5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

種と羽が出会ったら〜Endless SEED

1 :通常の名無しさんの3倍:04/09/05 13:43 ID:iIpL8zc/
AC195年
作戦名「オペレーション・M(メテオ)」
連合に反目する一部のコロニー居住者達は流星に偽装した新兵器を地球に送り込もうとしていた。
だが、この作戦は新兵器の射出と同時に誰もが予想だにしなかった運命を遂げるのである…。

今度こそ続けてみせる!

952 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:38:46 ID:???
カレー板から来ました。

ガンバレヨ>>1

953 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:39:25 ID:???
>>950
次スレよろ

954 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:40:58 ID:???
>>1
気にすんなよ周りの香具師は。

955 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:42:10 ID:???
>>1
だいすけ

956 :テンプレ:04/11/12 22:43:30 ID:???
あの伝説の良スレが今よみがえる!

よってらっしゃい、見てらっしゃい
誤字脱字は当たり前、オナニー小説、自爆自演、荒らしAA、官能小説、ラピュタザク
すべては孤高というか孤独にして究極の小説家、1 ◆lqcLnM9Lwc 大先生の成せるワザ!

今度の今度こそ続けてみせる!

初代スレ
種と羽が出会ったら〜Endless SEED
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/shar/1094359433/
まとめた人
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/shar/1094359433/698

関連スレ
機動戦士ガンダムSEED TADA戦記 DESTINY
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/shar/1098749046/

ちょこっと修正版?
ttp://www.geocities.jp/window1404/rewrite/rewrite.htm
ttp://www.uploda.org/file/uporg16451.txt

957 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:43:35 ID:???
>>1
またこいよ

958 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:43:55 ID:???
>>1
ネ申

959 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:44:56 ID:???
>>1
イイ

960 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:45:23 ID:???
次スレ立てる人はHNを 1 #d505 にすること

961 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:45:54 ID:???
>>1
えらい

962 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:47:02 ID:???
>>1のスレは終わるかも知れない
だが、彼の創造した物語は そんなに簡単には 終わらない

なぜなら>>1が創りあげたものは・・・・・・・・

963 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:47:17 ID:???
>>1
とりあえず。。な。。。

964 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:48:59 ID:???
>>962
人類究極の幸福だからだ

>>1
ファイト

965 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:49:31 ID:???
>>1 ID:iIpL8zc/
の思いは、美しいひとつの真実を描き出してると思う

彼が生きている限り、僕たちもまた生きていける

966 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:49:34 ID:???
ラウンコのせいでだいぶ荒れちゃったね

967 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:49:50 ID:???
>>1 はさぁ、実際いい香具師

968 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:50:47 ID:???
カズイの続きまだぁー?チンチン

969 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:51:10 ID:???
俺らの辛い日常を 色鮮やかにしてくれた>>1に感謝

970 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:51:38 ID:???
ああこんな空気の中言うのもなんだけど
>>1はいいとおもう。。。。

971 :空気読めないクン:04/11/12 22:52:03 ID:???
コズミックイラ70、ザフトはコロニー、ヘリオポリスで
極秘に開発されていたMSを強奪する作戦を実行。
ヘリオポリスに住む少年、カズイ・バスカークは偶然にも(?)その現場に居合わせ、
新型MSに搭乗することになる。

その少年が後にネオブルーコスモスの総帥として
歴史に名を残すことになることを、今はまだ誰も知らない・・・・・


 機動戦士ガンダムSEED リ・カズイ


PHASE-02 その名はカズイ

焼け崩れる工場。
気がつくと乳デカ女はMSを発進させていた。
屋外に飛び出す機体。
が、飛び出した先にはザフトのモビルスーツ・ジンが待ち構えていた。
だがどうやら1体だけのようだ。
そこへ先ほどこの機体と並んであったもう一つの機体が飛び出してくる。
ジンはそちらに気を取られているが攻撃をする様子は無い。
やりとりを見るに、アレにはザフト兵が乗っている模様。
先程の赤いスーツのヤローか・・・・。


972 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:52:15 ID:???
>>1に乾杯

973 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:52:58 ID:???
>>1


974 :空気読めないクン:04/11/12 22:54:17 ID:???
「ん?」
モニタに目をやると見覚えのある3人組が・・・・・
「あ・・・・・」サイ、トール、ミリィだ。まだ避難できてなかったか!
構うヒマもなくジンがこちらへマシンガンで連射してくる。
はじける弾丸。ゆれる乳。
今度は重斬刀に持ち替え突進してくる。
「くっ!」乳女が間一髪で回避するが、その反動で僕は前につんのめってしまう。
「下がってなさいっ!死にたいの!?」と罵倒する乳女。
乳揺れが気になって前に出ていたなんて、言えない。
次の瞬間、ジンは大きく構えて剣を振り下ろしてきた!
これでお終いか!?

乳女がなにやらスイッチを入れる。MSは両手で受け止める体勢に入る。
そんなことしてもこれは助からんだろ。
だが・・・・・

ガッ! ギィィィィィィイイン!!

腕と剣の間で激しく火花が散っている。
「なんなんだよ、これ?」
向こうのパイロットも困惑しているのか、一旦距離を取る。
奪われた方の機体はまだそこにいた。と、急に色が変わり始めた!?
みるみる紅く染まっていく機体・・・・・。
よく見るとこちらの機体にもいつの間にか色がついている。
「なんなんだよこれは・・・」
いろんなことが起こりすぎでワケがわからない。
全身紅く染まったその機体は何もせずにそのままコロニーの外へ飛び去っていった。


975 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:55:06 ID:???
>>1 はねぇ、なんだカンダ言っても好きなんだと思う。
とマジレスしてみるテスツ

976 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:55:47 ID:???
>>974
この空気の中乙です。

977 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:56:42 ID:???
神キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!

978 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:57:45 ID:???
>>974
マジで乙!

979 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:58:41 ID:???
>>1
応援してる

980 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 22:59:43 ID:???
>>974
GJ

981 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:01:03 ID:???
>>1
ちゃんとまだきてます!

982 :1 ◆lqcLnM9Lwc :04/11/12 23:01:22 ID:???
「思えばココにたどり着くまで随分と遠回りをしたものだ。」
ゼクスは案内するアルテミスの兵について行きながら今までの出来事を回想していた。

オペレーション・メテオの一環であろうあの機体を追いかけていた矢先のアノ閃光。
次に気づいた時、自分たちは薄暗い灰色の部屋に入れられていた。
「特尉・・・・ゼクス特尉・・・」
どこか遠くから懐かしい部下の声が聞こえてくる。
「気づきましたか?ゼクス特尉。」
オットーが心配げに私の顔を覗いてきた。
「あぁ、大丈夫だ。・・・ここは、どこだ?」
私は窓ひとつなく、目の前には鉄格子だけがある部屋を見渡した。
「我々もよくわからないのです・・・。気がついたら・・・ですが、ご無事でなによりでした特尉。」
「あぁ。ともかく現状を把握せねばな。輸送機はどうなってしまのだろうか・・・。ん?」
私は足音らしき音が聞こえたと思い、喋りかけたオットーをの口を制した。
すると、部屋の前にふてぶてしい顔をした男が現れる。
軍服のようなものを着ているが見たことの無い軍服だ。
<もしや我々はコロニーの反乱分子に拘束されたのか・・・?>
ゼクスの脳裏にそんな憶測がよぎる。
男は鍵を開けると我々に出るようにジェスチャーをした。
「出ろ、アズラエル理事がお呼びだ。・・・・ついて来い。」
<アズラエル・・・?それが親玉の名か!>
私はアズラエルという名を頭に刻み込み、男の後をついていった。
大分地下深くにいたらしく、エレベータに乗った我々は一気に地上へと上がっていく。

983 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:01:53 ID:???
>>1
いい香具師がついてるじゃないか。

984 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:02:03 ID:???
ドキドキ  (・∀・).。oO(続きはまだかなァ ♪)

985 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:02:23 ID:???
早く続きを!!

986 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:02:50 ID:???
>>982
更に乙!

987 :1 ◆lqcLnM9Lwc :04/11/12 23:02:49 ID:???
扉が開くとそこにはとても穏やかな光景が広がっていた。
太陽の光がとてつもなく眩しく感じる。
視線の先には、まっすぐに1本だけ整備された小道があり、その先には小さな家だけがあるのが見えた。
<これは・・・・>
私は出向いたことのあるトレーズの邸宅を髣髴させる光景に目を一瞬奪われた。
<これだけの景観、コロニーの調整された空間では作れまい。では、ここは地球ということなのか?>
「何をしている、さっさと来い。」
男が苛立たしそうな声をあげながら私たちを急かす。
道を歩くこと10分ほどすると、小さく見えていた家が実はとてつもなく大きな屋敷であることがわかった。
屋敷の中に案内された我々は応接間らしき部屋に案内される。
「ここでおとなしく待っていろ。アズラエル様がいらっしゃる」
男はそう言うと部屋を我々だけにして出て行った。
「ゼクス特尉、これは一体・・。」
オットーが私に耳打ちをしてきた。
「わからんだが、これだけの屋敷だ。古来から金持ちは大馬鹿者か頭のキレる奴と相場が決まっている。
 こちらが上手く回ればいいだけのことだ。アズラエルという人物がどっちかがわかればな・・・」
私がオットーを落ち着かせようとしているとスカイブルーのスーツを着たブロンドの男が部屋に入ってきた。

「これはこれは☆どうも、私がムルタ=アズラエルです」

988 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:03:09 ID:???
1sann suteki!


989 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:03:58 ID:???
なんかすごい伸びてると思ったら。。
でも漏れは>>1好きだがね。

990 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:04:10 ID:???

      ∩ ミミ ヽヽヽヽリリノノノノノ
       || ミ   ,,、,、,、,、,、、,、,、、 彡
       || l  i''"         i彡
      /〔.| 」    ⌒' '⌒ |
      〔 ノ´`ゝ   <・> < ・> |
      ノ ノ^,-,、    ノ( 、_, )ヽ|   もしもし、オレオレ、そぅホリえもんでぇっす。
     /´ ´ ' , ^ヽ   ノ、__!!_、|   >>1のスレ潰しておいてよ。
     /     ノ'"\  ヽニニソ |   うん、うん、金はいくらでも出すからさ〜
   人     ノ\/    ^  ノ
  /  \_/\ヽ、       / \
/      /   \ `ー── '/  ヽ
       /      ─── /    ヽ
     /|              Y  ヽ

991 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:05:09 ID:???
>>1
をいじめるな!

992 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:05:12 ID:???
1000

993 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:05:32 ID:???
>>990
シニサラセ

994 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:05:54 ID:???
1000!!!!!!

995 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:06:13 ID:???
ダレカジスレヲ

996 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:06:31 ID:???
実際さ、>>1 も俺達の板の住人なんだから
多めにみようぜといってみる。。

997 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:06:59 ID:???
>>1ありがと

998 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:07:16 ID:???
息をつくヒマもなく今度は刺突の構えで襲い掛かるジン。
が、後ろにはトールたちがいる。下手に避けられない!
・・・・・さっきから見ていて思ったが乳は操縦がうまくない。
ボクは咄嗟に横からそれらしき操作をして突きを受け流しつつタックルを繰り出した。
うまくいった。仰向けに倒れるジン。
よしっ、このままマウントでボコってやる!・・・・・ん?
乳の操縦が下手だと思っていたがどうもそれだけではないようだ。
普通に操作していても一動作のあとの動き出しが遅すぎる。
なんとなく試しにオペレーティングシステムにアクセスする。
やはりそうだ、OSがイカレている。
「無茶苦茶だ。こんなOSでこれだけのものを動かそうだなんて」
「まだすべて終わってないのよ!仕方ないでしょう!」と乳。
アホな縦読みやカメレオン装置作るヒマがあったら出来てただろ?

まさかこんなところで役に立つと思わなかったが、パソコンにMS用のOSを組み上げておいてあったりする。
本物には到底及ばないだろうが、このヘッポコOSよりはマシなはずだ。
OS名?その名はカズイ!なぜならボクは将来ブルーコスモスの総帥としてナチュラルに道を示すべき男だからだ!他意はない!


999 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:07:21 ID:???
>>1
またこいよ

1000 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 23:07:25 ID:???
                  /  ̄ ̄ ̄ ̄\
                 /          ヽ
                 /           ヽ
                 | 人_____________    |
    1000は頂く     |●  ●  |     | それがVIPクオリティ
                 /       /   / |
                /|▼     ./  /  |
     ____________     |___|┴―   /__/ |  丿
     \〜〜 /       |  ̄        |__/ )
      \ /___       (\___    /  )―――
      ( つ(__/ \      (  |   /   )
      (__フ|    \  / (  |  /    )
      ⊂―||―、   | /

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

480 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★