5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ムウとクルーゼの関係 三杯目

1 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 01:32:31 ID:???
馬鹿息子ムウと親馬鹿クルーゼ(not馬鹿親)、
彼らを囲む周囲の人々(マリュー、虎、痔など)の日常を描くスレです。
(名前欄に誰視点なのか入れてあると分かりやすくて親切)

※なりきりスレではありません。

ムウとクルーゼの関係 二杯目
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/shar/1078574397/
ムウとクルーゼの関係
http://ex3.2ch.net/test/read.cgi/shar/1060423260/

2 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 01:36:23 ID:???
うんこ

3 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 01:37:19 ID:???
                      ,  ― --- 、.. - 、
                    /               `丶、
                   ,ノ          、     `ヽ、
                   /    、 ヽ、  ヽ. ヽ      ヽニ、
                 l     lヽ_ -ミ、  ヽ l、ヽヽ \ ヽ
                  l  l    ヽ7_;テヽヽート jハ ヽ:::::::、ヽ、 l
                  l  !    \ `    r;テミ 、:::::Nヽー ヽ
                 | |      ヽ、  ヽ`ー7ヽ::::::ヽ`
                     l |l l     ゝ   '  ハ{:ヽ:::::、\
                   l!::ト、 ヽトヽ /  ̄ 丶 /イト |ヽ::::::::ヽヽ
                  ヽ::| ヽー<ヽ、    /::ヽヽ::!:::::_;ゝヽl
                   |:.:.:.:.:.:::::`:ーi ーく:_ト ハr -‐ '´
            ,. -― -, ... _j_:.:.:.:.:.:::r'ゝl 〃
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.l f ―-`、‐::、V///
          /:::__::::::::::ヽl     \、:`ー_ー- .._      アイーン
        /,´ ====`ヽ_::l       ヽヽ!l \:、::`、_- 、
        /, - ―  - 、 ヽ `  l  ヽ ̄ ヽl}  `丶、ヽ` ‐ヽ_.._
      ノニ -=- 、ヽ、  ヽ  /   ヽ:.:.:.:.:l     ヾ    ヽヽ
   , '´  ´  ̄ 二 `ゝ-- '-  .... __!__..L 、    r- 、l j_l_l_ヽ_  -‐_っ
  /         /, ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ̄ ̄ ̄ ̄    ニニニ, -‐'
 {        ///:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!        ,. -‐‐ ニ´、
  ヽ、     /:::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ̄ ` ー┬-=',- T T ー '


4 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 01:40:52 ID:???
500いく前に…と思ったけど、この時間は人がいないからなぁ。
とりあえず、よく朝方に来てる職人さんをマターリ待つか。

5 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 01:42:12 ID:???
       _,.-‐'" ̄|`<ニ=- 、__
      ,ィ'イ    /|   ヽ    \
.    // |    / |    ヽ      \        
.   /!  !  |   | |     \__    \       
.ヾ、__| |  |  |__,.-┤ |      _,>‐'´了       ウッヒョッーーーーーーッ
  \| |_|  |   ノ__`ー、_,.‐'"_ _,.--┴、 
    ヾ\_`了  f./二フ_,.-‐'"´ //     l′
    V,r'ミリ   ``7/´   _,rく/    |
     lf`フ′   //   /|  `ー、_  ト、
.    |!|.トー──'"7  / └─ヵヾ `ー、__\
.     レ,ハ  r==_、_ ̄ ´       、_} `   {``
    l'′ヽ ヽ/  }       レイ  ト、  ``ヽ、
      ぐヘ ニニ´    _,.-='´ \_ `ーヾヾ  \
      __」 \     _,rくヽヽヽ     ̄`ー、_,
    /    `ァァ'ア´  ヽヽヽヽ
   ///       | |ヽヽ   ヽヾヾゝ



6 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 01:45:04 ID:???
:::::::::::::::::::::::::::      ー―--- ..,,        `'' ‐-`''‐-r'
:::::::::::::::::::         ー--::.., 、ヽ           `':'i
.,.... ---―――――--- ..,,_ `ヽ ヽ                ,'
'r‐;ニニ 三三三三三三 ==-_ 、_' - ヽ ヽ           .,.'
. //=- ,. ‐"  _,.ー--- .,_ ̄`'' 、、``' 、` 、`' 、      ./
//  'z     ̄ ̄``''‐`=、,_ `' =, 、`'- 、' 、`ー   .,. '´
'- 、 r-'`     r'"Tニ''‐i.、'`==' `iニ-'t--=-r-‐'´
:..  `''‐ 、      "''゙ー-'、    .rr;i'r'´.   :
:::::::.....  `'‐ 、            i'-',!    :   
::::::::::::::......   \          . \|.    ,'    おっさん!
:::::::::::::::::::::...   ヽ           ヽ   ,'  
、::::::::::::::::::::::...   '.、         ,. ィ'´   ,'
.:.ヽ:::::::::::::::::::::::..    '、   _,,...,,_  ./ !  ,'
:.:.:.:.\::::::::::::::::::::..     ', ̄_,,....,_`'/:::l  ! ,.'
 .:.:.:.:.ヽ::::::::::::::::::::.   'ー-- ..,,_,'_:::l  !,.'
-=. ニ二ヽ:::::::::::::::::.    ;::::;    ``"''‐-,
:.:.:.:.:.:.:||.:.:'、,,__ ::::::::.  ;:::::;    ri''ー- 、!
  :.:.:.!|:.:.:.:.:.:.:.`"''i‐.、. ;:::::::;   ,' l    '


7 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 01:50:00 ID:???
     / /          〃:::::::::/ '" "   `゙''‐ 、::::::l   !      !:::::::::l
      //       / ./:::::::/            `y′,/!   ト, ./:::::::::::|
.     l l!       /| !:::/               / /:/  /::}/:::::::::::::l
.     !||   |  l  !:::! .l-‐===、   ヽ   / ._∠ -:::::/,/:::::::::::::::::::::/
     {.゙、  || |   |::::ヽl:::,.-‐==、ヾ、  }w/{   /,.=≦彡_:::::::::::::::::::::::::::/
       ヽ |:ヽ|:.、 !::::::::::{!  (・) .,}:\)/:::::::゙'-="f' (・)   }!:::フ;;;;;;;;:::;イ
        \::::::::\\::t、_'ー--‐'",. -、/`´\ヾ.`''ー--‐'"-,:::::|》):::::::!
         !::::::::::::\ :\__゙'''''"´     l'ヽ  ` ̄ ̄   /:::::l彡:::::/  
         \:::::ミ|ヽ ̄ ̄          |::::`,      /:::::::l::::::/      何 で す か !?
.           ,ィソヽ、__l!            |:::::::〉       !:::::::ト/:ヽ\
        ,. ‐'/     |',           }!/      l::::::/|::::::::::', ヽ.
    ,. '"´ /       l:ヽ       /,   __,     、   /::::/:::l:::::::::::l  ヽ\
        /      !:::\    巛二二二二二|}  /:/::::::l:::::::::::l  ヽ \
.       /        !::::::::\      ,,,,,,,,,,,,,_   ゙  //:::::::::l::::::::::::|   ヽ
      /         l:::::::::\ヽ   (::::::::::::::::::>  /;';/:::::::::::l::::::::::::!     丶
.     /          l:::::::::::::ヽ::\ `''''''''''''" /;';';/:::::::::::::l:::::::::::,' 
     /          l:::::::::::::::::\:丶、._,. -';';';';'/:::::::::::::::l::::::::::::
   /             !::::::::::::::::::::\:\;';';';';';';/::::::::::::::::::::ト,::::::::::

8 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 01:51:18 ID:???
>>5>>7
ワロタ
ムルタさん、楽しすぎですよ。

9 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 01:54:48 ID:???
                      ,  ― --- 、.. - 、
                    /               `丶、
                   ,ノ          、     `ヽ、
                   /    、 ヽ、  ヽ. ヽ      ヽニ、
                 l     lヽ_ -ミ、  ヽ l、ヽヽ \ ヽ
                  l  l    ヽ7_;テヽヽート jハ ヽ:::::::、ヽ、 l
                  l  !    \ `    r;テミ 、:::::Nヽー ヽ
                 | |      ヽ、  ヽ`ー7ヽ::::::ヽ`
                     l |l l     ゝ   '  ハ{:ヽ:::::、\
                   l!::ト、 ヽトヽ /  ̄ 丶 /イト |ヽ::::::::ヽヽ
                  ヽ::| ヽー<ヽ、    /::ヽヽ::!:::::_;ゝヽl
                   |:.:.:.:.:.:::::`:ーi ーく:_ト ハr -‐ '´
            ,. -― -, ... _j_:.:.:.:.:.:::r'ゝl 〃
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.l f ―-`、‐::、V///
          /:::__::::::::::ヽl     \、:`ー_ー- .._      隊長もアイーン ♪♪
        /,´ ====`ヽ_::l       ヽヽ!l \:、::`、_- 、
        /, - ―  - 、 ヽ `  l  ヽ ̄ ヽl}  `丶、ヽ` ‐ヽ_.._
      ノニ -=- 、ヽ、  ヽ  /   ヽ:.:.:.:.:l     ヾ    ヽヽ
   , '´  ´  ̄ 二 `ゝ-- '-  .... __!__..L 、    r- 、l j_l_l_ヽ_  -‐_っ
  /         /, ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ̄ ̄ ̄ ̄    ニニニ, -‐'
 {        ///:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!        ,. -‐‐ ニ´、
  ヽ、     /:::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ̄ ` ー┬-=',- T T ー '



10 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 01:56:16 ID:???
    l              人   ミ     ヽ
    l             // \ ミ      ヽ
    l            /    \ ミ     }
    l 三, -=、    /ニヽ      ヽ      /
    l  { ミ に三/-r-ァ ̄ ,  にニヽ     /
    ヽ ヽ り    ― ̄- / {  =rュ-ヽ   //      
     ノヽ \!         ;  、  ̄ ヾリリ/
   三彡/  |      / 、  l 、   ノ川
    三彡 | 、 " /、 ヽ、_ _), -く ̄ヽ' ̄\
     三  | ヽ     `ー-、 ,/ ̄|/  ̄ ̄ ̄ ̄\
      彡/  \    ー\/ ̄          \、
      //    \  、  |  アブソーバー  | ̄| rヽ\
  __/  |       ー ー|          |_| |ー=}/
 ̄ /   |        , -、|      , - 、、     l |
/ /     l|      /ー'/      ヽ-'" \   /|  |
/    , -ァ  l|、  /  /        \   \'  |  |
ー― ̄ 〈  l| \_/  /|__         \   \トr-イ|
       \ \ /  //    ̄}.r┬ー-- 、  ヽ   \-リ、
        \|/  /  , ---、 ├=、_   `丶\     \
          /    /_,,.. --フ  r--ニヽ          \


せっかくだから、ここに保守ダディ置いておきますね。

それだけなの。

11 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 01:58:32 ID:???
                          ,ィ'ー‐ヽ、_
                         ;',、レ    ``ー、
                           ,/ ヾ'"   ,...   ヽ
                       /ヾ;   ̄ヽ、_'";:=、  `ラ
                          / ,.:. =;-、,  `>    /,
    (`-、                  |、、'  `ゞ、` 、' ,=   /
    ,ゞ, ヽ、              /,''゙ヽ、_ ..::::::::∠、` ,. '´
    !、ヽ ヽ、         ,. --.ニ'Y/ `''ヽ-、_.ゝ)ノ/
    `i. \ `ヽ,、     /____ `゙ヾヽ、_   '"く,    
     l ,〉'´ ,  !、`ヽ、 / , "    `ヽ, 'i  r'ヾヽ、 /      アイーン
     ヽィ''´_,. ` '!   `'、'-──‐'"`-ゝ ! |  `ヾ'   
      ハ'`ー   }    |`ヽ、        レ'  ';  ヾ、
       ヽ `ー‐ノ     |   `i    ,:   .:;:   l ヽ
.       ヽ-‐'"     {      ,./   ;:'   〈  }
        `ヽ、_    |    ,/l   :;::" ,;   )イ
          /フ---<、__,.ノ 丿 ,:::''";'  ;' / イ´ !   
           !'         /   ;:''  ;:'-、.   |
         /        ヽ !    ;'  /ヾ`   ヽ
          /           ',   '  !  ヽ     'ヽ
.        /            }   /|   'i、    ヽ、


12 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 01:59:18 ID:???
             _,. ---ァ‐_ニニ=ー
            ,. '´::::::::,r':/:::::::::::``丶、
         , - '::ー--::::!:/::::::::::::::::::::::::`丶丶、
        ,:'...:.: ..::: .:: .:::::ヾ::::::、::. :. :::::::::::::.. :ヽヾ:、
      . /::::::::::::::::..:.: .: ::.:.::.::...::.\::::.. ::. :.:丶:::.ヽ \
      /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::',::',、::、::ヽ:::::::::.:..::..\::',  `
      l::::::::::::::::::::::|:::::::::::!::リ、ヽヽ:',、ヽ:::::::ヽ:::ヽヽ',
      |::::::::::::::::::::::!::::::::/!/__ヽヽ ヾヽ,rヽ:::::',:ヽヽヽ
      .l:::::::::::!:::::::::|::::://'__ ` ヾ、 ヽィ=、!、::::!::::ト、ト:',
      . ',:::::r'l::::::::::!ノイ_ノ:}``  ` {ノ::} |:::',::ト、:! lハi
      . 〉::{ !::::::::::ヽ ヽ-'‐'     ヽ`´ l::/|::! ヾ、
       '/|::ヽ',::::::::!:ヽヽ、      / イ:', l:!    アイ〜ン♥
         Wヾ',::::::ヽ:ヽ`゙`  --一 /::、ヽl、
            |、ヽ::::ヽ、ヽ、   `´イ:::::::::',ヾ``
           ノ ヽlヽ:::ヽヾ:、`` ;ー' ヽ',ヽ:::::! ヽ
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.l f ―-`、‐::、V///
          /:::__::::::::::ヽl     \、:`ー_ー- .._   
        /,´ ====`ヽ_::l       ヽヽ!l \:、::`、_- 、
        /, - ―  - 、 ヽ `  l  ヽ ̄ ヽl}  `丶、ヽ` ‐ヽ_.._
      ノニ -=- 、ヽ、  ヽ  /   ヽ:.:.:.:.:l     ヾ    ヽヽ
   , '´  ´  ̄ 二 `ゝ-- '-  .... __!__..L 、    r- 、l j_l_l_ヽ_  -‐_っ
  /         /, ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ̄ ̄ ̄ ̄    ニニニ, -‐'
 {        ///:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!        ,. -‐‐ ニ´、
  ヽ、     /:::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ̄ ` ー┬-=',- T T ー '

13 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 02:00:16 ID:???
       /::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::/"~'`'~~ヽ;;::::::::::::::::::::\:::::::::::::::ヽ   
       |::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::/::::;;;;;;;;;;;;;;;:: \:::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::ヽ  
       |:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::/ ::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: ヽ::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::.|  
       |:::::::::::::::::::::::::::\:::::| ::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::: /::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::|  
       |::::::::::/|:::::::::::::/\| ::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: /::::::::;:::::::::/::::::::::::::::::::/  
       /::::::::::| |:::::::::/ ::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/_/|::::::/::::::::::::::::::::/   ア イ 〜 ン 
     ∠::::::::::::| |:::::::::| :::::::::/::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::: |/|:::::::::::::::::/   
      /:::::::::::ヽ|:::::::::| :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::\ ∠;;;:::::::::/     
    ∠:::::/|::::::::|:::::::::| :::::::::::::::::::::|、;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::::::::  |:|~ ̄     
         !、::::|:::::::::| ::::::::::::::::::::::|  ~"''''"/::::::::::::::::::: /:|         
.         |/|:::::::::| :::::::::::::::::::::::|'⌒`ヽ,/::::::::::::::::::: /:::::|       
           |::∧ハ :::::::::::::::::.人,__,/U;;;;;::::::::::::::::/::|\|        

14 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 02:03:24 ID:???
             ,.-'"´...:: ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           ,.、'´/ . .. .:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          ,.:',.:ィ´...:: .: ..: ..:.:.:.:.:: .. .:: .: .::: ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /'´,:':.:.:.:.:.:..:...:.::..:.:.:.: . . .: .: : .::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :: :.:.:.:.:.:.'、
          /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:..::...::: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:: :.:.:.:.::.:.:.l
         /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.l
        /:.:..ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.l:.:.:/:.:/:.:.:.:.:.:/:./|:.:.:/|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|   キ・モ・イ・イ・ナ
       /:.:/l:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:/:/l:./l:.:|:.:.:.:.:,イ:/‐|:.:/´l:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.::l
.      /:./  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./|/ニlメ|:.l:.:.:.:/イ/,ィl/ニ、l/!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.|
     /:/  l:.:.:.:./:./::.:.:| シiラト,|:l|:.:.:/ 〃´て__バト/:.:.:.:.:.:.:/:./, l:.:.l:.|
     /'´ . l:.:.:./l:/l:.:.:.:.l 、ゞ=' |'|:.:/   、_にシ/:.:.:/:.:.:./l:/ l |:.:.:l:|'
.        l:.:./ l/ !:.:.:.:.:l   , '::l:/:::.     ̄/:.:.:/:.:.:./〃 //:.:./l:!
.        |:/ / /ィl:.:∧  、  l′     /,イ/:.:/‐/ィ"´:l:./ l'
.        |′ /' lハ:/ 丶  _、       '´/イ:,:' / ̄/:.:.:.://
              ′  ヽ ´ニ:.`      /'/  /イ:.://
                  ヽ        ,. '  __l:/,.':: -――:.、
               _,.: -ェゝ-――― '"´ ̄ ̄          |
              l´ ,. ―|
          /ニニニニ-‐'´|



15 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 02:06:32 ID:???
               \ \ _,.〉-─ - ._
               _,.>-ァ'"       ヽ、
             _/  ∠       ,. -‐ `ー、_
             \/ /  ,. -‐ ァ ,. - /  ヽ、
              > / /  //   /       ヽ
               ̄レ'/,.-‐フ-/,. -イ イ //ヽ     ゙、
                | /ィrュ∠-"   レ'|    ヽ    ゙、
                   r/、f;::。〉   __-、| /| ト、l     |
                /  ゙゙'    ヽ `'V、 リ      ト、
    ト、/l、,..-、_,. へ,.へl    ;'    ィr=ッ、 `l /}  ノl ノ  `ゝ
    ⊥/ l/--->     `、  、.      〈:。ン!  〉  }ノ .ノ ハ     \
  / _ス^ヾ'"<   \、  〉 `` ー     `‐  /,.イ   ノノ\   ,.r、|
  ' てゝ \_ヽ | _     / / ヽ、      _,.ー- .ソ-‐イへ、 \ ノ
   (っト   \!ヽ|`ー、/ /_,.-|` ー---‐'" 〉7"      \| ̄
   ヽ(     /   `ー- 、_l    _,. -''"`ー`- 、  ほしゅだよ
    `ー 、__ノ         `ー-'-─'" ̄`ヽ、》  
        レ'                    l'"
          ̄`ー-、                l.  
         ,. 个  \             /.   
       ,.イ   |    ヽ、          /   
      f |   \  〃 `ー- 、_,. - ─''1~
      |  | ,. へ>"r-、_   t     | |

それだけなんだけどね。

16 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 02:08:58 ID:???
               __/
      ____,.-‐ァ'" /
-‐'" ̄ ̄`ー─---‐'"´ _, イ /      ∠-─ァ=nニ=‐'" ̄ ̄ ̄
ー──----、___,.-‐'´//     _, ‐'´  .: |レー||-─iフ´ ̄ ̄
_       /     -‐'´/   _,.-'´     :: |ト、」-'二_ _,.-=ニ
  ``‐、_  /7l     / __,..ァ'´        ゙:└、レ|-‐'" ̄
‐- 、__   ̄´/    /__/ /           じ // ___    >>9-13
     ̄`7'´ -‐'´/   /    i ト、 ____  /-ァ'´         ハゲワラでモウダメポ
__,.-‐'" ̄ ̄ ̄ ̄`´ ̄``ニー-、 レ  ::::::::::::  /
.\          __,=ニニ|__\' ′    _,/       _
  `ヽ、 ̄ ̄``ーァ‐=L..__` ー┐ l \   / ,-‐ァ=くl ̄ニ' ̄ ̄ _    ついでに容量稼ぎ
     ``ー、___\__  |  | |  /___ ||  :: |ト、_||" ̄lフ´ ̄
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\`ヽ\ ::├‐i/=ニ/-‐─'" ̄
-、__                 | ヽ \  `ー-='‐'"      ___
.  ``‐ 、        l    |  |. ヽ  ヽ____,. -‐'´ ̄ ̄
      ``ー─--──ヘ___i__L..-┴‐'′


17 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 02:24:56 ID:???
                                 ζ  ,
                               _ ノ
                             ( (   (. )
                            . -‐ ) ‐- .
                          .´,.::::;;:... . . _  `.
                          i ヾ<:;_   _,.ン |
                          l      ̄...:;:彡|
                               }  . . ...::::;:;;;;;彡{
                          i   . . ...:::;;;;;彡|
           ,: ' " `丶        .    }   . .....:::;::;:;;;;彡{
          , :´  .   `、          !,    . .:.::;:;;;彡j:::::::::::::::.......
.         . '  .    ; .丶         ト ,  . ..,:;:;:=:彳:::::::::::::::::::::::::::..
.        ,:´ .    '    ' `、        ヽ、.. ....::::;;;ジ.::::::::::::::::::::::
       ,'    . ■■■■  ; `.           ̄ ̄
   ,, -'''" .   .  ■■■■  . ' ';゛`'丶.、.......
.  '´     !    . ■■■■. ' , ;::::::::::::...`.::::::::....
 i       ヽ、..._,.__■■■■.,,__,.,..ノ.:::::::::   !::::::::::::...
. ヽ、                      ,: '.:::::::::
    `=ー--、....,,,,,______,,,,,... --‐=''´..::::::
      ``" '' 'ー───‐―‐' ''' "´

そこでおにぎりですよ。

18 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 02:33:14 ID:???
>>1
乙。


19 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 02:33:53 ID:???
ヽ \  イ     /{ !   |
. ヽ  ヽl      ト |ハ ハ
   \ \    lァ〒ミVー|     / , イ /
    l ̄ l   ! |j. ト-‐::ト !     l /_! /j /
ヽ   ヽ ヽ  ヘ. l ` ='‐' ヽ   l/f=l ヶリ
 {ヽ.   ヽ. \ ト、l      ヽ、 ト弋7:ノ イ
 l/ \   \. \\     :: \{    ̄ |
     \   \  \   _ ′  ヽ    /!
       \   \  \ - `ヽ    /`j       /
         \   \   ーj、_ ..  ‐i ´   l    / /
         \   ー ヘ>'⌒V  , _,../  /イ ィ´ ̄
          ゝ、   /   l二´ /_,∠lヽ´  ヽ
__ ....  -- イ   \ /   /   }´    ヽ   !

ナイフとフォーク・・・ナイフとフォーク・・・

..\   \_,/ /      ,イ |  /
  \  \  /      //rく| /|
.   | ̄ ̄|  |    i  /ァ'≧、|/、|
    \  \|    | .| { ト--'ミト |       / /|
     \  \   | | ``=='^`|     /∠.._|  //
. \      \  \  |ヽ|      ヽl   |/テ‐-|∠//
.   \     \  \| \      ヽ  |\辷シ7/
.    \     \  \       .:  \|   ````/
.     \     \  \ ‐- 、         /         /
         \     \  \`` `      _/|.        /
          \     \__\_,. -ァ‐ ''"   /      /
_         \      / ̄\/    /    / /|
   ̄ ̄`ー──--イ\   /   /|ニ_ ̄`7  _,.-≦__,ィ'´ ̄|/
    `ヽ、    |  .\/   /'"´ ̄}∠.-='─ヘ    |

フォ ー ク が 無 い ぞ ! ! ! 

20 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 05:54:48 ID:???
おはようございます。
新スレ立て乙です!!

前スレ、阿呆なことをつらつら書いて埋め立ててしまいました。
ごめんよ。

今からザラ部長のところへ行って、何か旬の野菜をもらってきますw
でも、即死回避に間に合わなかったらスマソ。
確か、前スレでも間に合わなかった気が・・・(^^;)


21 :ラウ:04/11/02 06:39:13 ID:???
昨晩、得僕君と同居人の少女が我々の新スレを訪れた。
保守に協力してくれる為の来訪のようだ。
少女は折り紙で作った花を1輪私にくれた。
彼女はとても眠そうに見えたが、それでもとびきりの笑顔をムウと私に見せてくれた。
いじらしい少女だ。

今朝、私は早起きをした。
昨夜作成して冷蔵庫に寝かせておいた生地を型抜き、クッキーを焼く。
小さなハートと星の形のクッキーだ。
焼きあがったクッキーを、よく冷ましてからシリカゲルと共に広口のビンにつめ、リボンを結んだ。
これでよし。
むむう、もうこんな時間か。
得僕君の近所の住民どもが1日の活動を活発にしだす前に持っていかなければ。
私はムウの自転車を借り、得僕君宅へ向かった。

22 :ラウ:04/11/02 06:59:14 ID:???
自転車を飛ばしながら、私はふとあることに思い至った。
そういえば、得僕君の近所の住民に追い掛け回された際、彼らは皆なにやら
一様に仮面がどうのこうのと言っていたな。
ふむ。
私は自転車を一旦停め、仮面をはずして携帯していたサングラスをかけた。
まあ、物は試しだ。
私は再び自転車を走らせた。

得僕君宅に到着した私は、牛乳瓶受けの横に紙袋に入れたクッキーをそっと置いた。
あやしまれる事のないよう、ムウと私の名を入れたメッセージカードも添えた。
これでよし。

得僕君の近所の住人はもう朝の活動を開始していた。
数人が家の前の掃除をしたり、新聞を取り入れるために外へ出てきたりしていたが
私に気を留めるものはいない。
うむ。これからこの地区を訪れる際はサングラスだな。

それにしても、この地区に出没するらしい本来追われるべき仮面の男は、
いったい何ゆえに住民どもに狩られる立場に陥ったのだろう。

・・・むむう。


23 :ラウ:04/11/02 07:11:09 ID:???
>>10は、その〆口上から前スレで来訪のあったホーク姉妹の同居人のお嬢さんとお見受けするが、
ここに置かれた「保守ダディ」なる人物は彼女の父君なのであろうか。
クッキーをお渡しするのもはばかられるものがあるので、とりあえず、ムウと私から
心より御礼を申し上げておくとしよう。

保守ダディ殿、感謝する。

24 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 09:08:52 ID:???
職人さん、乙です!
前スレ完走おめでとうございます。
これからも頑張ってください!

25 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 09:31:23 ID:???
>23ラウさん

ダディことダディヤナさんって、こんな人です。
ttp://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1099215085/

そんだけ

26 :ムウ:04/11/02 12:16:26 ID:???
「こんにちわ!」
と居間にいる俺に声をかけてきた双子姉妹が2組。玄関の呼び鈴はなっていない。
もちろん我が家の住人は、俺とラウの二人。なんで普通に彼女たちが居間に居るの
かはともかくとして、俺は、あわてて鑑賞中のAVを消した。
「いやぁ、お嬢ちゃんたち。いつの間にか増えて、驚くじゃないの。」
「昼間からそんなもの見てるから、驚くんじゃないですか?」
と冷ややかに貧乳のお嬢ちゃん。
「そういえばわたくしたち、玄関からきちんと入ってきたことありませんわね。」
「そうね。今回は引越し祝いに来ただけだから、戦闘服着て突入する必要なんかな
かったのに。そう思わない?白ピンクと私?」
「そうかもしれませんわね。」
「それはともかく私が二人というのも変よね。ねぇ、2人目の私、あんたは、このまま
黒ピンクと暮らしなさいよ。私は思い切って、白ピンクと…。」
「それでも良いけど、本当はどっちが黒なのよ。」
「うーん、それ言われちゃうと困っちゃうな。何しろ中身の問題だから、本当に
黒いのはどっちかと言われると、私にも断言できないし…。」
「あらあら、ちょっとおかしいですわね。お2人に選択権なんてありましたかしら。」
なんだか電波な会話が飛び交っているが、聞かなかったことにしておこう。
「ところで引越し祝いとか言ってたけど、その格好でここに来たからには、また何か
あるってことかな?」
「そうですわ。ご挨拶が遅れましたわ。お引越しおめでとうございます。それで本日は、
隊長さんにお引越し祝いの品をお届けに参りましたの、わたくしたち。」
そうして俺の前に置かれたのが、熨斗のついたダンボール箱。ピンクのマジックで
「お引越祝い ラクス・クライン楽綿」と書かれている。
「参考までに、中身について聞いても良いかな?」
「もちろんですわ。箱の中身は、長野名物ざざ虫と蜂の子、それに蚕の蛹の佃煮
ですの。まさに自然が生んだ健康食品、隊長さんもきっと喜ばれると思いますわ。」
「慣れれば、滋養豊富で美味しいみたいですよ、ムウさん。私には無理ですが。」
「では、ごきげんよう。隊長さんによろしくお伝えください。」
引越し祝いに大量の佃煮?まあ、いっか。ラウが帰ったら渡そう。
俺はさっきのAVの続きを見ることにした。うっひょー!やっぱ。いいねぇ。

27 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 14:16:24 ID:???
前スレ、埋めなきゃと思ったらもういっぱいだったらしい。

>ERROR:このスレッドは512kを超えているので書けません!

といわれてしまいますた。

28 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 14:19:42 ID:???
>>27
アレって501KBくらい行ったらもう無理なんよ

29 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 14:29:58 ID:???
>>28
だったら、あの時点でこのスレ立てたのは間違いじゃなかったのか。
良かった…

30 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 20:06:19 ID:???
とりあえず引っ越し祝いに、じゃパン置いときますねつ○
それだけなんですよ

31 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 20:29:40 ID:???
     / /          〃:::::::::/ '" "   `゙''‐ 、::::::l   !      !:::::::::l
      //       / ./:::::::/            `y′,/!   ト, ./:::::::::::|
.     l l!       /| !:::/               / /:/  /::}/:::::::::::::l
.     !||   |  l  !:::! .l-‐===、   ヽ   / ._∠ -:::::/,/:::::::::::::::::::::/
     {.゙、  || |   |::::ヽl:::,.-‐==、ヾ、  }w/{   /,.=≦彡_:::::::::::::::::::::::::::/
       ヽ |:ヽ|:.、 !::::::::::{!  (・) .,}:\)/:::::::゙'-="f' (・)   }!:::フ;;;;;;;;:::;イ
        \::::::::\\::t、_'ー--‐'",. -、/`´\ヾ.`''ー--‐'"-,:::::|》):::::::!
         !::::::::::::\ :\__゙'''''"´     l'ヽ  ` ̄ ̄   /:::::l彡:::::/  
         \:::::ミ|ヽ ̄ ̄          |::::`,      /:::::::l::::::/    32KB稼がなきゃいけないんだよ!!
.           ,ィソヽ、__l!            |:::::::〉       !:::::::ト/:ヽ\
        ,. ‐'/     |',           }!/      l::::::/|::::::::::', ヽ.
    ,. '"´ /       l:ヽ       /,   __,     、   /::::/:::l:::::::::::l  ヽ\
        /      !:::\    巛二二二二二|}  /:/::::::l:::::::::::l  ヽ \
.       /        !::::::::\      ,,,,,,,,,,,,,_   ゙  //:::::::::l::::::::::::|   ヽ
      /         l:::::::::\ヽ   (::::::::::::::::::>  /;';/:::::::::::l::::::::::::!     丶
.     /          l:::::::::::::ヽ::\ `''''''''''''" /;';';/:::::::::::::l:::::::::::,' 
     /          l:::::::::::::::::\:丶、._,. -';';';';'/:::::::::::::::l::::::::::::
   /             !::::::::::::::::::::\:\;';';';';';';/::::::::::::::::::::ト,::::::::::

32 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 20:46:17 ID:???
盟主の中の人、ありがとう。いい人だ〜!
あと1KBですね…

33 :ムウ:04/11/02 20:50:47 ID:???
                , --- 、
          , -─一く     `ヽ、 
        , -'´        ⌒ヽ   `ヽ、
      r'´        /   /三     \
      /         /    /⌒ヽ     ヽ
      |         / |    {   | |    }ヽヽ
      ヽ       | |l     |`、 ⊥ト||  ヽ、リ
      |       |  !ト、  ヽヽ r テ|  ニ<
      |       |>、||ヽ_`ヽ、\ ├」|      `ー--、
       ヽ        | r イノ{   ̄    ト$     <
       ヽト、    ヽ '"´     ヽ j  \     /
私とムウは \ニヽ   `ー‐イ   _,' /|    `  /  どうなっちゃうのかな?
          ヽT\    ̄`ヽ ‐'"-/ ヽ    `ヽ
          } }  \ヽ、_  `、__ノ  }}三=< 
          ノノ|  {入   /ヽ ヽ  〃     `` '' ‐- 、__
        ,  '´⌒ヽリ/ \/  }}| L //             /  ハ
      , イ      /ハ∧ヽ  |佝//〜──┐    /  / !
     / /     rt_厂l/   ヽ  `ー‐'      |    /  /  |
     |  |    |        }           `ヽ、  \ /  |

34 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 20:51:26 ID:???
名前欄消し忘れてましたorz

35 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 21:04:09 ID:???
>>34
ガンガレ、超ガンガレ!

36 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 21:24:28 ID:???
>>33
フッ…自演とは堕ちた物だな!ムウ!

37 :通常の名無しさんの3倍:04/11/02 22:13:45 ID:???
                  ,.ィ;.:.:.:.:.:.:.:r-、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
             __,.. -‐'´_ノ'.:.:.:.:.:.:.:.:!`ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
           ,. '´、 、 ,r'"´.:.:.:.:/,.ィ:.:./:/.:.:`丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
         , '´  ゝヽヽ>-、:.:.:./∠/:.:イ,イ:!:|:.:.:|:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:
     _,. ‐'´    ー='-' ,ゝ-':.:.:.l/,,,、!く l:| |:!:|、:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ,. イ       /   ノ、!:.:.:.:.:.:K{_,...)}ヽl| |:l:| ヽ:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
'´:;:;:;:;:|   ,.. -‐ '´`T"´|;:;:;:l:.:.:.:.:ド、ヾ=''    !|| -ヽ!}:.:.:.:.:.:.:.:.:
;:;:;:;:;:;:;:! /;:;:;|:;:;:;:;:;:;:l:;:;:;:l:;:;:;リ:.:.:.:l  `     l|l! =、 ゾ!:.:.:.:.:.:.:.:.
:;:;:;:;:;:;:ヾ、;:;:;:;ノ:;:;:;:;:;:;i:;:;:;/;:;:;:ノ/.:.:ト  , 、 '     ヽ ,!:.:.:.:.:.:.:.:.:
;:;:;:;:;:;:;. -‐く´;:;:;:;:;:;:/;:;:/;:;:;/:∧.:.:!:ヽ ! `>     _//.:,.イ.:/
-‐'"´- ... __ヽ;:;:;:ノ_/,..__;:|/;:;:;ヽ!、,ハ `' ´ __ ... ニ´イ´.:.:./ノレ'
 ̄ ̄` ー―---‐ '"´::::::::::`/;:;:|ノ`/フ_´ヘ_,.イ/.:.:.:,ィ/
´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:;:;:;:ヽi_/;:;:;:;!:.:/;イ:.:.:.://
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;:;:;:;/::::!;:;:;:;:,、!//.:.:.:/;:;}
:::::::::::::::::::::::::::::::,、::::::::::::::/;:;:/:::::::::|;:;:;:;/::`<´!;:;:;:;/
:::::::::::::::::::::,. '´;:;:`丶、:/;/::::::::::::::i;:;:;:/:::::::::::ヽノ:;/ >>34
ヽ、_,. '"´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/'´:::::::::::::::::::|;:;:/::::::::r‐'´;/  大丈夫〜ぅ?
 ̄`ヽ丶、;:;:;:;:;:;:;:;/::::::::::::::::::::::_|:;/:::::::ノ;:;/
    `丶` ー ':::::::::::::::::::::/ /:レ::::://
      `丶、::::::::::::r‐</:::/イ;:/
        /`` ー '"´::::::/   l/
       /::/::::::::::::::::::::/
      /::/:::::::::::::::::::/
     /:::::/::::::::::::::::/


38 :ラウ:04/11/02 23:07:56 ID:???
夕刻、装いも新たな我が家に帰ってくると、台所に段ボールが一箱。
「朝にはこの様な物は見なかったが・・・・」
何か、近寄りがたいオーラを感じる。
「おかえり〜、ラウ。
 ああ、それはピンクのお嬢ちゃん達が引越祝いって置いてったんだよ」
「ほう・・・、中身は何だ?」
「なんか、佃煮とか言ってたけど?」

いやな予感がする・・・・・・。
佃煮という物は、大抵の場合保存の利く魚や虫等が思い起こされるが・・・・。
ま さ か ! ! !

急いで『お引越祝い ラクス・クラインs&楽綿s』と書かれた禍々しいオーラを発する箱を開梱する。
瞬間、これはパンドラの箱だと云う事を思い知らされた。

 や っ て く れ る ! ! ! !


ピンポーン♪
この大量なおぞましき奴らの佃煮を前にして、
どの様に処分するか思案している最中、
まさに、救いとも云えるチャイムが鳴った。

これ以上、奴らの事を考えるのも嫌気がさして来ていた。
よろけながらも、この救いにすがる。

39 :痔俺:04/11/02 23:11:58 ID:???
ディアッカが電話で何か話している。
どうやらヤツの隊長の先代仮面のおっさんが電話相手らしい。
「マイフレンド。お前も来い。」
一体なんだ?
また町内会の運動会でシンクロやるのか?
「HAHAHA。この時期そんなクソ寒いことどこのマゾがやるんだ、非グレイトォ!
隊長のとこが引っ越したんで、お祝い&支援に行くんだよ。お前も来てKB稼げ。」
はいはい。
なんにしても、あの親子2代仮面さん本編とは違っていい人+感じのいい兄貴分だし
な。
って、ディアッカ、KB稼ぎはもう必要ないみたいだぞ。
「非グレイトゥ!」

他の俺に連絡するかどうかはスレの流れ読んでからにする。

そんだけ


40 :ラウ:04/11/02 23:40:05 ID:???
「「「「こんばんわ〜」」」」
「引越をしたと聞いて、ご挨拶に・・・・あれ?」
ふ、ふふふふふふはははははははははは!!!!
これこそは、まさに救い!
あの様な罠を設置しておいて、のこのこと現れるとは!

白「なにか、のっぴきならない状況になっている気がしますわ」
一「あ〜、やっぱりやめた方が良かったんじゃない?」
二「あ、姉者? そんな呑気な事を云っている場合では・・・」
黒「あら? それでは、私達のお引越祝い其の二は無駄になってしまいましたわね。
  せっかく、秋の味覚を堪能して戴こうと思って持ってきたのですが」

そこで、私の乙女の柔肌より敏感な感覚と嗅覚に、何かを感じる。
「秋の味覚・・・かね?
 参考までに、内容を教えて戴きたいのだが」
黒「あら、それは見てのお楽しみですわ」
白「お引越祝いは多くて悪い事等在りませんわ、ささ、どうぞ」
一「流石にあれだけじゃあ夢も希望も入ってませんから、それなりの物をそろえましたから」
「むむう・・・・・・その言葉、信じよう。 有難く頂戴する」
二「じゃあ、私が中まで持っていきますね。 かなり重いですから」
そう言うと、彼女は随分と巨大なソレをもってキッチンに向かう。

白「それでは、秋の味覚をご堪能下さいね」
そう言って、彼女たちは去っていった。

41 :ムウ:04/11/02 23:56:54 ID:???
なんか、また貧乳と巨乳のお嬢ちゃん達が来たらしい。
更に、祝い品を持ってきてくれたみたいだけど、いったい何なんだ?

「ラウ〜、今度の奴は何だ?」
「・・・・これは、凄いな」
っていうだけあって、本当に凄かった。
栗にサツマイモ、柿、さらに松茸まで入ってる。
「うっひょ〜、こいつはすげぇ」
「ま、まあ、何にせよ、感謝はしなければいけないな」

しっかしこれだけ大きな物、どうやって運んだんだ?
「二人目の同居人と名乗る女性が置いていってくれたが」
ああ、貧乳のお嬢ちゃんね。
「・・・これでは料理が出来んな。
 ムウ、一つもってくれないか」
「おっけ〜」
じゃあ、まずは手始めにこのおっきいのからって・・・・。
動かneeeeeeeee!!!
なんじゃこら!!?
「この重さ、女性一人処か大の男二人がかりでも難儀するぞ」

結局、動かせ終いでその日は残り物で夕食を済ませた。

どんな力してんだ、あのお嬢ちゃん。

42 :通常の名無しさんの3倍:04/11/03 01:14:44 ID:???
ARMSですから。

それだけです。

43 :通常の名無しさんの3倍:04/11/03 05:41:08 ID:???
すみません。>>26のラクス嬢たちからの引っ越し祝いの続き、パラレルさせてください。

カメですみません。
おまけに6レスもあります。すみません。

萎えてしまう方、スルーの程、よろしくお願い申し上げます。orz

44 :ラウ:04/11/03 05:43:40 ID:???
職場からの帰宅途中、私は我が家の方角に不穏な空気を感じた。
・・・むむう。
この、胸を締め上げるような嫌な感じはいったい・・・?
嫌な予感は我が家へ一歩近づく度により強くなり、ついには私の脳内でアラートが
鳴り響く程になった。
・・・むむむう、このまま帰宅してはいかん!私の勘がそう告げている!!
しかし、何故だ?何があったというのだ?
私は立ち止まり、携帯から自宅にいるはずのムウに連絡を取った。
「ああ、ムウ。私だ。・・・・なにか変わった事はないか?」
『おう。昼間ピンクのお姫様二人と貧乳のお嬢ちゃん二人が引っ越し祝いを持ってきたぞ〜』
・・・むむむむう!ラクス=クラインかッ!!
「そうか。それはありがたいことだな。祝いの品はなんだったのだ?」
『佃煮だってさ。ダンボール一箱置いていってくれたぜ』
・・・つ、佃煮!?
「ほう。一体何の佃煮なのだろうな。そのように大量とは」
『ん〜、ざざ虫とか言ってたぜ。あと、蜂の子とか蛹とかいなごとか・・・」

・・・くぅぅぅぅぅぅぅぅぅううううううッッ!!

えぇい!ラクス=クライン×2め!!

や っ て く れ る ! ! ! 

45 :ラウ:04/11/03 05:47:45 ID:???
「それは素晴らしいな、ムウ。ざざ虫の佃煮といえば、世界にも類を見ない珍味なのだ。
 酒の肴には最高だ」
『へえ〜、そうなのか〜』
「・・・ムウ。虎を呼べ。今夜はその佃煮どもで転居祝いだ。私はこれから佃煮どもに
 負けることのない、腰の据わったいい味わいの酒を見繕ってこよう。さいわいにも
 今この時期は、樽から出したばかりの火入れをしていない生酒や生詰めの酒が
 数多出ている。中には原酒もあるだろう。楽しみに待っているがいい!」
『うっひょ〜!!サンキュー、ラウ!!じゃあすぐに虎と連絡を取るよ!あ、マリューにも
 声かけてやっていいかな?』

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

『ラウ?』
「・・・ムウ。悪いことは言わん。今回だけはやめておけ。・・・・・貴様のためだ」
『ええ〜?なんでだよ〜。つめたいじゃないかラウ』
「私は少し急ぐ。では虎の方、頼んだぞ、ムウ」

マリュー嬢に関してのみ一抹の不安があるが、とりあえずこちらはこれでよし!
私は携帯を切り、現時間を確認した。
うむ。まだ職場にはアデスがいるはずだ。
私は急ぎアデスに連絡を取った。
「アデスか。私だ。私のプロヴィデンスを用意させろ!至急だ!」
『ですが、隊長・・・』
「ここでこのまま見物している訳にもいかんだろう!あの佃煮どもを、私の目の前で我が家の
 食卓に上げるわけにはいかんのだからなッ!! いいな!私もすぐに戻る!!」
『しかし隊長、いったいどちらへ・・・』

「決っている!ベトナム、もしくはタイだ!!」


46 :ラウ:04/11/03 05:49:32 ID:???
アデスに指示を出し終えた私は、なじみの酒屋へ赴き、私好みのよい酒を
一升瓶で2本、四合瓶で1本、合わせて選り取り3本見繕った。
一升瓶2本はムウと虎とおそらくは虎に随行してくる赤毛の青年へ、
四合瓶は私の都合で残業せざるをえなかったアデスへのものだ。
アデスはともかく、ムウや虎にはもったいない酒だが、大量の佃煮どもを食い尽くして
もらうには、いかに大食らいの奴等とはいえやはり良い酒がこのくらいは必要だろう。

酒屋で会計を済ませた私は、再び職場へ戻った。
「隊長・・・!」
アデスが入り口で待っていた。我々は共に格納庫へ向かった。
「準備は整っているだろうな」
「はい。すぐに発進いただけますが・・・」
「ご苦労だったな、アデス。遅くまですまなかった。これはほんの気持ちだ」
「これはまた・・・!純米吟醸のひやおろしですか!しかし隊長、これではかえって・・・」
「いや、勤務の後に店もあるのに無理を言った。私の気持ちだ、受け取ってくれたまえ」
「そうですか・・・では、ありがたく頂戴します。ごちそうさまです隊長!」

「うむ。秋の夜長を楽しんでくれたまえ。・・・ラウ=ル=クルーゼだ。プロヴィデンス、出るぞ!!」


47 :ムウ:04/11/03 05:52:17 ID:???
おれはラウに言われたとおり、虎にツナギをつけた。
「うまい酒と世界に類のない珍味」と聞いて、虎はすぐにやってきた。もちろん赤毛君も一緒だ。
暫くすると、地響きと轟音とともにラウがプロヴィデンスで帰ってきた。
「おかえり〜、ラウ!虎たちもう来てるぞ〜ってか、なんでプロヴィデンス?」
「うむ。急な任務でな。これから出なければならなくなった」
「えぇ〜!?じゃ、『酒と珍味でお祝い』は!?」
「 大  変  残  念  だ  が  いたしかたない。貴様らだけでやりたまえ」
「悪いなクルーゼ。キミの分まで祝わせていただくとするよ!何でもすごい珍味だそうじゃないか」
「そう!その通りだ!!ざざ虫の佃煮なるものは世界中でただ一地域、日本の長野県内でのみ
 採取製作されている珍味中の珍味なのだ!!食の文化ここに極まれり、だな。素晴らしい!!
 買えばこんな小さな缶詰でも2000円以上はする」
「へぇ〜、すごいものくれたんだな、お嬢ちゃんたち」
「ラクス嬢は嫌がらせに金銭を惜しまんタイプのようだからな」
「へ?」
「いや、こちらの話だ。他の佃煮もなかなかのものだ。何より栄養価が高く、高たんぱく食である
 これらの佃煮は、我々(くそぅ!)軍人にこそふさわしかろう!!」
「「「へぇぇぇぇ〜〜〜」」」
「これが私がセレクトした酒だ。どちらも貴様らにはもったいないほどの出来栄えの逸品だ。
 味わって呑みたまえ!ではな。後は頼むぞ、ムウ」
「まかせとけ!!」
ラウはプロヴィデンスでまた地響きと轟音と共に飛び立っていった。
「よっしゃ〜!んじゃ、始めるとしましょうかねぇ♪」
おれ達は酒の支度をして、件の佃煮を開けてみた。

「「「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」」」

「・・・・・これが、世界に類を見ない、珍味中の珍味、か、フラガ・・・・」
「・・・・・ああ、そういうこと・・・らしいな、虎さんよ・・・・」
「・・・・・食べてみたまえダコスタ君」
「た、隊長〜〜〜〜っっ!」

48 :ムウ:04/11/03 05:54:00 ID:???
おれ達は、結局じゃんけんをした。
そして結局赤毛君が一番負けた。
「い、いいですね、食べますよ!」
「はやくしたまえ、ダコスタ君!」
「くっ!」
赤毛君は目をつぶって佃煮を口の中へ放り込んだ。
「あ、意外とおいしい」
「ほんとかぁ〜?」
「担ぐ気じゃないだろうな、ダコスタ君」
「隊長も食べてみてくださいよ。ああ、これ日本酒に合いますよ・・・って、この酒、うまい!!」
「ほう。なかなか・・・」
「まあ、見た目気にしなけりゃ普通に佃煮だよなあ。うん、いけるじゃんこれ」
おれ達はラウが置いていった酒を呑みながら、佃煮をつまんだ。
ざざ虫で度胸が付いたおれ達は、後のイナゴや蜂の子なんかはわりと平気だった。
ラウが選んできた酒はほんとに美味くて、ついつい酒が進んじまう。
酒が進むとついつい摘んじまうんだよな〜。もう何十匹食ってるだろう。

ありがとな〜。ピンクのお姫様×2と貧乳のお嬢ちゃん×2〜!!


49 :ラウ:04/11/03 05:56:55 ID:???
私はタイまでプロヴィデンスで飛んだ。
市場の傍らに着陸し、降りて目当ての食材を捜す。
この国になら必ず・・・・・・・あった!!

「そのタガメ、全て買い取らせていただこう!」

私は市場に出ていたタガメを買占め、段ボール箱に詰めさせた。
ふっ。これでよし!
税関なんぞにかかわってはおられんからな。
私は段ボール箱にパンパンに詰まったタガメをプロヴィデンスへ載せ、
職場へ向かい機体を駆った。
あとは職場の流通網を裏から使い、コレをエターナルのラクス嬢宅へ送るだけだ。
お嬢さん方は昆虫食がお好みのようだ。
さぞや喜んでくれることだろう。
ふふふ。ふははははは。

ほんの気持ちばかりではあるが、私からの内祝いだ。
ご賞味あれ!!ラクス嬢×2、そしてその同居人のお嬢さん×2!!!

それだけだな!

50 :ラウ:04/11/03 06:39:10 ID:???
私は職場で時間をつぶし、未明に帰宅した。
家中に、いびきの三重奏が響いていた。
居間で、ムウ、虎、赤毛の青年が呑みつぶれて眠っている。
佃煮は・・・うむ。全て食べきったようだな。
しかし酒も1滴も残っていなかった。
まあいたしかたない。背に腹は変えられん。
ふと見れば、ムウの頬に赤い手跡がついていた。
貴様、酔った勢いで呼んだな?マリュー=ラミアス嬢を!

ともあれ、私の目的は達せられた。
ご苦労だったな、3人とも。
私は押入れから客用の布団を出し、3人の上にかけた。

さて、私も暫し休むとしよう。


それだけだな。

51 :通常の名無しさんの3倍:04/11/03 11:33:48 ID:???
乙津でーす!

52 :通常の名無しさんの3倍:04/11/03 12:37:03 ID:???
ワロタw
私用でプロヴィデンスかよw

53 :通常の名無しさんの3倍:04/11/03 12:58:00 ID:???
初カキコミ!
本編よりこっちの方が楽しみだ〜。
これからも頑張ってください!

54 :通常の名無しさんの3倍:04/11/03 12:58:53 ID:???
本編は二人とも出てないからな…
似てるのはいるけど。

55 :ラクス&楽綿:04/11/03 15:10:24 ID:???
「こんにちわ、軍本部からラクス・クライン様へお届け物です。サインをいただ
けますか?」
なんだろう?この大きな容器。差出人は、ラウ・ル・クルーゼ。品目は、引越し
内祝い(生物、取り扱い注意、水温25℃以上冷蔵・冷凍厳禁)!?
「ちょっとピンク!隊長さんからあんたに変なものが届いたわよ。」
「あら、なんですの?」
「なまものって書いてあるわ。でも変な注意書きも。」
「随分大きな入れ物ですわね。引越し蕎麦に、引越しの内祝い。隊長さんは礼儀
正しい方ですわね。」
「あんたマジでそう思ってんの?この金属容器。それに『水温25℃以上』の
但し書き。怪しいと思わないの。これはあんたの佃煮のお礼に決まってるわ。」
「貴女は人情というものがわからないのですか?蓋を開けてみれば、わかり
ますわ。隊長さんがどのような方であるかは。とりあえず開けてみてください。」
「えー?私が開けるの?」
「わたくしには、この蓋は重過ぎますわ。」
「あ、まあそうね。」
箱の中身は、多量の新鮮な「いきもの」だった。軽いめまいを感じる。
「まあ、これは?」
「これは…たぶん、タガメね。田んぼとかにいる奴だったかしら。ほうら、やっ
ぱりあんなの贈るから、倍がえしされるのよ。」
「…かわいいですわね。」
「えっ!?」
「なんだか、とてもかわいいですわ。さっそく水槽で飼育することにしましょう。
タガメさんは何を食べるのですか?」
「そんなの私に聞かれても…。だいたい家に水槽なんかないじゃないの。」
「では、とりあえずバスタブに…」
「やめて!タガメには羽があるのよ。そんなとこに入れたら、部屋の中飛び回る
じゃない。勘弁して!と、とにかく話し合いましょ。家の中の飼育は反対です!」
「残念ですわ。でも貴女がそこまでおっしゃるのでしたら、わたくし諦めますわ。」

56 :ムウ:04/11/03 15:12:03 ID:???
新居に引越ししてから数日たった。ここでの生活も悪くはない。しかし今朝から妙な
ことが起きている。我が家の周りが工事の音でやけにうるさい。隣だけというのなら
わかる。しかし八方から聞こえてくるのだからたまらない。俺は気になって、外に出
てみた。家が解体されている。道路を挟んだ向かいの家も、右隣の新築だった家も
裏の建築途中のマンションは、なぜか解体モード移行している。ラウは、朝から仕事
だから、気にならないだろうが、家にいる俺はたまったもんじゃない。なんなんだ?
いったい!
よく見れば、どの現場にも同じ業者が入っていた。俺は、文句のひとつでもつけて
やろうと、現場責任者に会いに行った。
「すいません。急に仕事が入りまして、ご挨拶が遅れ申し訳ありません。」
「もうちょっと静かにできないかね。それに何で我家の周り全部なんだ?」
「うちの会社も請負でしてね。細かいことは良くわからないんですよ。」
「なんだか新築の家とか、裏の建築中のマンションまで壊しているみたいだが…。」
「そうなんですよ。実は今時珍しいんですが、いわゆる地上げってやつで。」
「地上げって、バブルは当の昔に終わったんじゃないか?」
「まったくです。それも変な地上げですしね。」
「なんだい。そりゃ?」
「いや、普通地上げっていったら、大きな通りに面した四角い土地を作るように買い占
めるわけですよ。ところがこの工事日程表を見ると、この4m道路を挟んで真ん中にぽ
っかりとお宅が残ることになるんです。」
「へぇ…そりゃ確かに変だな。で、結局何ができるわけ?」
「さあ、それが私にもさっぱり。仲間の業者に言わせるとバイオトープとかいう建物が
立つらしいんですよ。」
「バイオトープ?それは、建物じゃないよ。人口の森とか池を作って、自然環境を再現
するやつだよ。」
「あー、そうだったんですか。いや解体業は長いんですが、横文字に弱くて。そうですか。
自然環境の再現ですか。これは勉強になりました。」
しかし、なぜ家の周りにそんなものが俄かに出来るのかについては、業者に聞いても
さっぱりだった。とりあえず、今夜ラウに話してみるとしよう。


57 :通常の名無しさんの3倍:04/11/03 15:26:34 ID:???
自分は今日は運がいい!
リアルタイムで楽しませていただきましたw

そこまでやるか!!ラクス=クライン!!!(笑)
むちゃくちゃ笑いました!



58 :通常の名無しさんの3倍:04/11/03 15:28:39 ID:???
乙!
嫌がらせと趣味には金を惜しまぬラクス萌え

59 :ムゥ:04/11/04 09:40:39 ID:???
近所の学校に行く途中の子供たちが、バイオトープが早く出来ないかと口々に言っている。
俺も早く出来てほしい。
早く完成して、静かに眠らせてほしいよ、ホント。

60 :通常の名無しさんの3倍:04/11/04 14:06:20 ID:???
新スレでも乙です。職人方
相変わらず面白い!

61 :通常の名無しさんの3倍:04/11/04 19:52:31 ID:???
新スレ引越しおめでとうございます!
隊長の家はアパート→マンション(オートロック付)→一戸建てとグレードアップですね。
さらにバイオトープで環境良好。
これからも楽しみです。

62 :通常の名無しさんの3倍:04/11/05 00:13:23 ID:???

すっごい飛びっぷりだったねえ

63 :通常の名無しさんの3倍:04/11/05 00:24:39 ID:???
俺マジでビビッたよ。何も情報ないし

64 :通常の名無しさんの3倍:04/11/05 07:21:32 ID:???
何が飛んだの?タガメ?

65 :通常の名無しさんの3倍:04/11/05 09:19:12 ID:???
鯖。お国の要請で全鯖飛んでいた。

66 :通常の名無しさんの3倍:04/11/05 09:46:37 ID:???
法務からの画像の件はデマらしい

481 :マァヴ ★ :04/11/04 23:53:24 ID:???
>468
.htaccessが壊れた(^_^;)らしい


67 :ラウ:04/11/05 12:51:57 ID:???
職場からの帰宅途中、私は我が家の方角に今日も不穏な空気を感じた。
・・・むむう。今度はいったいなんだ?
だが、ラクス嬢からの引っ越し祝いの時ほどではないので、私は自宅へと歩みを進めた。

・・・・・・・・!!・・・・・・・・・

家の側まで来た私は愕然とした。
どういうことだ!?これは!?
我が家を中心に周囲一帯が平地化されようとしている。
新築のはずの家屋や、建設中であったマンションまでもが解体に入っている。

・・・・んん!?

ふと気配を感じ振り返ると、向こうの四辻を黒塗りの乗用車が曲がっていく所であった。
その車の窓越しにちらりと見えた、あのピンクの頭髪と印象的な髪留め・・・ラクス嬢か?
何故彼女がこんな所に・・・?

むむう。

いろいろと疑問や得体の知れない不安がが残るものの、とりあえず私は家の門をくぐった。


68 :ラウ:04/11/05 12:55:23 ID:???
「おかえり〜、ラウ」
帰宅した私を、いつもと変わらないムウの声が出迎える。
私はなんはとなしにほっとした。
嫌な予感に胸がふさいでいたからだろう。
だが、いくらムウでも周囲の変動に気付いていない訳はなかろう。
私はムウに尋ねてみた。
「ムウ。この家を取り巻く環境に、今日1日で随分と変化があったようだが」
「ああ、なんか、大規模な地上げがあったらしくてな。バイオトープができるんだってさ」
「バイオトープだと!?」
バイオトープ。ドイツ語でビオトープ。
人が居住する地域に人工的に施される、自然生態系を作り出すための林や池などのことだ。
「家の裏手に完成図とかの看板があるらしいぜ」
「ほう。では見てくるとしよう」

家の外に出て裏手に廻った私は、件の立て看板を見つけた。
ほう。随分と規模の大きなものを作るのだな。しかしながら何故我が家の周囲を取り巻くように・・・?
その時、ふと私の脳裏を黒塗りの車に乗り込んでいるラクス嬢の姿がよぎった。

むう。何かが引っかかる。

我が家だけをぽつんと残し、その周囲に地上げをしてまで作られるバイオトープ。
そして、今時分我が家の近隣にいたと思しきラクス嬢。
この二つを結ぶ接点はあるのか・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、はたと気づいた。

タ  ガ  メ  か   !  !  ラ  ク  ス  =  ク  ラ  イ  ン  !  !  !

69 :ラウ:04/11/05 12:59:17 ID:???
うむ。ラクス嬢ならこのくらいのことはやりかねん。
ラクス嬢はおそらく先般のタガメを食してはおらず、このバイオトープ内の池に
放流するつもりでいるのだろう。
むむう!対策を講じなければなるまい・・・!!
自然生態系を作り出すバイオトープが我が家を取り囲むこの現状は、一般的に見れば
素晴らしいものであることだろう。
だが、極身近にできる自然生態系なぞ、私にとっては「やつら」との新たな闘いの狼煙に
すぎんのだよ>>61!!

・・・ふむ。あれだけのタガメが生息する為には、相当量の餌となる生物が必要となるは道理。
・・・よかろう!カエルだな!!
カエルは自身のみならず、子のおたまじゃくしもタガメの餌になりうる。
そして生き延びたものは、「やつら」の成虫、蝶や蛾を自らの餌として狩ってくれることだろう!!
最高だな。カエルは!

もしバイオトープの完成が来年の春であるのなら、タガメを数十倍上回る量のカエルの卵を
完成祝いの品としてラクス嬢にプレゼントするとしよう。
もし夏ならば、同じくタガメどもが食い尽くすことが不可能なほどのカエルたちだ。

水辺への生物の放流は、どこのバイオトープ完成式でも最大のイベントだ。

その栄えある一大イベントに、私の送るカエルたちを大いに活用していただきたいものだな!
ラクス=クライン!!


70 :ラウ:04/11/05 13:00:48 ID:???
「立て看、見つかったか?ラウ」
再び帰宅した私にムウが尋ねた。
「ああ」
私は短く答えた。
「うちの前を通る子供たちがな、み〜んな完成を楽しみにしているんだよ。
 早くできるといいな」
そうだな。
確かにビオトープが完成すれば、数年後には、住宅街では既に見ることのなくなった
オニヤンマやギンヤンマなどのトンボも現れるかもしれん。
最近はめっきりお目にかかれないベニシジミなどの蝶もまた、繁殖しだすかもしれん。
子供たちは喜ぶことだろう。

だがな、ムウ。

何 と 戦 わ ね ば な ら ん の か 、 見 誤 る な よ !

(↑でも戦うのはたぶんこの人だけ)


71 :通常の名無しさんの3倍:04/11/05 13:09:47 ID:???
職人さんGJ!
このスレのおかげでラウのファンになっちまいました。
戦いは長く、険しそうですが頑張ってください、隊長!

72 :通常の名無しさんの3倍:04/11/05 14:08:30 ID:???
このスレ見てから本編のラウを応援するようになってしまった。

時既に遅しか・・・・

73 :通常の名無しさんの3倍:04/11/05 16:34:21 ID:???
>最高だな。カエルは!
今週の爆笑ワードw

74 :通常の名無しさんの3倍:04/11/05 20:33:35 ID:???
職人さんGJ!!
カエルと聞いてこのスレ的に思い浮かぶのはメル欄…
隊長のさらなる活躍期待してます。

75 :通常の名無しさんの3倍:04/11/06 01:41:02 ID:???
>>74
最近は、カエルといえばムウさんの中の人の・・・でいいのかな?
一瞬平面蛙と思った自分はお年寄り・・・

76 :通常の名無しさんの3倍:04/11/06 21:38:37 ID:???
保守

77 :通常の名無しさんの3倍:04/11/07 14:29:11 ID:???
hosh

78 :通常の名無しさんの3倍:04/11/08 01:28:25 ID:???
ルクダルさんに、また作っていただきました。
よろしかったらどうぞ。

ムウとクルーゼの関係 2杯目
ttp://ruku.qp.tc/dat2ch/0411/07/1078574397.html

ちなみに以前作ってもらった1杯目はこちら↓
ムウとクルーゼの関係
ttp://ruku.qp.tc/dat2ch/0406/02/1060423260.html



79 :通常の名無しさんの3倍:04/11/09 00:17:24 ID:???
保守

80 :通常の名無しさんの3倍:04/11/09 16:23:34 ID:???
一杯目から読み直して、改めてここの人間関係が好きだな〜とおもた。
ラウもムウも、いいやつだよな。

81 :通常の名無しさんの3倍:04/11/09 17:15:09 ID:???
初めにスレ立てたやつの意図とは全く違うスレになってるけどなw

82 :通常の名無しさんの3倍:04/11/09 20:42:20 ID:???
>>78
d
笑わせてもらった。職人さん達GJ!
親子っていいな・・
痔、魔乳、虎、タコも3杯目に来てくれるといいw

そんだけ



83 :通常の名無しさんの3倍:04/11/10 12:47:37 ID:???
>78
ありがd
やっと1杯目を読むことができたよ

このスレがずっと何杯も続いていくといいな

84 :ラウ:04/11/11 07:30:57 ID:???
今日、勤務中にザラ部長から声をかけられた。
業務終了後、部長の執務室までこいという。
今回は一体なんだと思いつつ出向いてみると、里芋を3つほど手渡された。
今年の里芋にしては珍しく大きめの、ずっしりとしたいい芋だ。
「ふふふ。私が家内のレノアと共に完全無農薬で育て上げたのだ。
 今年は天候の影響を受けて市場の芋は全体的に小さい物が多いが、
 見るがいい、この芋の育ち加減を!」
「お見事です。ザラ部長」
「ふふ。我々夫婦にかかれば、里芋など・・・だな。わはははは」
・・・ふん。せいぜいのろけていろよ、パトリック=ザラ!
だが、細君の手腕は大したものだ。
「貴様に一箱わけてやろう。ありがたくうけとるがいい。カビさせたら承知せんぞ!」
「肝に銘じましょう。ではお言葉に甘え、ありがたくいただいてまいります」
「貴様の名の入ったダンボールを持っていけ」
部長の背後には例のごとく、「モラシム」だの「バルトフェルド」だの、見知った各隊の
隊長の名をはじめ、部長のシンパの議員たちの名がなぐり書きされたダンボールが
うず高く積み上げられていた。
私は自分の名を書かれた一箱を抱えて部長の執務室をあとにした。
廊下で特務隊のレイ=ユウキとすれ違った。私の後に部長に呼ばれたのだろう。
すれちがいざま、「クルーゼ」と汚い字ででかでかと書かれたダンボール箱を抱えて
歩く私を見て、深いため息をついた。

ふっ。ふふふ。

私にはあるのだよ!この芋を全て使い切る術(すべ)がな!!

85 :ムウ:04/11/11 07:33:15 ID:???
夕方、ラウが段ボール箱を抱えて帰ってきた。
見覚えのあるきったねえ字で「クルーゼ」とでっかく殴り書きされている。
また部長さんが野菜くれたんだな。
「おかえり〜、ラウ。今度は何だ?」
「うむ。里芋だ」
「へ〜、里芋かあ。なあ、何作る?」
「うむ。今日のところはイカと合わせて煮物にする。残りは明日芋たきだ」
「芋たき!!いいねえ!!今度はマリュー呼んでも大丈夫だよな!?」
「・・・・・・・・・・ああ」
「いよっしゃ〜〜!!・・・あ、ラウ。あと一人、声かけてみたい奴がいるんだけど、いいか?」
「私はかまわないが」
「ほら、このあいだ言ってた、ピキーンってくる坊主なんだけどな」
「ふむ、彼か。・・・よかろう。最高の芋たきを用意しよう」
「サンキュー!ラウ!!」

まだ仕事場で見かけるだけで話もしたことないヤツだけど、何か気になるんだよな。
でも、いい機会だ。
明日、ミネルバだったっけ?ザフトのあの新型艦のとこへ行ってこよう。


86 :ムウ:04/11/11 07:34:15 ID:???
翌日の夕方、おれは坊主の所へ向かった。
ミネルバが駐留している基地の外で坊主が出てくるのを待った。
通常勤務のやつらがゾロゾロでてくる。

・・・・・うん!この感じ・・・じきに来るな。

しばらくすると坊主が出てきた。
なんか、やたらきょろきょろと周囲を見渡している。
ふ〜ん、こいつもコレを感じるんだな。
「いよっ!」
おれは片手を上げて笑顔で坊主に近づいていった。
坊主は、目いっぱい怪しいやつを見る顔でおれを見てる。
ま、当然といえば当然・・・・はっ!!
なんてこった!!
事ここに及んで、おれは重大なことに気がついた。
おれは、紙袋に突っ込んで持ってきた『ネオ=ロアノークセット』を装着するのを忘れてた!!
「・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・」
う〜ん、これはまごうかたなくおれのミスだッッ!!
上げた片手の、下ろし場所がない。笑顔が引きつってきた。
それでも今更歩みは止められない!
どうする!おれ!
その時、おれの視界の端っこを、見たことのある二人連れがかすめた。
あれは・・・!いよっしゃーー!!
おれはこのチャンスを逃さなかった。
おれは片手を上げ、引きつった笑顔を浮かべたまま、坊主の横を素通りして二人連れの方へ向かった。
「元気にしてるか!?アスラ・・・」
「アスランじゃないッ!今はアレックスだ!!な?アスラン!?」

「・・・・・・・もういい。・・いいんだ・・・カガリ」


87 :アスラン:04/11/11 07:35:31 ID:???
日中訪れていたミネルバからの帰り、基地を出たところでフラガさんに声をかけられた。
「どうしたんですか?こんなところで」
「あ、ああ。あのな、キミの親父さんからもらった里芋で、今晩ラウが芋たきするんだ。
 だからお嬢ちゃんといっしょに来いよ。な?」
「カガリだッ!!」
フラガさんの話を聞ききながらも、誰かの視線を感じて俺は辺りに目を配った。
!?
たしかあれは、ザクファントムのパイロット、レイ=ザ=バレル・・・?
彼が不審そうに俺たちを見ていた。
だが、俺と目が合うとはっとした様子で敬礼し、去っていった。
「あ、じゃあそういうことで!助かったぜお二人さん!待ってるからな!!」
そう言ってフラガさんもそそくさと行ってしまった。
「・・・だそうだ。どうする?カガリ」
「行こう!ずっと前のマグロの時も美味かったよな、あいつの家の料理」
「ああ・・・そうだったな」
俺の脳裏に悪夢がよみがえる。
俺は小さくため息をついた。
「じゃあ、後程おじゃまさせていただこう」
「やったあ!」
悪夢を生みだした張本人ははしゃいでいる。
あの時の出来事など、もう記憶の片隅にも留めていないのかもしれない。
「ふふっ」
俺は思わず苦笑した。
クルーゼ隊長にお目にかかるのも、随分久しぶりだ。

でも、フラガさんは、一体何が「助かったぜ」なのだろう?

88 :ムウ:04/11/11 07:37:04 ID:???
どうなることかと思ったが、通りがかったアスランたちのおかげでどうにか場を乗り切った。
やっぱりおれは、不可能を可能に(以下省略。

彼らを芋たきに誘って別れ、おれはその辺の茂みに隠れて大急ぎでネオセット装着を開始した。
早くしないと坊主が行ってしまう。
おれは今着ている物をぱっぱと脱いだ。
が、その時、ザフトの女の子が二人、楽しそうにくちゃべりながらこっちへ歩いて来た。
や、やべえ!
「それでね〜お姉ちゃん、副長ったらまた・・・」
「しっ!何か、いるわ!」
「えっ?こわ〜い」
「ここにいて。最近時々熊やらパンダやら出るらしいけど大丈夫よ。私が守ってあげる!
 こっちかしら・・・・・・え?」
「「!!」」
女の子がひゅッと息をつめる音がした。
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・や、やあ・・・お嬢ちゃん・・・・・・・・・」

「きゃあああああああああ!!!!いやああああああああ!!!!!」

「どうしたの!?大丈夫!?お姉ちゃん!!」
「だめよメイリン!こっちこないで!走って!!早く!!」
「えぇっ!?」

「だれかーー!!だれか来てーー!!変  態  で  す  ー  ー  ッ  ッ  ! !」


※ネタです。熊やらパンダやらいそうな所には、あえて近づかないでくださいw


89 :ムウ:04/11/11 07:38:22 ID:???
うっひょ〜〜!!
冗談じゃないよお嬢ちゃん!!
「きゃあ」は見られたこっちの台詞!言うに事欠いて「変態」はないでしょ〜!
おれはダッシュで黒い軍服を着てかつらと仮面メットを被った。
「どこだ!変態は!?」
「こっちです!早く!」
「ザフトの基地周辺に現れるたあ、ふてえ野郎だ!!」
口々に何か叫びながら銃器を手にしたザフト兵がわらわらとこっちへ向かってくる。
まずいな。このカッコウで見つかったら、尚のこと始末が悪い。
おれはひとまず、荷物をまとめて手近にあった高い木に登った。
登ったついでに下を見下ろし、おれのターゲットを捜す。
あ〜あ、もうあんな所を歩いてるよ・・・。

「くっそー!どこ行きやがった!変態め!!」
「逃がしたか・・・!」
暫くすると、ザフトの奴等も諦めて撤退していった。
ふぅ〜〜。やれやれだ。
おれは周囲をもう一度確認し、木から降りた。
ようし、行こう。あくまでも慎ましくな。

おれは坊主を追いかけた。

90 :ラウ:04/11/11 07:41:48 ID:???
職場からの帰り、私は3つ向こうの駅の甘栗屋へ寄り、その後スーパーで買い物をした。
今夜は、ザラ部長夫妻から賜った里芋で芋たきだ。
我が家の芋たきは、昆布で出汁をとり、鶏肉、里芋、蒟蒻、人参、きゃべつ、油揚げ、
そして白玉粉で作った団子を入れる。
私は材料を次々にカートへ入れ、レジへ向かった。
が、レジについて並んでいる時に、ふとあることに思い至った。
虎が、きっと嗅ぎ付けてやって来るだろう。
来るとしたら、恐らく芋付だ。

私はレジの列を離脱し、材料をもう一揃い集めてきた。
それから・・・・あった。亀の子だわし。これを2つ。
これでよし。

私は再びレジに向かい、会計を済ませ、家路を辿った。



91 :ラウ:04/11/11 07:49:11 ID:???
私が帰宅すると、門の前には既に虎と赤毛の青年が待ち構えていた。
赤毛の青年は案の定、見覚えのある字で「バルドフェルト」と書きなぐられた
ダンボール箱をその腕に抱えている。
「いよう!クルーゼ!遅ればせながら引越しおめでとう!コレは気持ちばかりだが
 僕からの引っ越し祝いだ。有意義に使ってくれたまえ!ほら、ダコスタ君!」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
無言の私に、赤毛の青年が申し訳なさそうに恐る恐るダンボールを差し出す。
「祝いだと?臆面もなくよくも言ったものだな!」
「うぅ・・っ。すみませ・・・」
「まあよかろう。貴様らの手元にあったのではこの芋たちも救われまいからな。
 では、入りたまえ」
私は門を開け、彼らを庭へ案内した。
そして、買い物袋から亀の子だわしを二つ取り出し、彼らに手渡した。
「コレは・・・たわしのようだが」
「たわし以外の何に見えるというのだね。さあ、そこに水道がある。きっちり芋を洗いたまえ!」
「な・・っ!」
「ふっ。貴様からのせっかくの『祝いの品』を、『有意義に使う』為なのだ。せいぜい協力して
 もらおう!ではな。」
「・・・・!!・・・・・」
私は、全て洗い終えたら声をかけるように赤毛の青年に指示を出した。
虎は、まだたわしと芋とを言葉もなく見比べている。
そんな虎を尻目に、私は家の中へ入った。

ふっ。ふふふふ。ふははははは。

働 か ざ る も の 、 食 う べ か ら ず だ !アンドリュー=バルトフェルド!!
 
(↑息子が再就職したのでようやくこの言葉を誰はばかることなく他人に向けることができるようになり、
 密かにうれしい人ラウ=ル=クルーゼ)


92 :91:04/11/11 07:53:11 ID:???
つづく・・・・・・にしてもいい?


なかなか仕上がらなくてスマソ。
ああ、ドラえもんの時間貯金箱が切実にほしい今日この頃・・・。

93 :通常の名無しさんの3倍:04/11/11 11:54:34 ID:???
芋たき…想像するだけでおいしそうです

職人さん、無理のないペースでやってください

94 :通常の名無しさんの3倍:04/11/11 12:26:02 ID:???
職人さん大漁乙です!
通常の3倍のスピードで読んじゃいましたw

95 :通常の名無しさんの3倍:04/11/11 15:10:05 ID:???
最高だぜチクショー!!
ダコスタ哀れすぎて泣けてくるw

96 :通常の名無しさんの3倍:04/11/11 19:38:13 ID:???
職人さん、乙です!

芋たき、食べたくなりました・・・

97 :通常の名無しさんの3倍:04/11/11 23:18:24 ID:???
>91
ココだけはゆっくり、まったり行きましょう!
楽しみにしてます!

ラウもムウもいいんだけど、アンディが絡むと
やっぱり盛り上がりが違うなあ〜。

98 :通常の名無しさんの3倍:04/11/11 23:19:49 ID:???
↑しまった…「91」ではなく「92」です…ガックリ。

99 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 00:57:08 ID:???
うち今リアルで里芋がダンボール一箱あるorz
のでいつも以上に楽しみにしてます…!

100 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 01:58:25 ID:???
職人さん、いつも乙です。
わがまま言ってもいいですか?
もし話の内容上無理がなかったらナタルも出して欲しいです。
私ナタル大好きなんで、このスレに出てくれたら嬉しいなって。
俺綿にも出てこないし、どうかお願いします!


101 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 10:44:40 ID:???
黙りなさい

102 :通常の名無しさんの3倍:04/11/12 11:12:35 ID:???
>>100
ナタルは常俺にいるよ。
出番多くはないけど。

そんだけ。

103 :通常の名無しさんの3倍:04/11/13 11:07:57 ID:???
ほす

104 :通常の名無しさんの3倍:04/11/13 16:20:10 ID:???
職人さん、乙です。

今月号ニュータイプの最後のほうにあった4コマのラウとムウがよかった。
見ててこのスレ思い出した。

105 :通常の名無しさんの3倍:04/11/13 20:45:46 ID:???
>>104
誰かうp!!

106 :通常の名無しさんの3倍:04/11/13 20:57:36 ID:???
買おうぜ・・・

107 :通常の名無しさんの3倍:04/11/13 22:01:56 ID:???
今さらながら醤油味の焼きうどん作って食ったよ

108 :通常の名無しさんの3倍:04/11/14 13:37:49 ID:???
保守

109 :通常の名無しさんの3倍:04/11/15 12:56:02 ID:???
hoshu

110 :通常の名無しさんの3倍:04/11/16 11:02:52 ID:???
職人さん降臨待機

111 :通常の名無しさんの3倍:04/11/16 20:44:27 ID:???
     / /          〃:::::::::/ '" "   `゙''‐ 、::::::l   !      !:::::::::l
      //       / ./:::::::/            `y′,/!   ト, ./:::::::::::|
.     l l!       /| !:::/               / /:/  /::}/:::::::::::::l
.     !||   |  l  !:::! .l-‐===、   ヽ   / ._∠ -:::::/,/:::::::::::::::::::::/
     {.゙、  || |   |::::ヽl:::,.-‐==、ヾ、  }w/{   /,.=≦彡_:::::::::::::::::::::::::::/
       ヽ |:ヽ|:.、 !::::::::::{!  (・) .,}:\)/:::::::゙'-="f' (・)   }!:::フ;;;;;;;;:::;イ
        \::::::::\\::t、_'ー--‐'",. -、/`´\ヾ.`''ー--‐'"-,:::::|》):::::::!
         !::::::::::::\ :\__゙'''''"´     l'ヽ  ` ̄ ̄   /:::::l彡:::::/  
         \:::::ミ|ヽ ̄ ̄          |::::`,      /:::::::l::::::/    32KB嫁がなきゃいけないんだよ!!
.           ,ィソヽ、__l!            |:::::::〉       !:::::::ト/:ヽ\
        ,. ‐'/     |',           }!/      l::::::/|::::::::::', ヽ.
    ,. '"´ /       l:ヽ       /,   __,     、   /::::/:::l:::::::::::l  ヽ\
        /      !:::\    巛二二二二二|}  /:/::::::l:::::::::::l  ヽ \
.       /        !::::::::\      ,,,,,,,,,,,,,_   ゙  //:::::::::l::::::::::::|   ヽ
      /         l:::::::::\ヽ   (::::::::::::::::::>  /;';/:::::::::::l::::::::::::!     丶
.     /          l:::::::::::::ヽ::\ `''''''''''''" /;';';/:::::::::::::l:::::::::::,' 
     /          l:::::::::::::::::\:丶、._,. -';';';';'/:::::::::::::::l::::::::::::
   /             !::::::::::::::::::::\:\;';';';';';';/::::::::::::::::::::ト,::::::::::


112 :ラウ:04/11/16 21:56:28 ID:???
久しぶりに休暇を取って、私はとある国へ旅行にきていた。
浅草、巣鴨など色々な所を訪れた。ふむ、この国は
平和でいい感じだな。

夕食はホテルの料理でもと思ったが、「こんびに」と
いうものに興味があったので早速行ってみることにした。

「ほう…窓側に雑誌類が置かれているのは立ち読み
する事で客を多く見せているのだな!」
こんびにか。我が家の近くにも一つくらい欲しいものだな。

それにしても立ち読み客が多かったな。確かその日は
ウェドネスディだったのだが、何か関係でもあったのだろうか?

113 :通常の名無しさんの3倍:04/11/16 22:00:25 ID:???
ラウはザ・テレビジョンの表紙見たかな?

114 :ラウ:04/11/16 22:15:04 ID:???
こんびにで適当な夕食とおやつに甘栗を買い、
私は店の外に出た。
その時、背後から「危な〜い!」とキーの高い叫び声が
聞こえてきた。振り向くと自転車に乗った男性が
今にも私にぶつかりそうではないか!
危険を感じた私は華麗なステップでひらりとよけた…

のだが勢いがつきすぎて近くの電柱に顔面強打してしまった。

フッ…少し遊びすぎたな。

115 :ラウ:04/11/16 22:41:44 ID:???
そういえばあの男性は?と振り返ってみると案の定
自転車ごと転倒していた。
三十代後半…いや四十代前半か?黒い髪の毛に瞳と
いう事はこの国の人間だろうか。
痛そうに腰をさすっていたが私と視線が合った瞬間
何かに驚いていた。目を擦ったり、首を傾げたりしている。
私の顔に何か異常でもあるのか?
ハッ!もしや鼻Bloodか!急いで鼻の辺りを触ってみるが、それらしきものはない。

何に驚いているのだ?まったく理由が分からん…

(理由が 仮 面 だという事に全く気付かない男=ラウ・ル・クルーゼ)

116 :112:04/11/16 22:51:01 ID:???
>113
すんません、まだ見れてないです。
パソコンもないので画像も見れず…明日には見れそうです。
ちなみにアニメキャラがレモンを持つのはこれで二回目らしい。

117 :ラウ:04/11/16 23:24:25 ID:???
男性は自転車を起こすと「ア、アイムソーリ!ワータシ、
エイゴシャベレマセーン」と奇妙な口調で喋ってきた。
どうやら私の事を他の国から来た人間だと思っているらしい。
まぁそれは本当だがな。
幸いこの国の言語は理解できるので会話はできる。

「日本語OKですから大丈夫です。それよりお怪我は
ありませんか?」と心配してみた。
「あっ、あの怪我は全然してないので平気ですから。」
「それにしてもまたコケちゃったよ〜。あ、僕前にも
自転車に乗ってて転んでいるんです。もう年かなぁ」

この男、本当に大丈夫か…
ピキーンは感じないのだがこの男には何か親近感がわく。

もしかして声か?声なのか?
確かに似てはいるが。

118 :ラウ:04/11/17 00:01:16 ID:???
「あっ、そうだ!」
男はそう言うと持っていた鞄から瓶を取り出した。
「これ、助けてもらったお礼です」
いや、助けた覚えなどはないのだが、まぁ貰える物は
貰っておこう。

瓶には赤い物体が二十ほど入っていた。ふむ、これは…
「実家で取れた梅干しです。こういうのは食べれます?」
「えぇ。もしかして頂いても宜しいのですか?」
「はい!少ししかなくて申し訳ないですけどご家族で
お召し上がりください。」男は私に瓶を預けると家族が待ってますので、と
言い残し自転車に乗って去っていった。

家族…か。フッ、ムウ達への土産も一つ増えた事だし、
明日にでも帰るとするか。

119 :ラウ:04/11/17 01:21:19 ID:???
「ただいま」
私は久しぶりに我が家のドアを開けた。
しかし人気はなく、代わりに異臭が漂っていた。
「この臭いはもしかして…!」
急いでキッチンへ行くとムウが真っ赤な顔をして伸びている。
「貴様…家中の酒を飲んだな」
「あ、ラウお帰り〜いない間によろしくやってたからよー」
周りを見渡してみると虎、ダコスタ君までいるではないか!
マリュー嬢やナタル嬢がいないのは…仕方ないな。
いたとしてもこんな状態では帰ってしまったでだろう。

120 :ラウ:04/11/17 01:24:20 ID:???
呆れていた私だが、ふとある事を思い出しムウを起こした。
「起きろムウ。素晴らしい土産を買ってきてやったぞ」
「え〜今眠くて何にも食べたくねーよ。あと二日酔いだし」
「フッ、そうか丁度いい。これを食べれば眠気など吹っ飛ぶぞ」
私はにやりと笑いムウに買ってきた煎餅を差し出した。

ムウは煎餅を食べた後予想通りのリアクションをしていた。
フフフ…目が覚めた見たいだなムウ!浅草で買った
激辛煎餅の味がそんなに美味しかったのだな!
虎と気の毒だがダコスタ君にも煎餅を味わってもらい、
二人にも起きてもらった。

「ラウてめぇ何食べさせるんだよ!」
「そうだぞ!やっていい事と悪い事があるのではないかな」
ダコスタ君は何も言わず目に涙を浮かべていた。
彼は少し可愛そうだったかも知れんな。

そんな三人の為に私はあの梅干しを使って梅粥を作って
やったら、口当たりがいいのか美味しそうに食べていた。
「この梅粥上手い!また作ってくれよ、ラウ」
家族か…いいものだな。

それだけだ。

121 :112:04/11/17 03:22:27 ID:???
こういうのってやっぱり難しい…
ダコスタ君は成人でよかったんだろうか

122 :通常の名無しさんの3倍:04/11/17 08:15:45 ID:QEIAXRjv
>>121
自分もいつも何故かダコスタ君だけイメージ的に20代の青年になってしまってます。
やっぱり彼、苦労人だからかなw

浅草観光の外人クルーゼ、ホホエマシイ!
職人さん、乙です!


123 :通常の名無しさんの3倍:04/11/17 22:43:28 ID:???
職人さん、乙カレーです。
笑い過ぎて腹筋六つに割れるとこでつた(笑

職人さん、ラウの中の人に詳しいんでつねw
今度機会がありましたら、警察に連行された事件のネタでも…って、ご存知ですかね…?

124 :112:04/11/17 23:41:25 ID:???
>123
ありがとうございます!一応中の人ファソなものでw
声優ネタ出来ないかなとやってみたんですが、かなり難しかった…

>警察に連行された事件

れ、連行!?
酒に酔ってどっかの誰かに喧嘩を売ったはいいが、
あっさり倒され近くの劇場で寝ている所をおまわりに
発見される事件なら知ってますが、それですかね?

お酒ネタは聞いていて楽しいけど中の人にはお酒は
飲みすぎ注意且つ(軽)犯罪にならない程度に飲んで
頂きたいものです。

スレ違いすんまそ

125 :通常の名無しさんの3倍:04/11/17 23:43:55 ID:???
91さんの続きまだー
気長に待つんでがんがってください

126 :ラウ:04/11/18 05:26:58 ID:???
>>84-91よりつづき
エプロンを着用し、早速芋たきの調理に取り掛かった私は暫し後、何かを感じて
調理の手を止めた。
・・・・この感じ、ムウだけではないな。彼も共に来たか。
間もなく玄関に人の気配がした。帰ってきたようだ。ムウの声が聞こえてくる。
「ほら、遠慮せずあがれよ。そ〜んな難しい顔しなさんな!大丈夫、取って食いやしないさ」
ふっ。あがりづらいのも無理からぬことだ。会話も交わしたことのない、しかも連邦軍の人間に
おそらくは強引に連れてこられたのだろうからな。
私も玄関に赴いた。
「これはようこ・・そ・・・・!!・・・・・・」
「・・・・!!・・・・・・」

・・・・むむう!この少年・・・・!!

「ああ、ラウ。こちらさんが、って・・・・?・・・・ラウ?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「な、なんだ?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「なあ、どうしたんだ?二人とも!」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・おい!!おまえらいつまで黙りこくって見つめ合ってるつもりだ!?」
・・・はッ!!私としたことが!
だがムウの声に我に返ったのは、私だけではなかったようだ。
少年はエプロンの下の私の軍服に今気付いたらしく、突然身を正して敬礼をした。
「ミネルバ所属、レイ=ザ=バレルです」

「ふっ。ここでは堅苦しい挨拶は抜きで願おう。ラウ=ル=クルーゼだ。
 気兼ねなく、というのはかえって難しかろうが、まあ上がってくれたまえ」


127 :ラウ:04/11/18 05:29:18 ID:???
「では・・失礼いたします」
少年がブーツを脱ぎ始めた。
「ふっ。よ〜うやく素直になったな」
からかうように声をかけるムウを少年が睨む。
ここへきて、私は初めて、帰ってきたムウの出で立ちに気付いた。
今まで少年に意識を集中してしまっていたため、ムウはまるっきり私の視界に
入っていなかったのだ。
「・・・・・・・・・・・・・・・」
「なんだ?」
「・・・・・・・・・・ぷっ!」
「くっ。笑うな!」
「ふっ。失礼した。あぁ、たしか・・・ネオ=ロアノーク大佐」
現物を初めて目の当たりにしたム・・いや、ネオの仮面ヘルメットはなかなかどうして面白おかしく、
加えて私以上の長髪・・・恐るべきインパクトだ。・・・クククッ。
しかも、この装束になると言葉遣いまで微妙に変化するらしい。
「・・・・・・・・・・ぷっ!」
「笑うなと言っているだろうっ!!」
「ふふふ。不調法ですまんね。だが、不慣れなのでしかたがない。・・・んん?」
見れば少年が、いぶかしげな顔をして我々のやり取りを聞いていた。
「ふっ。レイ君、だったな? こちらの居間でくつろいでいてくれたまえ。紅茶は好きかね?」
「あ、はい」
「それはよかった。では私のとっておきの茶葉を披露するとしよう」
私たちが居間へ向かおうとしていると、玄関のドアが勢いよく開き、虎と赤毛の青年が
姿を見せた。
「おーいクルーゼ!芋すべて洗いおわっ・・・・・!?おまえ、フラガ・・・か?」

「 お・初・に・お目にかかる!私 は ネ オ = ロ ア ノ ー ク だ ッ!!」


128 :ラウ:04/11/18 05:31:19 ID:???
「「・・・・・・・ぶっ!!」」

虎と赤毛の青年が同時に噴いた。
「貴様ら〜ッ!だから笑うなと・・・ッ!!」
「いやあ、失敬失敬!ではよろしくお見知りおき願うとしよう!アンドリュー=バルトフェルドだ!!」
「マ・・・マーチン=ダコスタです」
ム・・いやネオに合わせて自己紹介しながらも、二人は笑いを必死にかみ殺している様子だ。
「君の名は・・・何と言ったかな。えぇ〜と、ロア=ネオノーク?」
「違う!ネオ=ロアノークだ!」
「ああ、よし覚えた!レオ=ノラヲークだな」
「違いますよ隊長。ネオ=アロノークですよ!ね、フラ・・いやアロノークさん!」
「違う違うちっが〜〜〜うッッ!!ちゃんと聞け!!私の名は、ネロ=ノアローク!!・・・あれ?
 ネロ?ネノ?ネオ?・・ネオだッ!ネオ=ノアローク!!」

貴様も違うだろう!自分の名ぐらいきっちり覚えたらどうだ!ム・・いや、ネオ=ロノアーク!!

・・・・・・・んん!??


129 :ラウ:04/11/18 05:33:30 ID:???
とりあえず私は、更にいぶかしげな顔をしている少年を居間へ促がした。
「ふっ。あやつらは放っておいてかまわない。いつものことだ。さあ、来たまえ」
「いつもの・・・???」
「あ、おいクルーゼ!芋全部洗ってあるぞ!」
ああ、そうだったな。
「ご苦労だったな。では貴様らも来て一服していくがいい」

廊下を居間へと向かう私と少年の後ろを、ぞろぞろとム・・ネオ、虎、赤毛の青年がついてきた。
「・・・にしても、聞いたかダコスタ君。『私』だと。『私』だぞ?あのフラ・・ノロアークが!うぷぷッ」
「クスクス。笑っちゃ悪いですよ隊長」
「そういうキミも笑っているではないかね。うぷぷ」
「クスクス。シィー!フラ・・ロノアークさんに聞こえちゃいますよ隊長」

「 全 部 聞こえているんだがな!はっきりくっきりしっかりとッ!!」

ふっ。
名を間違われていながら訂正しないということは、ついに貴様自身どれが正しいのか
わからなくなったようだな、ム・・ネオ。


130 :ラウ:04/11/18 05:37:16 ID:???
少年に居間のソファーへかけてもらい、私は紅茶を入れるために台所へ戻った。
私自慢の茶葉、インド、キャッスルトン茶園のダージリン。
すがすかしい香りとさわやかな味わいのファーストフラッシュ(春の1番摘み新茶)もよいが、
この季節はやはり、しっかりとした香りとコクのある味わい深いセカンドフラッシュ(夏摘み茶)が
よかろう。
私は香り豊かな明るいオレンジ色の紅茶を皆に出した。
少年は礼儀正しく「いただきます」と言ってティーカップを手に取った。
他のやつらはといえば、談笑しながら既に啜っている。
まったく、いい大人が少しは彼を見習うがいい!
「あ・・おいしい!」
紅茶を一口飲んだ少年が呟いた。
「ほう。わかっていただけたかねこの味わいを!ならばこのストレート(何も入れない紅茶)の
 1煎目の後、2煎目はまた少し茶葉を足し、濃い目に出してミルクティーでいかがかな?」
「 ! ありがとうございます」
「では、用意してくるとしよう」
何を淹れてやっても反応薄くかぱかぱ飲むだけのやつらと違い、淹れ甲斐があるというものだ。
私は2煎目の紅茶を淹れつつ冷蔵庫からノンホモジナイズド牛乳(脂肪球を粉砕していない牛乳。
乳脂肪分が分離して上部に浮き、層を作る)を取り出し、上層部に浮いているクリーム部分を
ミルクピッチャーへ注ぎ、湯せんで少し温めた。

「好みの量のミルクを入れて召し上がってくれたまえ」
先ほどのものより濃いオレンジ色の紅茶に少年はミルクを注ぎ、軽くかき混ぜて口にした。
「・・・おいしいです。これも!」

「ふっ。そう言っていただけると私もうれしいよ、レイ君。ではここで、紅茶の味わいを解する君に
 語って聞かせてさしあげるとしよう!『紅茶のシャンパン』、ダージリンの何たるかを!!」


131 :ダコスタ:04/11/18 05:44:25 ID:???
今日は隊長のお供で、隊長がザラ部長からもらった里芋を持ってクルーゼ隊長の新居へ
お邪魔している。
今晩クルーゼ隊長が、同じくザラ部長からもらった芋で芋たきをするとの情報を
隊長が入手したからだ。
隊長と俺はクルーゼ隊長からたわしをそれぞれ手渡され、持って来た芋を洗った。
隊長はぶつぶつ文句を言っていたけど、押しかけてきてご相伴に預かろうというのだから
まあこのくらいはしなければと、俺は一生懸命洗った。

芋を全部洗い終え、クルーゼ隊長の所へ報告に行くと、変な格好をしたフラガさんがいた。
とうとうフラガさんまで仮面だ。それもクルーゼ隊長に輪をかけたキテレツさだ。
おまけにしゃべり方までなんか違う。あのフラガさんが「私」とか言ってる!
俺も隊長も、もう笑いをこらえるのに必死だった。
あ、フラガさんじゃなくて今はノアロークさんだった。新しい職場は大変そうだ。
それにしても、1件の家に仮面が2人、っていうか、一家の仮面率100%!?
しかも内一人は見るからに胡散臭い色彩のヘルメット付き・・・。
クルーゼ隊長のおかげで多少仮面慣れしている俺ではあるけれど
冷静に考えてみると、ココって、かなりヤバイ家なんじゃないだろうか。
とりあえず今は、うちの隊長がまた影響されて「ここは僕達も仮面をつけねばなるまいダコスタ君!」
とか言い出さないことをひたすら神に祈るばかりだ。



132 :ダコスタ:04/11/18 05:45:40 ID:???
クルーゼ隊長が淹れてくれた紅茶を飲みながらそんなことを考えていると、クルーゼ隊長は
フラ・・アロノークさんが連れてきていた赤服君に紅茶のウンチクを語りだした。
あぁ〜、気の毒に・・・と思ったのもつかの間、なんか赤服君は、目を輝かせてクルーゼ隊長の
ウンチクを聞いている。
そのうち、市販の紅茶はどうのこうのと話題が移り、フォーションがどうたらウィッタードがこうたら
フォトナム&メイスンのクイーンアンがまろやかだとかアールグレイはトワイニングが好きだとか
果てはマリアージュのフレバーティー各種に至るまで、驚くべきことに、クルーゼ隊長と赤服君の
二人は楽しそうに『 語 り 合 っ て 』いた!
この若さであのクルーゼ隊長のウンチクについていけるなんて・・・。
しかも楽しんで『 語 り 合 う 』なんて・・・!

・・・・・・・・・こ  の  赤  服  君  、  只   者   じ   ゃ   な   い  !  !

133 :ダコスタ:04/11/18 05:50:19 ID:???
俺が赤服君に一目置いていると、紅茶を啜りながらフラ・・ロノアークさんをからかっていた隊長も
紅茶の話で盛り上がっているクルーゼ隊長と赤服君に気付いたようだ。
「ふふん。紅茶もいいだろうが、コーヒーもいいものだよキミ!よかろう!この僕が
 今手づからコーヒーを入れ、ブレンドの何たるかを・・・」
「いや、虎。貴様にはコーヒーより先にやってもらわねばならんことがある」
「ん?なんだ?今度は何をさせる気だクルーゼ」
「そろそろ始めるとしよう。共に来たまえ。・・・では、ちょっと失礼する。寛いでいてくれたまえ」
クルーゼ隊長は赤服君に挨拶をして、俺たちを台所へ連行した。
「貴様らに貸してやる。大事に使用してくれたまえ」
「これは・・・包丁のようだが」
「包丁以外の何に見えるというのだね。庭へ出たまえ。里芋のむき方を教えてやる」

「「む、むき方・・・!?」」

庭に出た隊長と俺は、クルーゼ隊長に里芋のむき方を教わった。
「では、頑張りたまえ。これは私からの差し入れだ」
そう言ってクルーゼ隊長は一箱の絆創膏を山積みの芋の脇へ置き、台所へ戻っていった。

「はぁ〜。どうしましょう隊長」
「むくしかなかろうッ!芋たきである限りッッ!!」
隊長がすごい勢いで芋をむき出した。
「くっそ〜クルーゼェェ!!」
早いけど、むいた芋の皮が激しく分厚い。
隊長がむいた芋は、二周りほど小さくなっていた。
「はあ〜」
もう一度ため息をついた後俺もむき始めた。

全部むき終わるころ、俺は手が痒くなってきていた。
隊長の手は痒くはならないようだったけれど、絆創膏だらけになっていた。

134 :ダコスタ:04/11/18 05:52:46 ID:???
全ての里芋をむき終わって隊長と一息ついていると、クルーゼ隊長とフラ・・ノアロークさんが
やってきた。
クルーゼ隊長は下ごしらえしたらしい食材を、フラ・・アロノークさんはだし汁を張った
巨大鍋をそれぞれ抱えていた。
「芋はむけたかね?ほう、これはこれは。差し入れがお役に立てたようで何よりだ」
「うるさいッ!!」
「ふっ。ご苦労だったな。では火をおこしてたくとしよう」
「かまどはこの辺でいいか?ラウ」
「うむ、よかろう。その隣にもう一つ頼む、ム・・ネオ」
「OK」
「あ、俺も手伝いますよフラ・・ロノアークさん。それはそうと、赤服君はいいんですか?」
「ああ。今丁度アスランたちが来てくれたんでな。どうやら見知った仲らしいから
 場を頼んできた」
「それじゃあいいですね」
「あ、そういえばアスランも名を変えているそうだ。え〜、アレックスだったかな?でも
 もうどうでもいいようなことも言っていたがね。・・・あいつもいろいろ立場が複雑だからな」
そうか・・・。みんな大変そうだな。
俺たちはどうなるんだろう。
隊長はOPやEDに出てるけど、立ち位置が、気になるって言えば気になる。
面倒な役、やらされなきゃいいんだけど・・・。
「では、私は一旦台所に戻る。ここは任せたぞ、ム・・ネオ」
「了解!」
クルーゼ隊長は家へ向かって歩き出した。

ふと見たクルーゼ隊長の手は真っ赤になっていた。
かなり痒そうだった。


135 :ラウ:04/11/18 06:04:09 ID:???
台所へ戻った私は、鶏肉に軽く焦げ目をつけるべく、二つのフライパンを用いて焼いた。
このあたりは個人の好みの分かれるところであろうが、私は鶏肉の旨味が
出汁の中へ出きってしまうのが忍びなく、このような処理をする。
こうしておけば肉がぱさぱさの出がらしになってしまうことがないのだ。
・・・よし。このくらいでよかろう。
両手にフライパンを持って庭へ出ようとすると、電話のベルが鳴った。
私はフライパンをレンジへ戻し、電話に出た。
マリュー嬢だった。
我が家へ来る際、友人も誘いたいのだがよいだろうかという確認の電話であった。
全く問題ないと伝えた。
虎のおかげで芋たきは当初の予定の倍の量が出来上がる。
足りなくなることもないだろう。
聞けば、同伴されるご友人はナタル=バジルール嬢だと言う。
ほう。
彼女は、イベントスレ等で時折その姿を拝見することはあったが、直接お目にかかるのは
もしかしたら1杯目以来になるだろうか。
懐かしいことだ。

道中気をつけられるよう伝え、私は受話器をおいた。


136 :アスラン:04/11/18 06:06:43 ID:???
ミネルバを出て一旦宿にしているホテルへ戻った俺たちは、身支度を整え、
クルーゼ隊長宅へ向かった。
・・・なんか、すごいところに建っているんだな。隊長のご自宅は。
閑静な住宅街の街並みが突然開けて広大な平地が目前に広がる。
そのど真ん中にぽつんと鎮座する家屋が一軒。それがクルーゼ隊長のご自宅だった。
門は開いていたので中へ入り、玄間の呼び鈴を押した。
「お、来たな!あがってくれ!」
「「・・・・!!・・・・」」
出迎えてくれているこの人は、たぶん、フラガさん・・・なんだよな?
隊長じゃあない・・はずだ。仮面の部分は似てるけど、髪の色と声と話し方が違うようだ。
「ん?・・・ああ、私はネオ=ロアノークだ。でももしかしたらノアロークかもしれん。
 が、まあそういうことでよろしくな!」
「あ、俺は、アレックス=ディノと名乗っています。一応・・・」
「ああ、そんなことを言っていたな。デュオ・・か。どことなく懐かしいひびきの名だな」
「いや、デュオではなく、ディノです」
「で、お嬢ちゃんのほうは変わりなし、か?」
・・・・・聞いてない!!俺は確信した。この人は、やっぱりフラガさんだ。
「カ・ガ・リだッ!!おまえほどの変わり映えがなくって悪かったな!」
「ラウは今里芋と格闘中だ。料理が仕上がるまでこっちへ来て寛いでいてくれ」
カガリの話も全く聞いてない。
・・・ふふっ。
普遍のものなんてこの世にありはしないのだろう。
でも、この人にはできることならずっと変わらずにいてほしいと、ふと思った。
たとえ呼び名や姿かたちが変わっても、良いにつけ悪いにつけ、この人の安定感は
周囲の人間を落ち着かせてくれる。
「な〜ににやにやしてるんだ?はやくこいよ」
はっと顔を上げると、カガリはもう靴を脱ぎ、フラ・・ロアノークさんと廊下にいた。
「す、すみません、では、おじゃまします」
俺も急いで靴を脱いだ。


137 :アスラン:04/11/18 06:10:51 ID:???
フラ・・ロアノークさんに居間へ通された俺は、驚いた。
そこには、ザクファントムのパイロット、レイ=ザ=バレルがいた。
「君は・・・!!」
彼も俺たちを見て一瞬驚いた表情をその顔にひらめかせたが、すぐに立ち上がり敬礼した。
俺も敬礼を返した。
「ほ〜う。君たちは顔見知りか」
「あ、はい。ミネルバで・・・。や、やあ。今日は、一人で?」
俺が笑顔を作って尋ねると、彼は一言「はい」とだけ答えた。
まさに想像していた通りのリアクションだ。
そこへ、クルーゼ隊長が紅茶のポットとカップを持って部屋へ入ってきた。
「久しぶりだな、アス・・いや、アレックス君、カガリ嬢」
「お久しぶりです。隊長!」
「御無沙汰している」
「ラウ、この3人は知り合いだそうだ」
「そうか。それはよかった。それでは暫しム・・ネオをお借りするとしよう。
 庭へ鍋をしつらえる。貴様も手伝え、ム・・ネオ」
「了解!じゃあ、ちょっと行ってくる。3人ともゆっくりしていてくれ」
!!
知り合いと言っても・・・。
でも調理の準備にいそしむ隊長の邪魔になってはいけない・・・。
カガリがソファーにぽすんと腰掛けた。
「はは・・・。じゃあ、ゆっくり、しようか・・・あ、すまない、君も座ってくれ」
「はい。失礼します」
「・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・」

「「「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」」」


138 :アスラン:04/11/18 06:24:37 ID:???
沈黙の重い空気の中、俺はポットの紅茶をカガリと自分のカップに注いだ。
「君も、どうだ?」
「いえ、もういただきましたから」
「そうか・・・」
「・・・・・・・・・」「・・・・・・・・・」「・・・・・・・・・」
「「「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」」」

今はなによりこの状況回避が先だ。
どうする、俺!
対策を考案していた俺より先に、続く沈黙に耐えかねたカガリが口を開いた。
「さ、最近はだいぶ肌寒くなってきたよなあ」
「あ、ああ。そうだな、もう冬が来るな」
「そうですね」
「・・・・・・・・・」「・・・・・・・・・」「・・・・・・・・・」
「「「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」」」
・・・・・・・カガリは、撃沈した。

「あ、ああ、そういえば、君は今日何故ここに・・?」
「あのロアノークとか言う人に無理やり連れてこられて」
「あ、ああ、そう・・なんだ・・・」
「・・・・・・・・・」「・・・・・・・・・」「・・・・・・・・・」
「「「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」」」
・・・・・・・俺は、玉砕した。

「・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・」

「「「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」」」


139 :アスラン:04/11/18 06:26:28 ID:???
「ひとつ、お伺いしてもよろしいでしょうか」
!!
彼の方から話し掛けてくるなんて・・・!!
ああもうなんだって訊いてくれ!俺に答えられるものならば!!
俺は精一杯の笑顔を作った。
「なにかな?」
「あのロアノークという人は・・・」
ギクッ!
「ネオ=ロアノークなのですか?それともムネオ=ロアノークなのですか?」
「・・・・いや、俺も詳しくは知らないが、ネオ=ロアノークなんじゃないかな」
「そうですか。ありがとうございました」
「・・・・それだけ?」
「はい」

「・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・」

「「「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」」」

いや、いいんだ。俺はわかっている。彼は決して不機嫌なわけじゃない。
ただただ無口なだけなんだ。
この場の空気が重いと感じるのもきっと俺たちだけなんだ。
俺は、天を仰いだ。

・・・隊長!芋たきはまだですかっ!!(←半泣き)

140 :139:04/11/18 06:43:24 ID:???
こんなペースですが、また つづく ・・・でもいいですか orz
すまん、アスラン。持ち堪えてくれw

いつも乙とねぎらってくださる方々、暖かいレス下さる方々、
ありがとうございます。感謝しています。
ほんとうに、ありがとう。

>121氏
クルーゼの中の人ご本人のネタだったのですね!
疎くてスミマセン。
これからもがんばってください!楽しみにしています。

141 :通常の名無しさんの3倍:04/11/18 12:08:33 ID:???
禿藁!ラウの家がムネオハウスになってる!
職人さん乙です。続編マターリと待ってます!

142 :通常の名無しさんの3倍:04/11/18 12:32:38 ID:???
なんか俺もネオの本当の名がわからなくなってきたぞw

ところでとあるスレがこのスレと同じ経路をたどりつつあるのだが・・・・
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/shar/1098881777/

143 :通常の名無しさんの3倍:04/11/18 16:51:54 ID:???
muneowarota

144 :通常の名無しさんの3倍:04/11/18 20:07:14 ID:???
職人さんお二人ともありがとうございますー!
ナタルの名前が出てきただけでも嬉しい。
芋たきには来てくれるなんて!
ちょっと涙出た(実話)。
続き楽しみにしてますー。無理しないで下さいね。


145 :通常の名無しさんの3倍:04/11/18 20:44:18 ID:???
久しぶりに覗いたのですが禿ワラいましたw
おかげで元気でました
職人さん方乙です!

146 :通常の名無しさんの3倍:04/11/18 22:13:39 ID:???
新シャア板お取潰しらしい。
避難所ないよな?

良スレだから、なくなるの寂しいのだが…


147 :通常の名無しさんの3倍:04/11/18 22:19:14 ID:???
ログ取っとこう

ちなみにlive2chとかの専用ブラウザにはhtml化して保存できる機能がついてるよ〜

148 :通常の名無しさんの3倍:04/11/18 22:22:24 ID:???
>>146
まだそうとは決まっていないが、土曜に一時的に停止にはなる予定。
よかったら、総合俺綿スレの避難所を使えばいいかと。
避難所のテンプレにもここは紹介されているし。

149 :123:04/11/18 23:04:54 ID:IqRTkrxq
>>124
レス、dクスです!
自分も中の人の大ファソなんでつよv

酔っ払い事件…
そうです、まさにその事でつ!!(笑)
今年の舞台でネタにされてましたねw


おんや、微妙にスレ違い…。
失敬です…_| ̄|○

99 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)