5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

連合三人組の殺伐とした日常 2冊目

172 :瑞葉 ◆3.MIZha1WU :03/07/22 17:01 ID:???
「そんなに返事が待ち遠しいかね?困った娘だね。お前は。」
このところ、郵便受けから郵便物を取り出すのが日課になっていた私に、
おばあちゃんは半ば呆れていた。手紙を送ってからもう何日が過ぎただろう。
飛石をつたい、郵便受けに向かう。
水道料金の領収書、リホーム会社からのダイレクトメール、電話の利用明細書、
そして・・・、「来た!本当に返事がくるなんて...。」
ほんのひと時を共有しただけなのに、あの人は返事を書いてくれた。
新規事業開拓にヘリオポリスへ出かけ、そのまま天に召されてしまった
父と母が手助けしてくれたのかもしれない。私は自室に戻り、丁寧に封を切った。
「日本の旅行もとてもいいものに」
良かった。喜んでいただけた。
「もう元気になり・・・」
そう、本当に良かった。
「金魚は元気にしているでしょうか」
ええ、もちろんです。
「私のなすべきことが済んだら、そちらにいきたい・・・」
本当だろうか?私が来年の夏も会えたらなんて書いたから、ただのご挨拶
かもしれない。・・・でも、そうでないと信じたい。
とにかく、返事が来たことに感謝しよう。私とオルガさんの出会いは、まだ
終わっていない。
私は、返事を書き始めた。

291 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)