虐殺事件等の罪は
絶対に受けません
死は天命と思い日本男士として
立派に中国の土となります
然れども魂は大八州島に帰ります
我が死を以て中国抗戦八年の
苦杯の遺恨流れ去り
日華親善東洋平和の因とも
なれば捨石となり幸いです

中国の御奮闘を祈る
日本の敢奮を祈る
中国万歳 日本万歳
死して護国の鬼となります
天皇陛下万歳


272 :文責・名無しさん:04/05/08 22:23 ID:R9+FAQUW
良スレ、上げ!!

273 :文責・名無しさん:04/05/15 12:56 ID:OJuN9BV+
毎日新聞、バンザイ

274 :文責・名無しさん:04/05/15 14:46 ID:iwu9vtzS
良いスレじゃ

275 :文責・名無しさん:04/05/15 14:50 ID:42ehR99L
そういえば田中正明だったか、捏造の名人がいましたな。

276 :文責・名無しさん:04/05/16 14:45 ID:d1/6K5FG
>>275
いや、「ボーナス」の為に他人を死刑台に送って恥じる事を知らない
鉄面皮には敵いませんよ(w

277 :文責・名無しさん:04/05/20 11:39 ID:cwbuTAxj
浅見ではなくて浅海じゃなかったっけ?

278 :文責・名無しさん:04/05/26 20:52 ID:TL+7qSE7
ちょっと前のトリビアの泉で日本刀対鉄砲というのがやっていたが、それを根拠に
鉄砲の弾も斬ってしまうほどの日本刀で7,8人しか斬れないというのはおかしい、
と論ずる人を見たのだがいかが?どこを突っ込むべきか・・・

279 :文責・名無しさん:04/06/03 15:36 ID:mxqmcm6S
age

280 :文責・名無しさん:04/06/24 22:57 ID:Be0Bs4FA
こいつのねつ造だってことを早いとこ確定汁!

281 :文責・名無しさん:04/07/14 11:45 ID:JF0KRIwr
この前の裁判で、まだご存命のカメラマンが証言して、ほぼこの馬鹿記者のねつ造だったみたいだねぇ。

282 :文責・名無しさん:04/07/14 11:51 ID:Xi7ZKYyF
やはり真実はいずれ明らかにされるということか・・・・。
この毎日記者の親族は肩身の狭い思いをしてるだろうなあ

283 :文責・名無しさん:04/07/14 12:09 ID:SnAMpJSS
>>278
どう突っ込むの?
相手が無抵抗なら、やり方次第で百人くらい殺せるだろ。

284 :文責・名無しさん:04/07/14 12:39 ID:ZXbjoX/M
>>283
無理。

285 :文責・名無しさん:04/07/14 12:44 ID:kqki72Dv
この浅海とかいう毎日の記者は碌な死に方しかしてないだろうナ
"国家”を貶めたんだからな
毎日の関係者何とか言え

286 :文責・名無しさん:04/07/14 12:56 ID:oAjVNmS4
お前らを相手にするわけないだろ。

287 :文責・名無しさん:04/07/14 14:26 ID:SnAMpJSS
>>284
ま、まさか試したのか?

288 :文責・名無しさん:04/07/14 14:53 ID:yl+QlSlU
日本人記者が実尾島の真相を解明
http://japanese.joins.com/html/2004/0707/20040707202528700.html
東京新聞の城内康伸記者

関係者からは「日本人が何でこの事件を取材するんだ」と取材拒否。
彼は「日本も韓国の南北分断の現実と無関係ではない」と何度も説得し続けた。

289 :文責・名無しさん:04/07/14 15:07 ID:RUydcIrf
>283,287
いつまでネットに張り付いてるの?とてもじゃないけど日本刀で100人斬りは
無理、

290 :文責・名無しさん:04/07/14 15:19 ID:vkeWI7dT
手刀でいく

291 :文責・名無しさん:04/07/14 15:19 ID:EL8gz1N7
>>281
朝日/毎日様は取り上げないようですけどねぇ……

292 :文責・名無しさん:04/07/14 16:33 ID:SnAMpJSS
>>289
無理だというのなら、そんなデタラメ記事を検閲して許可を出した
帝国陸軍の責任も問われそうなものだが、遺族はなんで新聞社だけでなく
「百人斬りの英雄」に仕立て上げた日本政府を訴えないんだ?

293 :文責・名無しさん:04/07/14 20:35 ID:fujRxojL
>>292
プ
記事の検閲の目的は「記事内に軍事上守るべき機密(秘密)があるか」で
あって、記事の内容ではない。
記事の内容の検閲までやったのはGHQだけだが。

294 :文責・名無しさん:04/07/15 08:17 ID:gD/2daLR
>>292
日本の新聞は、当時の段階では世界的に見ても結構自由なことを言えたらしいよ。

朝日新聞なんかは、戦争について反対の意見を乗せたりしたこともあったようだし。
まー、そしたら、部数が激減して、不買運動やられちゃったんで、慌てて軌道修正
したんだけどね。

295 :文責・名無しさん:04/07/15 08:55 ID:Ky0nQtZ+
昭和十二年の南京攻略戦のいわゆる「百人斬り」報道の虚構性は「『南京大虐殺』のまぼろし」
(鈴木明著、大宅賞受賞作)等で明らかだが、二将校の遺族が当の東京日日新聞(現毎日新聞)
などに対し起こした名誉毀損裁判の公判が十二日あった。
六回目で、原告証人の当時従軍カメラマン佐藤振寿氏(91)の証言。南京攻略の翌年、上海で
当の記事を見た佐藤氏は「読ませる記事としてうまいこと書いた」と苦々しく思ったという。

さらに「三百メートル先の敵を照準に戦う近代戦であり、刀を振り回してチャンバラごっこを
するような時代ではなかった」とバッサリ、その存在を否定した。
終戦直後から、取りざたされたもので特別の証言内容ではないが、記事をものした同新聞の
浅海特派員の同僚だけに生々しい。記者の特ダネ狙いの功名心、現場にいるという優越感、
そして近視眼的な視野に筆を任せたその心理などをあぶり出した。

また同訴訟の被告の一人は、朝日新聞の本多勝一元編集委員。四十六年執筆した連載
「中国の旅」の中で「百人斬り」を検証なしに報道し“ウソの上塗り”、名誉を傷つけ
られたという原告の訴え。

佐藤氏はほとんど唯一の生き証人だが、本多氏から取材のアプローチは一度もなかった。
佐藤氏は「真実だと確信しないで書くと(その記事は)ウソ、ホラ話になる」と厳しく
指摘、ジャーナリストの在るべき姿を問う裁判としても今日的である。

296 :文責・名無しさん:04/07/15 08:59 ID:gD/2daLR
>>295
 まぁ、本多様は、中国の旅について
「知らん、知らん。中国側が用意した人に聞いたんだ。文句が
 あるなら中国に聞け」

 と応えられた、ジャーナリスト魂に溢れた人ですからね。

297 :文責・名無しさん:04/07/15 09:33 ID:st1YqZJg
>>292
×日本政府
○大日本帝国軍部
もうないけどな

298 :文責・名無しさん:04/07/15 09:56 ID:25rwhQP1
>>292の脳内では、帝国陸軍=日本政府?

299 :文責・名無しさん:04/07/15 17:18 ID:+8J8I/JB
反日キチガイ、本多の断末魔です。www

■2004/07/12 (月) 遂に暴かれた「南京虐殺」の嘘

実は今日の裁判で、その記事の写真を撮った毎日新聞のカメラマン、佐藤振寿氏
(90歳)の陳述が行われた。
佐藤氏は療養中であり、医師の付き添いで出廷したが、彼が自分の生命を掛けてまで
出廷したのは、歴史の歪曲を許してはならないという強い意志があったからだ。途中、ド
クターストップが何回も掛かりながら、佐藤氏は1時間掛けて歴史的証言を行った。東
京日日新聞の「百人斬競争」の記事は全くの虚偽であるという証言だ。
しかし、今日の佐藤振寿氏の証言は重い。世界史が書き換えられる可能性も大きい。

http://www4.diary.ne.jp/user/401628/

300 :文責・名無しさん:04/07/15 17:26 ID:L5Fb3aFT
百人斬り競争の記事がデタラメな創作なのは、誰もがわかってるのだが
ホンカツが伝えた「投降兵殺害ゲーム」がデタラメだ、と証明するのは
そう簡単ではないぞ。


301 : :04/07/16 17:16 ID:oexep222
>>216
戦中は、戦地から帰国してみたら英雄に祭り上げられていて、今更違うとも言い出せなかった、というのが真相だろうな。
マイナスのことならそれでも必死で違うと言ったかもしれないが、戦時中はむしろ勇者と誤認されていたわけだから、無理してまで抗議しようとはしなくて普通。

それに戦争中は「自由に言いたいことが言えなかった」ってみんな普段言ってなかったっけ?
軍国路線まっしぐらの大新聞に軍国の英雄に祭り上げられて、そうじゃない、なんて簡単に声を挙げられるのかな。


302 :文責・名無しさん:04/07/23 13:33 ID:EoV84xo1
>>301

つーか、キミが、東スポに“美女千人斬り”とか書かれても、抗議なんてせ
んだろ?「軍国」がどうのってより、単に“名折れ”でしかないからだよ。

303 :文責・名無しさん:04/07/25 22:28 ID:1TnkAWFA
次の公判はいつ? どの部屋?

304 :文責・名無しさん:04/08/06 12:37 ID:uqO0g929
>>303
次回の公判は9月6日(月)1時30分開始です。場所は前回に同じみたい。

305 :文責・名無しさん:04/08/11 15:36 ID:mfEybozZ
>>304
その日、仕事ないから行ってみようかな。

306 :文責・名無しさん:04/08/11 18:40 ID:rZbeFssw
でっち上げまでして、自国民を貶める朝日や毎日。

どれほど、日本に害を与え続ければ済むんだ?

こいつ等には、人間の血が流れいないのか。


307 :文責・名無しさん:04/08/12 17:43 ID:w6mdkzLy
この掲示板どうしようもないバカ。
  ↓
http://6805.teacup.com/fujisankei/bbs

なんで必死に日本人を卑しめたいのか…
   ↓

日本刀万歳 投稿者:rattle  投稿日: 7月30日(金)20時59分57秒

フジの「トリビアの泉」は面白いですね。
先の日本刀対拳銃対決(日本刀の圧勝)に続いて、日本刀対高圧ウォーターカッターをやってくれました。
結果はまたしても日本刀の完勝。日本刀はさすが伝統に裏打ちされた優れた工芸品です。

ところで、日本刀は脆いから3人以上斬れないとかのたまっていた嘘つき山本七平とか、それを援用して百人斬りを否定していた人達は、さぞや苦々しく思っていることでしょう。

百人斬り裁判を否定派の側から支援している産経新聞が彼の番組に対してどう思っているのか、
想像するだに嗤えます。

308 :文責・名無しさん:04/08/12 17:55 ID:wKHziMLF
向井敏明と野田毅は、本人達の主張通りだとすると、
二人とも、捏造の共犯者な訳で。
処刑は自業自得。

309 :名無しさん@在日外国人参政権付与反対!:04/08/13 22:09 ID:HIEM9nfF

小淵沢町が、住民投票の開票立会人を募集します
http://www.yatsu.gr.jp/kbc/news2004/oshirase/kaihyoutatiai.htm
これ在日が殺到するような悪寒がします。

「び年齢満18歳以上の永住外国人で引き続き3ヶ月以上小淵沢町に住所を有する人。」



187 名前: 外国人参政権可決へ?! Mail: sage 投稿日: 04/08/13 20:24 ID: 9yC79gvm

やられたぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

http://www.yatsu.gr.jp/kbc/news2004/oshirase/jyuumintouhyou.htm
「年齢満18歳以上の永住外国人で引き続き3ヶ月以上小淵沢町に住所を有する人。」

なんだこれ?


310 :文責・名無しさん:04/08/13 22:15 ID:h3LgXd/8
>>308
は?おまえ頭がおかしいんでないの?もうちょっと勉強しましょう。

311 :文責・名無しさん:04/08/14 01:06 ID:U+OTXa1I
>>310
それはお前。
「捏造しましょう」と言いだしたのは、この二人。

312 :文責・名無しさん:04/08/14 01:15 ID:L5pFpaQF
>>311はバカ。
「捏造しましょう」と言いだしたのは、浅海。

313 :文責・名無しさん:04/08/14 01:22 ID:L5pFpaQF
バカな>>311へ↓。

http://homepage2.nifty.com/60hp/100sosyou.htm

>1. 百人斬り競争の新聞記事が出た理由と経緯:

>(1) 昭和12年11月,無錫付近で向井少尉と共に東京日々新聞の浅海
>特派員に会い、煙草を貰って冗談話をしたがこれが最初の会見である。

>浅海記者は特別な記事が無くて困っており、架空的な記事を創作して自分の責
>任を果たそうとしていた。

>「貴殿らを英雄として報道すれば日本女性は憧憬し、多数の花嫁候補が殺到す
>るだろう。郷土に部隊の消息を知らせることにもなり、父母兄弟親戚知人も安
>心する、記事の内容は自分に一任願いたい」と言った。

314 :文責・名無しさん:04/08/14 07:08 ID:U+OTXa1I
>>313
「チヨツト恥ヅカシイガ記事ノ種ガ無ケレバ気ノ毒デス。
二人ノ名前ヲ借シテアゲマセウカ」

315 :文責・名無しさん:04/08/14 09:39 ID:L5pFpaQF
>>314

これは、浅海が言いだしたことへの、消極的な“協力”としか読めんのだが。


316 :文責・名無しさん:04/09/06 12:36 ID:lVjJMUbi
新聞勝手に投函されたんだが...

137 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)